おはようございまうす🐁
Masaponでございます。

 

 

僕らが待ちに待った
『2020 TOKYO OLYMPIC』にも、
海外から人がわんさか集まります!

 

ぜひともこの莫大なエネルギーを活用し、
未来の日本に繋げていきたいですね!

2020年はネズミ年ですから、
ディズニーにも大量に人が集まりそうです(笑)

 

というわけで、12月27日から開始している
サボリ癖を“撲滅”しようキャンペーン
の一貫で、本日もメルマガをお送りしまうす!

 

 


2019. 12. 31 tue.
2020年に“飛躍”する人の特徴


 

時は遂に令和元年。
東京五輪が開催される2020年は、
新たな挑戦を始める絶好の機会だと言えます。

 

というわけで2019年の締めくくりに
こんなタイトルをつけてみたのですが、

やっぱり挑戦して成功する人と失敗する人って
それぞれ色んな「特徴」があると思うんですね。

 

 

まず、僕がこれまで見てきた限り、
何事でも結果を出せる人っていうのは、
迷いがないタイプが多いです。

 

自分のしている努力や、目標について
最後まで迷わず一気通貫でやり通せる人は、
勉強でも何でも結果を残せます。

 

たとえば英単語を覚える際にも、
「この単語帳をすべて完璧に覚えるぜ!」
と決めて、その通りに実行できる人は

 

当たり前ですが、
その単語帳をすべて完璧に覚えられるのです。

 

 

単語帳を完璧に覚えた後には
「次は、この問題集をすべて完璧に解くぜ!」
と決めて、また新たに目標を定めます。

 

そして、それに向けて行動を起こし続け、
最終的にその問題集を完璧に仕上げたら・・・

 

その問題集に書かれている問題は
すべて解けるようになっているわけですね。

 

 

当然、単語帳を一冊完璧にして、
問題集の設問をパーフェクトに解ければ、
英語の実力がかなり高まっているでしょう。

 

すなわち、目標を達成できる人というのは、
その目標に向けて適切な努力をできる人であり、
途中で自分の道に迷ったりしないのです。

 

思考が常にクリアで、
考え方がシンプルなわけですね。

 

途中で他の教材に浮気したり、
妙な言い訳をしたりせずに、
やると決めた事を最後までやり抜きます。

 

 

・・・しかし!

 

多くの人は(僕も含めて)、
その「考え方をシンプルにする」という事が
なかなかできません。

 

それはなぜか?
頭の中が、ゴチャゴチャしているからです。

 

忙しい人にありがちですが、
自分が興味を持つ幅が広すぎると、
「あれもこれも」となってしまいます。

 

 

優先順位も劣後順位も決められずに、
「何からやったらいいか分からない」状態で、
考え事をしても、ごちゃごちゃしています。

 

ごちゃごちゃしてると、
目標を達成しづらくなります。

 

 

もちろん好奇心旺盛なのは良いことですが、
そこには負の側面もあります。

 

書籍をあれこれ買って積ん読になったり、
プライベートなSNSの返信に追われまくったり。

 

「アレもやらなきゃ💦」
「コレもやらなきゃ💦」
「ああー!そういえば、アレやってなかった💦」

 

みたいな感じで勉強してると、
時間効率がおもっきし悪くなりますよね。

 

 

気付けば1時間、2時間、半日・・・・
カンタンに浪費しているわけです。

 

 

だからこそ、
頭の中を整理整頓するためにも、
年末の大掃除の効果は非常に高いと言えます。

 

よく、部屋の状態と頭の状態って
比例していると言われますよね。

 

頭の片隅に

「そういえば、あそこ掃除してないなぁ…」

という気持ちが少しでも残っていると、

 

目の前のことに、集中し切れず、
パフォーマンスが一気に落ちるのです。

 

 

もちろん掃除に限った話ではなく、
すべきこと(todo)の管理を事前にすると、
思考がクリアになります。

 

そして、一旦やると決めたら、
それ以外はゼッタイやらない!!!と
制限してしまうのが本当に重要です。

 

特に、(分かってるとは思いますが)
スマホの使い方には極力、気を付けて下さい。

 

 

最近のゲームアプリとかは、
通知がバンバン飛んでくるので、
その都度、心を乱されやすくなります。

 

「星が回復したよ!(だから遊んで!)」

 

みたいに、あなたの勉強を妨害する要素が
至る所に散りばめられています。笑

 

 

なのでスマホゲームアプリを全部消す、
というのもひとつの手ではあるのですが、
それを実行できる人は少ないでしょう。

 

もちろん、しっかり結果を出す人は
そういうこともやってるんですが。

 

 

もし、完全にアプリを消せないという場合は、
必ず「時間を決めて」プレイすることですね。

 

僕は自分のパソコンに
キッチンタイマーをブックマークしてるので、
それで5分とか10分とか時間を測ってます。

 

今から5分は休憩して読書とか
今から10分外に出てリフレッシュとか。

 

いろいろ工夫できる点はあると思うので、
常に「思考をクリア」にするってことを
意識してもらえればと思います!

 

 

有名な話ですが、Facebook創始者の
マークザッカーバーグ氏や、
故・スティーブジョブズ氏も、
着ている服はいつも同じデザインです。

 

それは「自分の着るファッション」に関して
極力、選択肢を減らすために
あえて同じ服を何着も買うわけですね。

 

選択肢が増えれば増えるほど、
思考がごちゃごちゃしてくるので、
一流の事業家としては、常に頭の中をスッキリさせたいのでしょう。

 

 

カリスマホストのROLAND氏も
似たような考え方をしていますね。
(彼は “厳選された一着” を常に装備しています。)

 

 

最近、部屋の中にモノを置かない
“ミニマリスト” が増えているのも
そういう事情が背景にあります。

 

彼らは「欲」がない訳ではなく、
常に思考を一流の状態に保っておくために、
頭の中を「掃除」しているんです。

 

大切なことだけをやる、
エッセンシャル思考ってやつですね。

 

 

この「頭の掃除の仕方」に関しては
他にもいろいろな工夫があるのですが、
今回はとりあえずココまでにしておきます。

 

年末の大掃除、
ついつい忘れてしまいがちですが、
忘れてたって人は、ぜひやってくださいね!

 

気分もスッキリ晴れやかになるし、
場の空気が一気に浄化されますので!

 

 

それでは素敵な
Happy New Year Eve(大晦日)を
お過ごしください🎍

 

2019年の皆様の支えにより、
僕自身も色々な事に挑戦できました。

 

2020年も、心より
宜しくお願い致しまうす!

 

 

>>前日のメルマガはこちら。

>>翌日のメルマガはこちら。

 

 

 

このブログの著者(英会話の伝道師・Masapon)は、
幼少期から「変な奴」と周囲にみなされており、
日本の現代社会への適合が不可能と判断したがゆえ、
海外への可能性を常に模索してきました。

 

しかし、在学中に経験したアメリカ留学では、
世界は自分の思っていた以上に遥かにシビアであり、
「英語を使えない人間は家畜レベルの扱いを受ける」
という、厳しい現実が待ち受けていたのです・・・。

 

そして20代半ばの秋、
殺風景なボストンの小部屋にて、
僕はようやく悟るに至りました。

この世界に、“逃げ場” はない。
ならば、覚悟を決め、現実と戦うしかない

“人生の答え” は外ではなく、己の内面にあるのだと。

 

当ブログ『最強の日本人』には、
英会話術を主とした記事を多く載せていますが、

人生に迷い、自分の存在価値が分からなりつつある
“訳アリ” な人々に向け、僕の体験を基にした教訓が
様々なテーマを通じて描かれています。

 

いま、英語を手段として、
「第2の人生」を歩もうと決意されている方へ。

これから英語を本格的に学ぶならば、
僕の運営するメルマガを読んでみて下さい。

一切の綺麗事を排除した世界観に基づき、
現実をシビアに見つめ直すためのTips等が
かなり生々しく、描かれております。

 

ブログではちょっと言えないような、
激烈・苛烈な内容を描いた電子書籍
ただいまプレゼントとして皆様に配布中です。

※書籍にはアナタの心を深くエグる内容が描かれておりますので、
 準備のできた方から、覚悟を持って先にお進みください。

 

>> Masaponの辛辣メルマガを購読してみる。 
(不健全な内容が含まれるため、18歳未満には非推奨です。ご注意を。)