はいどうも、Masaponです。

 

今回のお話は、英語圏に留学していたことの
ある人に、割とあるあるな話ですが……

 

 

「アメリカに留学していました」

と、日本人相手に自己紹介をすると、

 

必ずと言ってよいほど

「えっ、じゃあ英語ペラペラなん??」

とか言われることがあります。

 

 

この日本国内には、
今まで一度も海外に出たことがない人が
実は結構な数で存在します。

 

それは海外に行くための資金がなかったり、
そもそも外国にあまり興味がなかったり、
という理由が多いです。

 

だからこそ、日本人で海外留学をした人間は
周囲の人から何かと色眼鏡で見られやすく、

「外国で暮らしてたなら、英語ペラペラでしょ」
というイメージがつきまといます。

 

 

しかし、そんな世間の期待とは裏腹に、
すべての留学経験者、および帰国子女が
英語をペラペラに話せるわけではありません。

 

一概に「留学」とはいっても、
短期か長期かによってもかなり違うし、

 

単なる語学留学なのか、
それとも現地の大学を卒業したのかによっても
習得できる英語力は、大きく変わってきます。

 

ですので、今回の記事では
そんな「留学経験者」達の実態や本音を
明らかにしていこうと思います。

 

 

 帰国子女につきまとう「圧力」

 

世間一般ではなぜか、
「海外に飛べば英語は自然と身に着く」
という誤解が生じています。

 

たとえ英語力ゼロだったとしても、
とりあえず思い切って英語圏に行けば、

そこで現地の人々と交流するので
英語が嫌でも上達する、という誤解です。

 

はい、誤解です。

 

なぜなら、実際に海外に飛び立っても
まともな英会話を身に着けられずに帰国する
日本人というのは、割といるからです。

 

それでも、世間一般の人々は
そんな「英語を話せない帰国子女」に対して
容赦なく高い期待をかけてきます。

 

「ねえ、なんか英語話してみてよ!」
と、無茶ぶりをしかけてくるとか、

 

「この人、英語ペラペラらしいよ!!」
と、周囲に吹聴して回るとか、

 

留学経験者からすれば、
「ちょ、そういうのマジでやめて、、」
と言いたくなるようなイジられ方をされます。

 

ちなみに僕の場合は、
運良く留学中に英会話を習得しましたが、

 

中には現地で過ごしていても
ろくに周囲とコミュニケーションがとれず、

英語を話せないまま帰国する、という
悲惨な運命を辿る留学経験者もいます。

 

過去の記事(細マッチョについて)
でも登場した「ガールズちゃんねる」にも

「帰国子女にありがちなこと」
というトピックが掲載されていました。

 

↑まあこんな感じで、
英語圏に留学したわけではなくとも、

なぜか「帰国子女 = 英語のエキスパート」
という印象(=圧力)は
ついてまわるんですね~。

 

 

まあ海外を経験した分だけ、
現地の事情や言葉には詳しくなったり、

英語でもそこそこコミュニケーションをとれる
ようにはなったりする人は多いですが、

 

だからといって
「この人、英語ペラペラらしいぜ!?」

などと言われてしまったら、
もはや引っ込みがつかなくなってしまいます。

 

実際、初歩的な英会話はそこそこできるけれど、
「英語ペラペラかどうか」と言われたら
実際そうでもないという人はかなり多いです。

 

しかし、世間には相変わらず
「帰国子女=英語を極めし者」という
方程式がまかり通っているので、

 

実際、そこまで語学力に自信のない
帰国子女にとっては、
かなりの重圧がのしかかるというわけです…。

 

 

 留学を経験した人の「実態」

 

海外留学したからと言って、
英語は必ずしも話せるようにはなりません。

 

海外留学(英語圏)で得られるものは、
「英語を話さなければならない」
というプレッシャーです。

 

現地に着いたら自分が外国人になるので、
何としてでも英語を話さなければ
生活すらまともにできないということになり、

 

現地の友達を増やさなければ、
問答無用で自分が周囲から孤立してしまうので、
必死に英語を学び、話そうとするのです。

 

ですから、

事前に英会話をきちんと習得した人は
海外留学をしても、簡単に友達が増えて
日常生活でも全く困りませんが、

 

事前に全く英語を学ばないまま、
やる気と勢いだけで海外に飛んでしまった人は、

その多くが、
悲惨な運命を辿ることになります。

 

後者のタイプであっても、
留学中に適切なトレーニングに出会えば
英会話を身に着けて帰国することはできますが

 

留学中に、ただクラスの授業を受けて、
日本人の友人としかつるまず、
観光旅行をして帰るだけ、の学生は

 

「英語を話せない帰国子女」という
なんとも悲しい肩書を得るんですね。

 

自分の履歴書には
「20XX年~20XX年 ●●大学 交換留学」
と、留学した事実を書くこともできますが、

 

それでも初対面の相手に、
「●●さん、英語ペラペラなん?スゲー!」
などと言われてしまうので、

いまいち素直に喜ぶことが
できなかったりします。

 

「英語ペラペラ」という高い期待値を
持たれてしまった人にとって
最も恐怖を感じる最悪のシチュエーションが、

 

「あれ?留学したのに英語話せてないやん?」
「日本で英会話やってた友達の方が上手いわ~」

と、幻滅されることです。

 

そんな恥ずかしい状況を避けるために、

元々半年間だった留学の予定を、
わざわざ一年間に増やしたりする人も
留学生の中にはけっこういます。

 

そんなこんなで海外生活がずるずると長引き、
結果的に、数年間を海外で過ごしているのに
一向に英語を話せないという人が出来上がります。

 

僕は語学を短期集中で仕上げたタイプなので
「留学したのに英語を話せない」という
最悪の状況はなんとか免れることができましたが、

 

実際、世間が自分に抱く期待に
自分の本当の実力が釣り合っていないと、

その人は、常に嘘やハッタリを用いて
自分を取り繕わねばならなくなります。

 

 

 「英語を話せる」ってどういうこと?

 

実際、ちょっと海外に留学した程度で
「いきなり英語がペラペラになる」
なんてことはあり得ません。

 

そもそも「英語ペラペラ状態」というのは、
何をもってペラペラというのか
かなりあいまいとされています。

 

発音が人よりうまいだけで
「英語ペラペラやん!!」
やたらに持ち上げる人もいるし、

 

既にビジネス英語で相手と交渉ができるのに
「英語ペラペラになりてーなー」などと
自分を卑下し、さらなる高みを目指す人もいます。

 

僕の定義としては、
外国人と30分以上の雑談ができれば
その状態を「ペラペラ」と言っても
良いのではないかと思うのですが…

 

実際、英会話を学んでいる人にとっては、
なかなか自分のことを
「あっし、英語ペラペラですぜ」
とは言いづらいものですよね。

 

どちらかと言えば、上級者になるほど
「もっと英語を話せるようにならなきゃ」
というプレッシャーを感じる傾向があります。

 

外国人との簡単な雑談ではなく、
英語でスピーチやプレゼンをしたり、
ネイティブレベルの英語力を手に入れることを
己の基準としてしまうからです。

 

実際、英会話を極めるうえで
限界というものはありません。

 

同時通訳レベルにでもならない限りは
自身が納得する「英語ペラペラ状態」には
至らないはずです。

 

だからこそ、あなたが英会話を習得するなら
「目的意識」を最初に持つ必要が出てきます。

 

この「どのレベルを目標とするか」
最初に設定しない限り、あなたは永遠に
自分の英会話能力に満足することがありません。

 

・海外に移住して現地人と楽しく暮らす
・大手メーカーの海外出張を任される
・高校の英語の先生として活躍する

などなど、
目標はいくらでも自由に設定できるし、
大きな夢を追ってもよいのです。

 

実際、英語を話せないまま
帰国する留学生に欠けているものは、
こうした「目標設定」なのかもしれません。

 

最初に
「英語をどのレベルまで話せるようにする」
「外国人の親友を男子〇人、女子〇人作る」

という目的意識を掲げていれば、
かなりの確率で、その目的は達成されます。

 

しかし、そうした目的意識がないまま
ただなんとなく周囲に流されていると、

 

いつの間にか日本人とばかりつるみ、
現地でも英語をほとんど使わず、
特にこれといった成長もしないまま

 

気付いたらすべてが終わっていた

 

なーんてことになってしまうんですね。

 

だからこそ、
あなたが英会話を本気で極めたいと思ったら、
必ず「目標設定」は事前にしなければなりません。

 

そして、その目標があってはじめて、
留学をするのか、スクールに通うのか、
それとも独学で身に着けるのか、という

「手段」を選ぶことができるのです。

 

僕の場合は、
・将来は海外に行きたいけど、英語力が不安
・留学はお金がかかるから独学で英語を習得したい

といった人を、主にサポートしており
その方々に向けて、英会話や海外に関する
お役立ち情報を発信しています。

 

もしもあなたがこれをきっかけに
「よっしゃ、ワイも本格的に英会話やったろ!」
と思ってくれたのであれば、

 

こちらから即役立つフレーズ集を
まずはゲットしてみてください↓

超お役立ちフレーズ集(メルマガ講座付き)

 

僕の経験談や考え方を
ぎゅっと詰め込んだメルマガも
もれなくついてくるので、

 

集中して英会話を身に着けたい方には
ピッタリだと思いますよ(^v^)

 

それではまた。

 

Masapon