こんにちは(^o^)
英会話の伝道師・Masaponです。

 

あなたはこれまで、
「英熟語」を集中して
覚えようとした経験はありますか?

 

もしもそうであれば、
今回のタイトル「英熟語は覚えづらい」に、
強く共感して頂けるはずです。

 

実際、英単語とは違って、
英熟語って、かなり覚えづらいんですよね(^-^;

 

なので、今回はそんなあなたに
「英熟語を覚えるコツ」というものを
こっそり伝授していこうと思います。

 

 なぜ英熟語は覚えづらいのか?

 

英熟語を暗記する、といっても
覚えやすい英熟語と、
覚えづらい英熟語があると思いませんか?

 

かつての僕の場合は、
東進ハイスクールという有名予備校の
特殊なパソコンを使っていたので、

 

簡単な英熟語はそこで1,000個くらい
半ば強引に覚えられていたのですが、

 

ある時「1,000個じゃ足りないな…」と思い
駿台の「システム英熟語」という本を買って、
それをひたすら読みこなしてみたのです。

 

すると困ったことに、
英単語と違って、英熟語って
全然覚えられないことに気付くわけです。

 

 

僕の肌感覚で、英熟語というのは、
英単語の2倍ほど覚えるのに時間がかかり、
しかも2倍早く忘れてしまいます。

 

電車の中で、毎日熟語帳を読んでいたのに、
ぜんぜんページが先に進まないし、
3日くらいすれば全部忘れてしまう…。

 

やってもやっても覚えられないので、
一時期、自分の頭がおかしいんじゃないかと
思ったこともあります。

 

英単語は割とすぐに覚えられるのですが、
英熟語の暗記というのは、
僕にとって、ものすごく苦手な分野でした。

 

◇ take part in~ =「~に参加する」
◇ be able to~ =「~できる」
◇ talk about~ =「~について話し合う」

などといった基礎熟語は、
高校生の頃の時点で何度も出てくるので
すぐに覚えられるとしても、

 

◆ bump into~ =「~にばったり出会う」
◆ flip through~ =「~をざっと見る」
◆ comply with~ =「~に従う」

など、これまで見慣れていない熟語は
いまいち覚えづらい、という
謎の現象に出くわすんですよね。

 

さらにさらに、英熟語の場合は
☆ take after~ =「~に似ている」
☆ take on~ =「~を引き受ける」
☆ take over~ =「~を引き継ぐ」

と、”take” ひとつとっても
前置詞によって意味がすべて異なるため、
覚えづらさが加速します。

 

★ take in~
= ① ~をだます
= ② ~を見に行く
= ③ ~理解する

★ turn over~
= ① ~を熟考する
= ② ~をひっくり返す
= ③ ~を譲る

などと「複数の意味」があったりするので、
普通に覚えようと思っても、
困難を極めることになるわけです。

 

“take in” と “take on” の違いなんて、
たった一文字しか変わらないじゃないですか。

 

なのに、”take in” が多義語で、
“take on” が「引き受ける」だなんて、

もはや理屈で考えてもさっぱりわからんので、
仕方なく何度も復習するしかないんですよね。

 

何度も何度も復習しても
1か月もすればまた忘れてしまうので、

結局、熟語帳を最初からやり直すハメになり、
無駄な時間を費やした気分になる…

 

かつての僕はすべてが嫌になって、
一回熟語帳をゴミ箱に捨ててしまい、
後日、同じものを買い直した経験もあります(笑)

 

そんなわけで、英熟語というのは
「英単語に比べて、圧倒的に覚えづらい」
という特徴を有しているわけですね。

 

 英単語の暗記術を総動員する

 

そんな感じで、覚える際には
困難を極めるのが英熟語なので、

ただ覚えようとしていても、
途中でイヤになってくるのは
目に見えています…。

 

だ か ら こ そ

 

英熟語を暗記する際には、
英単語暗記のコツを総動員して
「全力で」覚えることが必要となるのです。

 

特に、先ほど紹介した
“take over” と “take on” と “take after”
の細かな違いを見分ける際や、

 

“turn over~” や “take in~”
などの多義語を暗記する際には、
暗記に様々な工夫が必要となります。

 

なので、思い切って
僕がこれまでブログで紹介してきた
語彙力強化術をすべて載せておきますね。

 

参考記事:
英会話専用の単語の覚え方
英単語を覚えてもすぐに忘れる貴方へ
おすすめの英単語帳とは?
世界一つまらない単語の覚え方とは…
記憶を長期間、維持させる方法
〇〇 × 〇〇 = 最強の暗記術
英会話学習に必要な辞書
語彙力強化 ~ マインド編 ~
☆ ドラえもんの英単語暗記術

↑これらの記事をすべて読むだけでも、
予備校で数万円を支払って講座を受ける
レベルの価値はあると思います。

 

すべての記事を読んでしまえば、
あなたの英熟語の暗記効率は、
少なくとも2倍以上に膨れ上がることになります。

 

たとえばこれまでのあなたが
1週間で100個の英熟語を覚えていた場合、

上記の記事内容を頭に落とし込めば、
1週間で200個の熟語を覚えられるということ。

 

世界一つまらない単語の覚え方とは…?
↑たとえばこちらの記事には、
「覚えてもすぐ忘れると暗記が嫌になる」
という内容が書かれていますが、

 

その対策として必要となるのが、
このような記事↓なんですね。
楽して記憶を長期間、維持させる方法

 

この内容を踏まえるだけでも、
忘れにくい記憶を作り上げることができるし、
熟語の暗記自体が面白くなってきます。

 

なので、ここで心機一転、
「熟語を楽しくきっちり覚えてみるか!」
と、やる気になっている方は、

上記の記事を上から下まで
すべてお読みになるのがいいと思います。

 

全部で30分もあれば読めるので、
暇なときにスマホやPCで読んでみましょう。

 

すべてを理解した後の暗記力には、
雲泥の差が生じているはずですが…

 

実際に、やるかやらないかは、
あなたにお任せします。

 

 

「例文で覚える」は、やはり強い

 

〇〇 × 〇〇 = 最強の暗記術

↑こちらの記事に書かれているのは、
「既に知っている英単語」と
「これから覚える英単語」を組み合わせて
暗記を楽にするやり方です。

 

ただ、熟語の場合はそう簡単に
知っている熟語なんて思いつかないでしょうから、
別のやり方を僕は推奨しています。

 

それが「例文で覚える英熟語」というものです。

 

実際に、どんな場面で
どんなセリフを通じて、
その英熟語が使われているのか?

 

会話で英熟語を使おうとしても、
相手に本当に意味が伝わるかどうか不安で、
困った顔をされないだろうか?

 

英熟語は英単語とは異なり、
文脈次第で大きく意味が変わってしまうので、

実際にどんな場面で使えばいいのか
迷ってしまうんですよね。

 

たとえば、”take after~” の場合は
「~に似ている」という意味ですが、

 

これを例文で覚えると、

“She takes after her mother.”
(彼女は自分の母親に似ている)

など、即効性のある形で
そのまま使える熟語力が手に入ります。

 

また、”come across” は
「~に偶然出くわす」という
意味の基礎的な熟語ですが、

 

これも例文で覚えてみると、
“I came across him on the street yesterday.”
(僕は昨日、道で彼に偶然会った)

と、そのまま使える形で
生きた熟語力が手に入ります。

 

こうして例文の形で覚えることにより、

「take after~ は、 似ている…」
「come across~ は、 偶然会う…」

と、呪文のように繰り返して覚えるよりも
暗記効率が良く、忘れにくく、
使いやすい英熟語力が手に入ります。

 

どうせ覚えるならば、
日常生活で使えない無駄知識を増やすよりも、

実際の会話でも使える表現を増やした方が
英語学習は楽しくなりますよね。

 

なので、英熟語を暗記する際は、
やはり「例文で」覚えてみることを
Masaponは推奨しています。

 

もしも高校で習うような基礎的な英熟語を
一通り例文で復習してみたくなったら、
Masaponに一声かけてみてください。

 

もしも希望者の声が多くなったら
専用の英熟語帳(音声付き)を作成して、
あなたにメール等でお渡しします。

 

正直、スピードラーニングを1年続けるより、
それを1か月続けたほうが、
よっぽど英会話力は高まるはずです (笑)

 

無料でこんな大サービスをする英会話講師なんて
僕を除いて他にはいませんよ(笑)

 

 

賢明なあなたであれば、
このオーダーメイド式英熟語帳の価値が
どんなものか、よくわかるはずです。

 

もちろん、これを受け取るも受け取らないも
すべてはあなたの自由ですので、
僕は決して強制はしません。

 

ただ、どうせ英熟語帳を作るからには、
それを受け取る方には、
できるだけ頑張って欲しいとも思います。

 

受け取るだけ受け取って、
何もやらずに放置される、なんていうのは
やっぱり作成者側としては悲しいので…

 

なので、この「特別な英熟語帳」も、
向上心のある方だけにお渡ししますので、

上からな言い方で恐縮ですが、
まずは
あなたのやる気を僕に見せて下さい。

 

「やる気」のアピール方法は、とっても簡単。

下記の英会話フレーズ集を受け取り、
そこから届いたメールに返信する形で
「英熟語帳も欲しい!」と送信するだけです。

>> 必須フレーズ集・厳選100 <<

 

※ すでにフレーズ集を受け取った方は、
  僕の連絡先を知っているはずなので、
  そのまま僕に言ってくれればOKです!

 

 

それでは、本日はこのへんにしておきましょう。

今後とも、よろしくお願いします。

 

Masapon