今回の記事は、

英会話で必須の「発音方法」に関する
根本的な内容です。

 

 

あなたはこれまでに、
英語の発音に関する教材を
読んだことはありますか?

 

本の一冊でも、二冊でもいいですし、
もしくは動画の教材などでも良いです。

 

あなたはこれまでに、
「英語の発音」というものを、
正式に学んだことはあるでしょうか?

 

 

実は多くの日本人が
英語の発音に関して、
注意を払っていません。

 

というのも、
「英語を聞き取れないのは当たり前」
で紹介した通り、

 

「カタカナ英語」による発音が
日本ではまかり通っているからです。

 

 

そして、今回の記事では
「カタカナ英語」よりももっと重大で、
もっと根本的な内容をお伝えします。

 

 

とにかく重要なわけですが、
実際にあなたが心掛けることは、
ごくごく単純なことです。

 

 

それは、

「大きな声で英語を話す」

ということ。

 

 

大事なことなので、
もう一度強調しておきますが、

 

「英語は、大きな声で話す」

 

 

このルールを、
あなたは絶対に
おろそかにしてはいけません。

 

 

あなたもご存知の通り、
世界の公用語は英語ですが、

 

国によって、独特のなまりがあるため、
「正しい発音方法」というのは
実際、あってないようなものです。

 

 

インド人はインド人のなまりで、
中国人は中国人のなまりで発音し、

 

アメリカの発音とイギリスの発音も
異なる部分が多くあります。

 

さらに、同じアメリカ国内であっても、
白人と黒人の発音の仕方には
大きな違いがそびえ立っています。

 

 

しかし!

 

 

国のなまりに関係なく、
あなたが必ず守らなければならない
必須のルールとして――――――――

 

「相手に伝わる声量で話す」

 

ことだけは、
絶対に守らなければならないのです!

 

 

 

あなたが綺麗な発音の持ち主だとしても、
声量が小さくて聞こえなかったら、
それは宝の持ち腐れです。

 

あなたがどれほど流暢に
英語を喋れるようになっても、
相手に聞こえなければ、意味がなくなってしまうのです。

 

 

特に、もしもあなたが普段から、
ボソボソと喋っている場合は、


なおさら、要注意です。

 

 

 

これは独り言をよく話す人
多く持つ傾向の一つなのですが、

 

普段から独り言ばかりを話していると、
自分にしか伝わらない声量で
ぼそぼそ喋ってしまうクセがつきます。

 

 

その結果、
自分にとっては普通の声量だと
認識していても、


相手にとってみれば、

「声が小さい」と感じてしまうのです。

 

誤解のないように一応伝えますが、
別に、独り言をつぶやくことが
悪いと言っているわけではありません。

 

英会話の練習のために独り言を呟くなら
それは非常に効果的なので、
どんどんやってください。

 

ただし、やるなら
十分に大きな声でやることです。

 

いざ他人と会話をする際に、
独り言のクセを発揮してしまうと、

それは相手からすれば
「ものすごく絡みづらいタイプ」
の存在となってしまいます。

 

 

ちなみに過去の僕は、独り言ばかりを
つぶやいている時期があったので、

人と会話をする際にも、
「ああ?聞こえないよ!」と
怒られることが頻繁にありました。

 

なので、もしもあなたが
過去の僕と同じタイプであるならば、

 

ぜひとも本日から、
「声をなるべく大きく出す」ことを
必ず心掛けるようにしてくださいね。

 

 

いまいちどのくらいの大きさで
喋ればいいかが分からない場合は、

 

部屋の一番奥の壁に向かって、
話し掛けるような感覚、だと
意識してみましょう。

 

 

あなたが目の前にいる相手と
話しているのであれば、

 

その相手を貫通して、
最も奥の壁に向かって
話すようにしましょう。

 

こうすることで自然と、
十分な声量を得ることができます。

 

「普段の2倍くらいの声量」
というのが一応の目安ですが、

 

それだといまいちピンと来ないと思うので、

「奥の壁に向かって話す」ことを心がければ、
自然と感覚がつかめるはずです。

 

 

今回の記事は、完全に
「声が小さい人」だけを対象にして
書き上げてしまいましたが、

 

逆に普段から「声がでかい」と
指摘を受ける人は、

周囲の声が小さい人に、
今回のアドバイスと同じことを
教えてあげて下さいね。

 

 

声の小さい人に、
「声小さいよ!!!」と言ってしまうと、
逆に萎縮して、もっと声が小さくなりますが、

 

 

具体的にどうすればいいかを
きちんと指摘してあげることで、
相手は素直に聞く耳を持ちます。

 

 

きっと、相手からも
大いに感謝されるはずです。

 

 

それでは今回も、
最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

 

Masapon