このブログを読んでいるあなたは
「英語」および「英会話」に対して、

どこか苦手意識を抱いているはずです。

そしてその中でも、
あなたが特に苦手とするのは、
英語のリスニングとスピーキングですよね。

 

 

リスニングは「英語を聴く力」であり、
スピーキングは「英語を話す力」です。

分かっているとは思いますが、
英会話には、その両方の能力が
絶対に必要となります。

 

なので、英会話を極めたい願望を持っている
あなたは今回の記事を、確実に押さえ、
理解しておく必要があるでしょう。

 

 

受験英語のリスニングは意味がない?

 

あなたはこれまで、
受験勉強や学校のテストなどで、
リスニングのテストをしたことがあると思います。

しかし、実際のネイティブとの英会話では、
学校で学んだリスニングのやり方が、
あまり通用しないのが現実です。

 

 

受験英語のリスニングは、
事前に問題の選択肢をざっと読んでおき、、
キーワードを音声から探せば、対処できますよね。

つまり、純粋なリスニング力を試すための
試験ではなく、単に情報処理がどれだけ早いか、
という能力を試す試験なんです。

 

 

ところが現実の英会話では、
事前に選択肢が用意されることもないし、
同じ発言を2回繰り返してくれることもありません。

一回でも聞き逃したらアウトですし、
相手の話の内容に応じて、
適切な返事やあなたの意見を言う必要もあります。

 

なので、実際に外国人と
あなたが生身の英会話をしてみたら、
意外と「難易度が高い」と感じるのではないでしょうか。

 

参考記事:
日常英会話を50%聞き取れる人は天才。

 

バファリンの半分が優しさで
できているのと同じように、

日常会話の半分は
リスニングで成り立っているのです。

スピーキングとリスニングの
どちらも欠けてはいけません。

だからこそ、あなたは英語のリスニング力を
徹底的に鍛える必要があるのです。

 

とは言っても、
「だって聞き取れないんだもん!」
と、あなたは不満を言いたくなるでしょう。

ですが僕から言わせてもらえば、
そんなことは当たり前なのです。

日本人は、英語を聴きとれなくて当たり前。

 

なぜか?

それは、これまでの日本の英語教育で、
「カタカナ英語」に慣れてしまったからです。

 

たとえば中学2年生くらいで習う
未来形の “be going to~” という文章を使って
「明日釣りにいく予定だ」と言うとしましょう。

その時、日本人の多くの人は、
「アイアムゴォーイングトゥーゴーフィッシングトゥモロォー」
と、声に出すはずです。

たとえばこんな感じで…↓

 


しかし!

あなたもご存知の通り、
ネイティブの発音というのは、

こういった「カタカナ英語」とは
大きくかけ離れています。。。

 

 

次の音声を聴いて下さい。

 

 

いかがでしょうか?
全然違いますよね。

 

したがって、
あなたが英語のリスニングを
きっちり聴きとれるようにしたいと思ったら、


今、この瞬間をもって、

「カタカナ英語」を
卒業する決意をしなければいけません。


カタカナ英語をいくら聴きとれるようになっても、

ネイティブの発音とは異なっているので、
英会話はできるようにはならないのです。

だからこそ、あなたは、
自分でも正しい発音で
英語を話せるようにする必要があります。

 

なめらかな英語の発音の練習方法

 

先ほどの、
“I am going to go fishing tomorrow.”
の事例であれば、

「アイム ゴーインガ フィッシン トゥマラゥ」

といった感じで発音をするしかありません。

 

 

これはいくら僕がカタカナで表現しても、
正直、なかなか理解が難しいと思います。

 

なので、正しい発音は
最低限の理論だけを押さえた後は、
あとはとにかく慣れてしまう方が良いでしょう。

 

 

CDでも何でも良いので、
ネイティブの発音によく耳を澄ませ、
できるだけその通りに英語を喋ってみて下さい

 

題材はできるだけ簡単なものを。
息づかいやリズムに慣れる目的で、
何度も何度も同じ題材を聴くのがベストです。

 

 

ただし、日本語の翻訳文が
書かれてあるものを使ってくださいね。

 

これは僕が受験生時代に
ひたすら取り組んでいた
「音読」という学習法ですが、

このトレーニングがベースとなったため、
いざ本格的に英会話の特訓を始めた際にも、
スムーズに上達したのです。

 

なので、多少カタカナっぽくなっても
あまり気にせずに、とにかくどんどん
数をこなすようにしてください。


何度もやっていれば、

いずれ周りに褒められるほど
あなたの発音はネイティブっぽくなります。

 

正しい発音ができる、というのは
ネイティブの英語を聴き取る前提となります。


読解力や情報処理能力を鍛えるのと

同時並行でやるつもりで、
英文を音読してみて下さい。

 

 

かなり、おすすめですよ。
テキストの音読は。

 

参考記事:
英語の発音練習に役立つ唯一の方法

 

また、英語の発音を鍛えている人は、
同時にリスニングも得意になる傾向があります。

 

ネイティブっぽく話せる人は、
ネイティブの声も聞き取れるからです。

 

ただし、リスニングに関しては、
一回や二回でできると思わない方がいいです。

 


すぐには効果が出る訳ではないので、

日常生活の中でやって当たり前、
というレベルで、習慣づけるようにしましょう。

 

そうすればあなたはいつの間にか、
外国人とスムーズに喋れるくらいの
リスニング力を身に着けることができます。

 

 

くれぐれもお伝えしておきますが、
今の段階では、英語のリスニングは
「できなくて当たり前」なのです。

 

できなくても、いつか伸びることを
信じてひたすらやり続ける。

目標を達成するには、
そうしたマインドが必須ですよ!

 

 

といわけで今回は、
このあたりで終わりにしておきます。

今回も最後までお読み頂き、
ありがとうございました。

 

Masapon