会話を習得するためには、
ただひたすら外国人と話せばいいじゃん、
と思っている方は要注意ですよ。

 

 

世間ではよく、
「外国人とたくさん話せば英会話は上達する」
と言われていますが、

 

実はこの「外国人との会話」って、
ある程度スラスラと英語が話せる人でない限りは、
してもあまり意味がありません。

 

実際、外国人の友達を作れるくらいの英語力を
身に着けていない人がほとんどなのです。

 

 

そもそも何を話せばよいかも分からず、
英単語が1語も口から出てこない、という方は
この日本にはザラにいます。

 

そんな状態で英会話スクールに通おうとしても、
外国人との会話が成立しないので、
会話の練習そのものが不可能となります。

 

 

やる気を出してスクールに飛び込んでも、
いざ行ってみたら事務的でそっけない対応をされ、
テキストの音読をさせられるのがオチです。

 

石原さとみが出ているCMみたいに、
スクールでひたすら会話の練習ができる人って、
実は限られた人だけなんですよね。

 

 

それでもあなたは、
英語を喋れるようになりたいはずです。
その気持ちは僕もよーくわかります。

 

そんな方が英会話を身に着けたいと思ったら、
まず「英語の基礎が身についているかどうか」
自分でチェックしてみるとよいでしょう。

 

 英会話の基礎とは何を指すのか?

 

その基礎というのは、
例えば「英単語」や「英文法」が
中学レベルで身に付いていることだったり、

ある程度レベルの挨拶や自己紹介を、
英語で自分の口から発信できることを指します。

 

 

英会話スクールや、オンライン英会話でも
多くの人がつまずくのは、
この「英語での自己紹介」の部分になります。

 

そして「英語の自己紹介」ができない人に
多く共通しているのは、
英単語や英文法を理解していないことです。

 

 

「英会話」という能力を
一本の木に例えてみると、

英文法というのは木の幹や枝で、
英単語は木の葉っぱです。

 

そしてこれらの葉っぱが組み合わさり、
英会話のフレーズやセリフなどが
次々と作成されていきます。

 

ですので、英単語を知らない人にとっては、
そもそも英語を喋ることができず、
何を話せばいいかもわかりません。

 

同様に、英文法を知らない人は、
単語だけを大量に覚えたところで、
その使い方がよくわからないのです。

 

 

たとえば「これはいくらですか?」
と相手に質問をしたい場合でも、

“You do is a how much?”

みたいな、意味不明の英文を作ってしまい、
相手の外国人に変なカオをされます。

 

 

これってつまり、単語や文法の基礎が不十分で、
まだまだ実力が低いということなんですね。

 

 

「そんな英文作るわけないでしょ!」
「バカにしないでくれる?」
と思った方は要注意。

 

学校での英語のテストとは違い、
英会話にはスピードが必要なので、
つい焦ってしまう事実があるのです。

 

 

そうした焦りは文法のミスを生むので、
語順が適当になってしまったり、
時制や複数形を無視しがちになってしまいます。

 

一瞬で英文を組み立てて発言をするので、
しっかり英文法が腑に落ちていない人ほど、
こういう「ミス」が多発します。

 

 

例えば、小学3年生レベルの計算問題であっても、
それを10分で10問解くだけなら
誰でも満点を取れるかもしれませんが、

 

それと同じ分量を1分で解けと言われたら、
多少のミスが生じてもおかしくはありません。

 

 

たとえば、掛け算九九というのは
小学2年生レベルの算数ですが、
過去には誰でも覚えさせられたと思います。

 

それでも、そこらを歩く通行人が
テレビ局の人にいきなりクイズを出され、

「6×8は?」「7×9は?」「8×7は?」
「…はやく!答えて!」などと急かされたら、

 

 

「えっと…6×8=46です…あっ!」みたいな間違いを
犯す可能性もあるということですね。

 

 

こんな感じで、既に理解した内容であっても、
そこに「スピード」という要素が加わると、
途端にミスが増える可能性が上昇します。

 

 

これは英会話でも同じことで、
テストで出された英文法の問題は解けるけど、
会話になると英語を上手く話せないという方は、

「実はまだまだ英文法の基礎が足りていない」
と考えるようにしてください。

 

 基礎を身に着けると何が変わる?

 

先ほど伝えたように、
英会話の基礎というのはすなわち、
「英単語」と「英文法」を指します。

 

こういった英語の基礎力を
あらかじめ身に着けているかどうかで、
その後の英会話力の伸びは大幅に変わります。

 

 

たとえば英語で自己紹介をする時でも、
基礎的な単語と文法さえ理解していれば、
自力で正しい英文を組み立てられます。

 

正しい文法が何かが自力で分かるので、
わざわざ「この英文は正しいですか?」
他人に確認する必要がなくなるのです。

 

 

そんな感じで、自力で英文を作り、
自力で英文を添削していくと、

あなたが英会話の練習をする際の
手間も時間も減るし、
何より実力が伸びやすくなります。

 

 

したがって、あなたが英会話をする際に
必要となる最低限のレベルとは、

 

中学生レベル(基礎)の単語と文法を、
一通り理解していることだと言えます。

 

 

高校レベルの英語はいらないの?」と、
あなたは気になるかもしれません。

 

確かに、これも場合によっては必要ですが、
実は中学英語の方が圧倒的に重要です。

 

なぜなら高校レベルの英語というのは
中学英語を基礎としているうえに、

複雑な構文も多く、分かりづらい言い回しもあって、
日常ではあまり使わないからなんですね。

 

 

ちなみに日本の公立中学の三年生で習う
「関係代名詞」という文法は、
アメリカでは10歳くらいから使い始めるって、
ご存知でしたか?

 

 

現地の小学生レベルの英会話であれば、
中学英語でも十分に可能だということですね。

※ 日本人は、現地の幼児レベルですら、英会話ができない人がほとんどです。

 

 どうすれば基礎を身に着けられる?

 

あなたがこれから英会話に取り組む前に
必要なのは、基礎を身に着けることです。

 

ですが、もしもあなたが
これまで英語の勉強をしばらく放置し、
大学以降で一切手をつけていない場合、

 

英会話に必要なレベルの基礎が
思った以上に抜け落ちている可能性があります。

 

 

しかしあなたもご存じのとおり、
英会話では、そこまで複雑な文法知識は
必要とされていません。

 

それよりも、簡単なレベルの英文を
いつでもどこでも瞬時に出せるレベルで
使いこなせることが大切です。

 

 

おすすめなのは、英検3級レベルの文法問題
もう一度最初から復習し直してみることです。

 

 

長文読解も出来たら嬉しいですが、
こと英会話においては、
読解力はほとんど必要とされません。

 

英文法の理屈が一通り頭に入っていれば、
自力で英文を作ることができるので、
あとはひたすら練習をするだけです。

 

 

その練習の仕方はここには載せていません。
僕のメールマガジンでお伝えするので、
もしよかったら登録してみてくださいね。

 

 

メルマガはこちらです↓(※プレゼント付き)

英会話力超絶UP・限定メルマガ

 

それではまた!

Masapon