どうもこんにちは。
Masaponです。

 

あなたはもしかして、
友人や親族から「姿勢が悪い」という
指摘を受けたことがありますか?

 

 

もしそうであれば、
あなたは僕の仲間ですね。

 

僕自身も以前は、親戚のオバちゃんやら
部活の仲間やら、実に様々な人たちから
「背筋を伸ばせ!」と言われた経験があります。

 

なぜ、そんな多くの人から
姿勢について指摘を受けるのかと言うと…

当時の僕は、普段から背中を丸めて生活をする、
いわゆる「猫背」だったんですね。

 

そしてこの猫背というクセは、
一度身に着いてしまうと、
なかなか離れない、厄介なものです。

 

そして、猫背に代表される姿勢の悪さは、
あなたのブランド価値を大きく引き下げてしまい、
道行く人から、軽んじられる原因となります。

 

そんなわけで、本日はあなたに
この厄介な「姿勢の悪さ」を克服する必要性と
その対策を、分かりやすく説明していきますね。

 

 

 姿勢の悪い人は「ナメられる」

 

僕は今では背筋を伸ばすことが
完全に習慣づいてしまっているので、
人から猫背を指摘されることはほぼありませんが、

 

以前の僕は、人から何度指摘されても
背中を丸める癖が、なかなか抜けませんでした。

親戚のオバちゃんに思い切り背中を叩かれたり、
自ら意識して背筋を伸ばそうと試みても無理でした。

 

おそらくあなたもそうだと思いますが、
とにかく猫背って、直りにくいんですよね。

 

生まれつき姿勢が良い人にとっては、
「なんでこんな簡単なことができないんだ?」
と感じるはずですが、無理なものは無理なのです。

 

 

まあそもそもなんでいちいち
背中を伸ばさなければならないのかって、
単純に「ダサい」からなんですね。

 

 

どれだけオシャレな服を着こんでも、
髪型をバッチリセットしたとしても、

背筋がピンと伸びていないというだけで、
あなたの外見の魅力は、7割減となります。

 

 

つまり、あなたが「今日の俺ってイケてる!」と
鏡の前でキメキメな服装・髪型をセットし、
それをたとえば[100点満点]だとすると、

 

背筋をほんのちょっと曲げているだけで、
その点数は[30点]まで急落することになります。

 

これってよく考えてみれば、
ものすごくもったいないですよね。

 

あなたがせっかく毎月一生懸命バイトして、
そのお金を服やファッション雑誌につぎ込んでも、
その7割以上が無駄になってしまうということです。

 

 

また、正しい姿勢で生活を送らないと、
見た目が非常にカッコ悪いだけでなく、
周囲から問答無用でナメられてしまう原因となります。

 

これは日本人に限った話ではなく、
外国人と関わる時でも同じことです。

 

特に欧米人の場合は、日本人よりも
背が高かったりスタイルが良かったり
することが多いので、

 

ただでさえ低身長で短足な日本人は、
姿勢をきちんと正さない限り、
永遠に外国人からナメられることになります。

 

 

今の自分の姿勢がどれだけひどいかについては、
一度、スマホなどで自分の写真や動画を撮影し、
それを眺めてみると良いでしょう。

 

場合によっては、
「うわっ…、私の姿勢、ダサすぎ……?」
と、思わずショックを受けてしまうはずです。

 

 

そのくらい、姿勢の悪い人というのは
自分の外見というものに関して、
客観的に見れていない可能性が高いんですね。

 

 

 人は見た目が9割

 

やっぱり人はなんだかんだで、
そう簡単には他人の本当の性格を
見抜くことが難しいと思います。

 

特に初対面や突然の出会いだったりすると、
その相手を判断するのに頼れるものは
「まずは見た目」というのがほとんどです。

 

たとえばあなたが自分の友達から、
新たに外国人の女の子を2人紹介されたとして…

 

片方の子は、愛想や姿勢がよく、
服装も最近の流行をとりいれていて、
肌も髪もツヤツヤ、なんてタイプですが

 

もう片方の子は、むっつりとした顔で
姿勢もどこかだらけており、体型も微妙で
髪もぼさぼさ、声もだるそうな感じ…

 

そんなシチュエーションがあるとしたら
あなたはどちらの女子と積極的に
LINEを交換したいかっていう話です。笑

 

 

少し露骨な説明かもしれませんが、
実際、見た目の良し悪しによって、
その人の内面の印象まで影響が及ぶんですね…。

 

ただしこれは単なる印象にとどまらず、
姿勢が正しいかどうかによって、
その人の健康状態も大きく変化していきます。

 

たとえば背筋を伸ばして勉強をする人は、
猫背で机に向かう人よりも、
酸素の摂取量が3倍近く増えるというデータがあり、

 

それだけ脳が活性化するということなので、
姿勢が正しい人の方が、圧倒的に
学習効率が高いということです。

 

また、普段から姿勢を正して生活する人は、
免疫力も自然と高まるので、
病気にかかりにくくなります。

 

そのくらい、姿勢というのは
僕らが普段の生活を送るうえで、
必須の課題だったというわけですね。

 

もしもあなたが現時点で姿勢が悪い状態ならば、
できるだけ早めに改善するようにした方が、
遥かに人生で得をするはずですよ!

 

 

 簡単にできる「姿勢の直し方」

 

さて、姿勢を正せと言われても、
これまでずっと猫背だった方からすれば、
いきなり習慣を変えるというのは
なかなか難しいと思います。

 

そこで、以前は姿勢がひどく悪かった
Masaponが一体どのようにして
背筋を伸ばすようになったかを説明しましょう。

 

ただ「背筋を伸ばす」と言われても
おそらく一時的に背中を意識するだけで、
数時間後にはもとに戻ってしまうはずですが、

 

今からお伝えするアドバイスを守れば、
必ずあなたは姿勢の悪さを克服し、
理想的な習慣を送ることになるでしょう。

 

 

 背筋よりも「肩甲骨」に着目してみる


 

あなたはこれまで姿勢を正す時に、
背中全体の背筋(はいきん)ばかりに
とらわれてはいませんでしたか?

 

実は背中の筋肉をどれほど意識しても、
なかなか人間の姿勢って変わりづらくて、
すぐに元の木阿弥になってしまうんです。

 

ですが、肩甲骨(肩の付け根にある間接)を
あなたが今から意識することで、
急激に背筋は改善されていくでしょう。

 

ただ「背筋を伸ばす」という行動に加えて、
肩甲骨を内側に引き寄せるような感じで
上半身を維持してみるのがコツです。

 

 

これは少しだけコツがいるのですが、
何度も意識してやってみれば
すぐにその意味がわかります。

 

立った時だけではなく、
座った時でも同じことです。

 

「肩甲骨を内側に引き寄せる」という
ポイントさえ意識しておけば、
自然と姿勢もカッコよくなるんですよね。

 

 

スーツを着る際には必須!


 

この肩甲骨テクニックは、普段の生活のみならず、
あなたがフォーマルなスーツを着る際にも
大きな効果を発揮してくれます。

 

もしもあなたの姿勢が悪いと、
スーツ姿で集合写真を撮る際などに
つい1人だけ不格好になりがちですが、

 

今回のテクニックを使うことで、
「なんか自分だけ周囲から浮いてる気が…」
なんて状況とは、一切無縁になります。

 

 

せっかくパリッとしたスーツを着るのなら、
その「着こなし術」についてもしっかりと
マスターしておきたいですよね。

 

高い服を買ってもそれが似合わない人は、
往々にして姿勢が悪いものですが、

 

肩甲骨を意識して背筋を伸ばすように
心掛けておくだけで、
あなたは高い服が似合うようになります。

 

 

あなたがいずれ、海外に仕事で飛んだ時も
言葉が不自由になってしまう分、
外見の重要性は高まるはずですよ~。

 

せっかく英会話を覚えて駆使するのであれば、
そのスキルを最大限に活かせるように、
外見にもこだわっておきたいものですね!

 

 

それでは今回は「姿勢」について
アツく語ってしまいましたが、
あなたの参考になれば幸いです。

 

外見をバッチリ決めて、
英語をスラスラ話せるとなったら、
あなたの魅力は一気に高まりますよ!

 

それでは、これからも
がんばっていきましょうねー。

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

Masapon