最近、カルロスゴーン氏の逃亡が
ニュースで話題になっておりますね。笑

 

日本を脱出した結果、
あちこちに行ってみたは良いものの、
結果的にさらなる縛りが待ち受けているという、
なんとも皮肉なことになっています。

 

なので、本日のメルマガでは、
それに絡めた話をしていこうかと思います。

 

 

ちなみに昨日のメルマガでは
“流れに乗る” ことの重要性について
カンタンに解説をしたのですが、

 

実際、何かで結果を残す人というのは、
大きな勢いに乗りつつも、
すべきことは地道にコツコツと続けてますよね。

 

 

言い換えれば、普段から努力している人ほど、
いざ「良さ気な波」が目の前に現れた時に、
それを上手に乗りこなせるということです。

 

なので本日もがんばっていきましょう!

 

 


2020年1月8日(水)日刊メルマガ
「冒険」と「逃避」は似て非なるもの。


 

 

いきなりですが、
僕の簡潔な「人生年表」をお教えします。笑

 

——— Masaponの年齢別テーマ ————

13歳:人生初の部活で体育会系の考え方を知る
14歳:部活に専念、人生で最も中途半端な時期
15歳:下ネタといじられキャラで人生の波に乗る
16歳:高校進学を機に安全圏からの脱皮
17歳:「教わるがままの勉強」を捨てる
18歳:自身の限界に直面(ココから闇に走る)
19歳:缶詰の予備校生活、脱獄後はホームレスに
20歳:独力による成長の限界を知る
21歳:人生初の大学進学&中退
22歳:自宅浪人後、本格派の予備校に通う
23歳:再び大学進学、厨二病&正義マンへの目覚め
24歳:学部内で高成績を取るも、虚しさを感じる
25歳:アメリカ留学&意識高い系の限界を知る
26歳:周りに流され、単位を落としまくる
27歳:大学卒業、就職はせず理想の追求を決意
28歳:様々な経験から世の中にある闇を知る
29歳:英語力を活かし、わりと自由な日々に突入
30歳:天命を自覚し、さらなる冒険を決意

———————————————–

 

ココに書かれていることは、
あくまで断片的な情報ですので
サラッと読み流してほしいのですが・・・😓

 

僕のこれまでの人生を振り返ると、
「広い世界に冒険したい」という願望が
強いタイプだったと思います。

 

 

たとえば高校進学では、
僕の代から「学区」が撤廃されたこともあり、
割と実家から遠い高校へと進みました。

 

地元に安住する道もあったのですが、
「どうせなら広い世界に出てみたい」と、
誰も友達がいない環境に身を突っ込んだのです。

 

・・・が、そこでは主に人間関係において、
「それまでうまく行っていたやり方」が
まったく通用しないことを痛感するに至ります。

 

 

また、大学進学後も、
「日本を超えた海外を冒険してみたい」
という動機でボストンへと留学をしました。

 

極めて不慣れで厳しい環境でしたが、
そこで得た体験価値は計り知れず、
コレが人生の転機と言っても良いでしょう。

 

ここでも「日本で通用したやり方」が
ほとんど通用しないことを思い知らされ、
自分の限界を実感することとなりました。

 

 

そんな感じで、僕の人生では
けっこう「冒険」を大きなテーマとみなし、
常に “広い世界” を夢見てきたのです。

 

井の中の蛙、大海を知らずと言いますが、
僕は生き残れるかどうかも分からずに、
積極的に無謀なチャレンジを重ねてきました。

 

 

・・・が、

 

 

その裏側では、僕の「もう1つの願望」
常に心の中に渦巻いていたのです。

 

それは、
この世の “縛り” から解放されたい、という
現実逃避に近い願望です。

 

 

建前上は「冒険したい」だけれど、
実際のところは「逃避したい」。

 

この願望が、僕のこれまでの人生において
ずっと頭の中に残っていたものでした。

 

 

それまでの環境を抜け出して、
新しい世界に一歩足を踏み出せば、
きっと理想的な日々が待ち受けているはずだ…

 

という「黄金郷」を求める心理のもと、
次々と住処を変える生き方をしたい。

 

ある意味、ジプシーとか
ノマド的な感覚と言えるかも知れませんね。

 

 

今回のカルロス・ゴーン氏の騒動を見てて、
僕自身もハッと思い気付くところがあり、
過去を振り返ってみたのです。

 

彼の場合も、「冒険」というよりは、
日本での監視生活から脱獄をする目的
海外に「逃亡」をするに至りましたね。

 

 

・・・しかし、

 

自家用ジェットで飛び立ったはいいものの、
彼はトルコ経由でレバノンに入国した後、
ここでも別の罪で告訴をされております。

 

 

あちこち逃亡した結果として、
さらに罪は重くなり、結果的に、
新たな “縛り” が待ち受けていたのです・・・。

 

 

ホリエモンは自身のYouTubeで
「ゴーンさん、行ってらっしゃい!🗽」
と暖かくエールを送っていましたが、

 

カルロス・ゴーンに待ち受けていた現実は、
あたかも迷路の奥に入ったがごとく、
“行き止まり”状態となってしまいます(笑)

 

 

もちろん、僕なんぞと
ゴーン氏を同一視するつもりは
まったくないのですが(笑)

 

「現実から逃げると、さらに縛られる」

 

というこの世の法則みたいなものが
見え隠れするのではないかなと。

 

 

僕自身、色んな課題から逃げ続けて、
それを「冒険」だと正当化してきました。

 

ですが、本当にしなければならないのは、
自分の人生を「深掘り」することだと
最近になって、気付き始めたわけです。

 

目の前にある「課題」を認識し、
それを強い心で受け止めることでしか、
人間は成長を果たせないのです。

 

 

それゆえ、「冒険」というのは
それ自体が目的というよりも、

 

その「新たな世界」に触れることで、
より自分の輪郭をハッキリさせること
意義があるのだと僕は今では考えています。

 

 

思い切って、全く異なる世界に触れてみると、
自分のアイデンティティを問われるような
出来事に遭遇します。

 

たとえば海外に飛び立ってみて、
自分が「日本人」だと実感するのは
典型例だと言えますね。

 

普段、身の回りに当たり前にあるものが
海外にはどこにも見つからないので、
そこで改めて日本の良さを感じるわけです。

 

僕がアメリカに飛び立った時に
現地で初めて「カツ丼」を食ってみたら、
この世のものとは思えないほどの味わいでした。

 

そんな風に、外の世界に触れてみると
自分の内側をより意識することとなります。

 

 

本を読む時や講義を受ける時、
今まで行ったことの無い場所へ訪問する時、
面白いニュースやドラマ、漫画を読んだ時にも

 

「あ~面白かった」で終わらせないように
僕は常に意識するようにしています。

 

ただ情報を “消費” するのではなく、
そこから自分のコアを探る目的で、
新たに知識を仕入れると、良い感じになります。

 

そうした勉強の仕方をしていると、
教科書で学んだだけの「死んだ知識」ではなく、
自分の人生に役立ってくれる「生きた知識」が手に入るんですよね。

 

 

なので、TOEICや英検を受ける際にも、
ただ高得点を取ることを目的にしてしまうと、
「生きた英語」を使えなくなります。

 

よく、英語のスピーキング試験などで
「嘘をついても良いからひたすら喋れ」
というスタンスの学習者もいるのですが・・・

 

なるべくなら “完全な嘘” ではなく、
せいぜい “ポジショントーク” 程度に
おさえておくのが望ましいのかなと。

 

 

そういう気持ちで普段から勉強をしないと、
ただ試験で高得点を取るだけが目的となってしまい、
英語スキルを人生に活かしにくくながちです。

 

 

僕自身の課題でもありますが、
これから英語を学ぶ人の場合は、
ぜひその勉強を通じて「自分のコア」を探る視点を持ってみてください。

 

 

必ず意識しておくべきなのは
「自分の人生にこの学びをどう生かせるか?」
ということですね。

 

 

それゆえ、僕は時々、
普段の自分だったらゼッタイやらないことを
敢えて勇気を出してやってみたりします。

 

まあ何かで大きな結果を出す人ほど、
果敢にそういう事に挑戦しているので。

 

自分の殻を破ると同時に、
元々あった「コア」を深堀りする目的で、
チャレンジを重ねるわけです。
(一見、周りから見ると “この人頭大丈夫?” と思われるくらいが実は丁度良と言われています 笑)

 

 

大人になると、ついつい
新たな冒険をしなくなってしまいがちですが、

 

だからこそぜひ、あなたも普段から
「一歩前へ進む」という意識で
日常生活を送って頂ければなと思います😌

 

 

かつ、今年は僕自身も英語学習において
明確な結果を出していくつもりなので、
共に意義深い冒険をしていきましょう。

 

一人では難しい挑戦があったら、
なるべく僕もサポートをしたいと考えています。

 

長くなりましたが、
本日はこのへんで!

 

>>前日のメルマガはこちら。

>>翌日のメルマガはこちら。

 

 

英語を自由に使いこなせるようになって、
豊かで快適な人生を送りたい・・・。

以前はそのようなビジョンを、
このブログの著者(英会話の伝道師・Masapon)も
胸に抱き続け、努力を重ねてきました。

 

5年の長期に渡る受験勉強、
アメリカ東海岸での留学経験を経て、
ようやく今、願ったライフスタイルを、
僕(Masapon)は叶えつつあります。

そしてこれからは、さらなる栄光の未来に向けて、
ドラクエ世界の如く、理想を目指す仲間を探すために
Webメディアの活動を継続・更新し続けています。

 

当ブログ「最強の日本人」には、
僕自身の過去の体験やそこから得た気付き、
学んだ知恵などが、数多く書き連ねられていますが、

ただ単にブログを読んでいるだけでは、
あなたは “人生を変えるほどの衝撃的な体験” は
おそらく味わえないはずです。


そこで僕の運営する「メールマガジン」が、
あなたの生き方の方針を定める上で、
大きな役割を果たすことでしょう。

 

メルマガ内では、英語初心者~中級者向けに、
『人生の壁を突破するための文法』の構築について、
濃密エピソードと共に語られていきます。

 

「英語を用いたこれからの仕事のあり方」
「英語と人生とを適切に結びつける発想力」
「人生の壁を次々と突破するための文法の正体」

「初心者が英語を話すまでの具体的な流れ」
「人生を勢いに乗せて、上手に波に乗るマインド」
「日本人ブランドを外国人相手に活かす技」


などなど、単なる商業的なメルマガではありません。
常に改良され、常に進化が果たされ続ける
世にも希少な「参加型メルマガ」ですので、
必然的に、貴方の人生とも結びつく事になります。

 

都合の良い、割り切った関係ではなく
共に成長できる仲間、長きに渡り助け合える関係を
僕はあなたと構築したいと考えています。

「最強の日本」に向けた理想を歩む侍たちを、
こちら側の世界で、こっそりとお待ちしてますね。

 

>> 最新鋭の英語術を習得し、人生の壁を突破する
(現在は全体チェックのため、登録のみ受付中。)

 

この続きは、メルマガ1通目にて。