どうもこんにちは。

Masaponです。

 

さて、今回は
男子大学生(という設定)のあなたが抱く
欲望劣等感を、ド直球で刺激したいと思います。

 

というのも、日本人の男子って
基本ドすけべのくせに、

 

外国人の女子を目の前にすると
急にしおらしくなってしまう傾向があるからです。

 

でも、気付いてください。

そんな健全な日本人男子を、
「初々しくてカワイイ」
なんて思ってくれる金髪美女は、いないのです。

 

今、重要なことを述べました。

 

よろしいですか?

 

モジモジしながら、小さい声で、
片言の英語を喋っている
日本人の男子大学生を、

「カワイイ♥」などと思うような
都合の良い外国人女性なんて、

どこにもいやしないんです。

 

そんなキャラは、

アニメかマンガの世界の中だけです。

 

もしも、ブロンド美女に
あなたが何の努力もせず
無条件に好かれる理由があると思うならば、

 

それはただの思い込みです。早く現実を見てください。

 

※ 今回のMasaponは、超上から目線です。

 

 

雑誌に出るようなモデル体型で
ブロンドの髪を下げてNYの街中を歩く
外国人の美女が好むのは、

 

高校生の頃からアメフト部に所属し、
キャプテンを務めるほどの筋肉質な肉体美を備え、
誰もが認めるほど「イケメン」かつ「背の高い」

 

白人男性 なのです。

 

 

…普通に考えて、ですよ?
背が小さくて短足でナヨっちくて、

決断力のない黄色人種の男子なんて、

 

180cm超えのモデル美女が当然のように
街中を歩いているアメリカ人女子が

相手にするわけがないのです。

 

何の罰ゲームですか、って話ですよ。

向こうからしてみればね。

 

 

………と、

非常に偉そうな語り口で

日本人男子をディスりまくってしまいました…

 

正直結構ムカついたかも知れません。

「何だこいつ!?」

と思われた方もいるかも知れません。

 

 

でも、

現代の日本人男子があまりカッコ良くない、というのは

あながち、
そこまで間違っていないと思うんです。

 

確かに日本人女性の中には、

何でも「外国人様〜!」と持ち上げ、
ナンパ目的で日本を訪れた白人男たちに
食い物にされる日本人女性も、ごく一部います。

 

しかし、そういう人たちについては
僕は一切、何も言うつもりはありません。

 

 

僕が問題視したいのは、
現代の「日本人男子」のあり方についてなのです。

 

僕の経験上、
金髪の外国人男子が日本人女子にモテる、という状況は

たくさん見てきました。

 

しかし逆に、
日本人男子が金髪美女にモテモテ

という状況は、実はあまり見たことがないのです。

 

なぜ、日本人男子は
金髪美女に、あまりモテないのでしょうか?

 

・チビだから
・ガタイが貧相だから
・ナヨっちいから

などといった理由が
パッと思いつくかもしれません。

 

ですが、そんなことは、あまり関係ないのです。

 

世の中には、確かに
人種差別的な白人もいますね。

 

黄色人種や黒人を見た途端に
劣等種族だと決めつけ、
全く人間扱いしようとしない白人も、

 

中にはいます。

 

僕自身が海外に行ったときには、
とあるデブの白人警備員から、

あからさまな差別待遇を
受けたことがあるのでよくわかります。

 

でも、そういう悪質な人たちは
単に時代遅れの価値観を引きずっている
「かわいそうな人」に過ぎないため、

 

あなたはそんな人種差別的な扱いを
真に受ける必要はないのです。

 

 

ですが仮に、
もしもそういった差別的な要素を
完全に取っ払うとしたら、どうでしょうか。

 

日本人男子は、本当に外国人男性よりも

優れている部分があると言えるでしょうか?

 

 

もしかすると、
日本人であることに誇りを感じているあなたは

このように反論するかもしれません。

 

「日本人は真面目で、マナーの良い人種なんだよ!」

「きちんと列に並べるんだぜ、すごいじゃないか!」

「日本人は期限を確実に守るし、頭が良いんだよ!」

 

僕も以前は、このような考えを抱いていましたが、

 

最近こうした意見を見ると、
「……はて?」
と思ってしまいます。

 

なぜなら、
日本には不真面目な人もたくさんいるし、
マナーの悪い人も大勢いるからです。

 

街中には平気で歩きタバコやポイ捨てをする
オッサンが未だにいるし、

 

集団の飲み会を公園で行い、
ゴミをそのまま放置していく
サラリーマンもいます。

 

最低限のエチケットだと言われているにも関らず

くっさい口臭を電車内で撒き散らす人もいれば、

 

大学の講義中に平気でおしゃべりをして
真面目に受講する人に迷惑をかける
エセリア充集団もたくさんいます。

 

また、日本人の特徴として
電車の列には確かに並べますが、

 

通勤ラッシュで電車が停車した途端に、
「我先に!」と前方の人が思い切り押されて
暴力沙汰一歩手前になるシチュエーションを

僕は何度も、経験しています。

 

果たして日本人は
本当に、「マナーが良い」と

言えるでしょうか?

 

また、大学生の中には
「単位さえ取れればいい」と考え、
講義に出席せず、過去問を友達から借りることで

 

表面的にテスト対策をするだけで
勉強した気になっている人が大勢います。

 

大学に入るまでの受験勉強は
システム化された義務のため
頑張って取り組みますが、

 

いったん大学に入ると
学業を完全放棄し、

ひたすらバイトと遊びに走る人が多いです。

 

中にはそれまでの勉強の反動で、
サークル内で強姦事件に発展したり、

 

加減を知らず酒の一気飲みを強要して
死亡事件に発展したりする事例もあります。

 

果たして日本人は
本当に「真面目だ」と
言えるのでしょうか?

 

「日本人は凄い人種なんだぜ!!」

と、声を大にして主張している方…。

 

……本当にそうなんでしょうか?

 

 

時間に正確な電車のダイヤグラムを作り、
それを運行する優れた仕組みを作ったのは

一体誰でしょうか?

 

欧米に追いつき追い越すことを目標に、
世界一の経済発展を成し遂げたのは

一体誰でしょうか?

 

世界中に人気の高いアニメやマンガを
作り上げ、描き上げ、発展させたのは

一体誰でしょうか?

 

医療や化学、小説の分野で
最高の価値を誇るノーベル賞を取ったのは

一体誰でしょうか?

 

…少なくとも、

「僕たち」ではないはずです。

 

過去の日本人の中に凄い人がいた

というだけの話なのです。

 

もちろん彼らは尊敬に値する人たちで、
積極的に見習うべき存在だ、というのなら分かります。

 

しかし、
日本の平均的な大学生というのは、

 

基本的には世の中を何も知らないのに
社会を知ったような気になっている
「子ども」の集まりなのだと僕は思います。

 

 

だからこそ、僕たちはもっともっと謙虚になるべきで、
もっと広く深い勉強を、真面目に取り組む必要があると思います。

 

今、この記事を読んでいるあなたは、
きっと、何かを毎日頑張っていることでしょう。

それはバイトかもしれないし、
人付き合いかもしれません。

もしかするとゲームで高得点を取ることだったり、
コミュニティの運営などをしているのかもしれません。

 

その対象に、情熱とプライドを持つのは
非常に良いことだと思います。

 

しかし、それと同時に

 

「自分はまだまだだ!」という
謙虚さや向上心を持つことが
重要なのではないでしょうか?

 

そしてそれこそが、
日本人の本当に良い部分ではないでしょうか。

 

謙虚さや向上心を持っていれば、
自然と勤勉にもなるし、
マナーを守ろうという意識も持てます。

 

公共の場でタバコをポイ捨てしたり、
他人の足を踏んで平然としているような人には
決してならないはずです。

 

 

僕は1人でも多く、
マナーの悪い日本人や怠惰な日本人の意識を
変えていきたいと思っているし、

 

本来の勤勉で誠実、かつ魅力的な日本人を増やし、
栄光の日本を取り戻したいとすら、考えているのです。

 

外国人にモテるのは、
他力本願で依存心の強い

ナヨナヨ日本人じゃありません。

 

勤勉で、謙虚であるにも関わらず、

内側には誇り高く、確かな実力を備えた

「強い日本人」こそが魅力的に思われるのです。

 

 

↑彼をご覧ください。

 

決してイケメンではない(失礼!)
ように思えますが、
それでも綺麗な外国人を彼女にしているのです。

 

きっと、見た目は関係ないと思えるほどの
大きな魅力が、彼には備わっているのでしょう。

外見や肩書きは二の次で、
言葉が通じないからこそ、
見えない部分に焦点が当てられます。

 

 

ごまかしの効かない、

「本物」だけが求められている、というわけです。

 

 

…さて、これを読んだ日本人の男子大学生。

あなたは今後、
どのようにして、金髪美女にモテたいですか?

 

部屋でAVを見ながら
ただ自慰行為にふけっているだけでは、

一向に、その道は開かれないはずです。

 

画面の中で美女とXXXしているのは
あなたではありません。


男優という名の「他人」なのです。

 

あなたが「金髪美女とヤリたい!」と
欲望を抱くのであれば、

今よりももっともっとレベルアップをして、

 

オスの魅力を、全開に解き放つことが必須です。

 

そのためには、もっと勉強して、知識を蓄えて下さい。

もっと運動をして、身体と精神を鍛えて下さい。

 

アメリカ人は肥満体系の人も多いですが、
多くの学生が、スポーツジムに通っています。


そして多くの学生は日本人のように
学業をサボらず、真面目に取り組んでいます。

 

日本人も、負けてはいられないですよね。

少なくとも僕はそう思い続けて、
これまで全力で、努力を重ねてきました。

 

これは嫌味でも自慢でもありません。

上から目線にイラッときたかもしれませんが、
僕の場合、実際のところは
単なるザコに過ぎませんからね。

 

しかし、自分がまだまだ至らないことを
よく理解しているからこそ、
必死で前を向き、努力を続けるのです。

 

 

 

 

さて、今回の記事を読んで、
あなたは「学業の必要性」を
改めて実感するに至ったのではないでしょうか。

 

英会話というのは、中途半端な気持ちで
できる訳ではありません。

 

ナメてかかったら痛い目をみます。

 

しかしいったん本気を出せば
必ず習得できるスキルでもあります。

 

そしてそれは、
金髪美女を口説き落とすのに
必須のスキルなのです。

 

もちろん全力で極めて
英語を帰国子女レベルになれば、

日本人からも、魅力を感じてもらえます。

 

あなたに備わった「本物の自信」を、
周囲は敏感に見抜くのです。

 

 

もしもあなたが
「英語の勉強」に抵抗があるのなら、


最初のうちは、参考書代わりに
「海外のAV・エロ情報などを見て、

その生々しいセリフを覚えてみる、などでも良いでしょう。

 

人は興味がある物事を、
自然と「もっと知りたい」と
思うようになるからです。

 

「洋楽」や「洋画」を観て、
その気に入ったフレーズを繰り返し口ずさんでみる、
なども非常に効果があります。

 

「海外のゲームをプレイして、
 知らない単語を一つづつ身につけていく」
などでも良いかもしれません。

(僕はそれによって英語の読解力がかなり上がりました)

 

これは豆知識ですが、
東南アジアの子どもたちは日本のゲームを買って、
日本語で書かれた説明書をみんなで読み漁っています。

 

それが彼らの勉強の仕方なのです。
日本人の大人たちは、もっと素直に見習ってもいいと思います。

 

英語を身につけるなんて、
誇り高き日本人の血を受け継ぐあなたであれば
本気さえ出せば必ずできると思いますよ。

 

ただし本気を出さなければ、
厳しいとは思いますけどね…

 

 

そんなわけで、今回の記事は
超上から目線で不快な内容だったと思いますが、

海外に出たら、この程度の不快さは
序の口レベルです。

 

 

今からメンタル面を鍛え上げて、
これからも諦めずに、

少しずつ頑張っていきましょう。

僕がサポートいたしますので。

 

※ちなみに、記事に対するクレームや
 ご意見はいつでも受け付けています。

 

 

最後までお読み頂き、
心よりありがとうございました。

 

Masaponでした 😆