おはようございますー。

 

本日も、寒い中で朝っぱらから
メルマガを送っていきたいと思います⛄

 

 

2020年ももう既に、
24分の1が経過してしまいましたが、
そう考えると早くないですか??

 

現時点で僕が「今年の目標の24分の1」を
達成したかというと、かなり微妙なので、、、

 

引き続き、サボリ癖を “撲滅” して、
目標に近づいていこうと思います!

 

 

さて、そんな2020年の1月ですが、
本日は、昨日の内容の続きです。

 

英語力を「着実に」上げていく方法
ってやつです。今回はPart2です。

 

 

一応、前回をざっと復習しておくと、

 

・コンテクストを意識した勉強をする
・コツコツやるだけでは足りない場合もある
・情報を得る際にはデータ量を考える

 

このような感じでしたね。

 

 

特に一人で勉強をする場合は、
どうしても思考が内にこもりがちなので、
壁に遭遇しやすくなり、また突破するにも時間がかかる。

 

そこで、自分以外の誰かの「視点」を
上手に取り入れる必要性が出てくるのですが、
これも「誰に聞くか」がけっこう重要です。

 

 

その人の英語力が高いかどうかってよりは、
あなたの現状に理解を示してくれるかどうか
基準に選ぶと良いのかなと僕は思います。

 

過去の僕は周囲に頼れる人がおらず、
また素直にアドバイスを受ける気にもなれず、
一人で路頭に迷っていた時期もありました。

 

自宅浪人で頑張ろうとしても、
参考書通りにやってるのに成績が伸びず、
模試成績を見るたびに憂鬱になったり。

 

予備校のチューター(担任)に相談しても、
いまいちピンと来ないアドバイスも多く、
講習だけは大量に取らされたり(予備校生あるある)

 

そんなこんなで、僕も紆余曲折ありましたが、
今ではだいぶマシになりましたね。笑

 

 

だいたいの人の悩みなら共感もできるし、
よほどレベルの高い学習者でもなければ、
パッと解決策も出せると思います。

 

というわけで、前回の内容を補足する形で
今回の内容に入っていきましょう。

 

 


2020年1月16日(木)
逆算思考が “できない” タイプの人


 

 

僕がスキルを習得する時って、
だいたい何らかの「目標」を先に設定して、
そこからやるべき事を逆算するんですが、

 

実は、この「逆算思考」が
性に合わないタイプもいます。

 

 

ゴールを決めてそれに向かって進むよりも、
今ある場所でその都度やりたい事を決め、
それに熱中していくような人です。

 

 

有名な人で言ったら、
たとえばホリエモンとかそうですよね。

 

目標とか計画なんか決める必要はないよ、
ただ目の前のことを全力でやればいいじゃん。

 

人生なんて計画通りに行くわけがないし、
今あるものに熱中して色んな事を経験すれば、
周りにも人が集まるし、スキルを磨けるし、
結果的に理想にも到達するんだから。

 

↑こういう考え方を彼は持っています。

 

 

僕は過去に色んな人を見てきた限りでは、
目標をがっちり決めたがるタイプと、
目標にはあまりこだわらないタイプがいます。

 

これは、どちらか片方が優れていて
もう片方が劣っている訳ではありません。

 

あくまで人間的な性質の違いで、
それぞれに合ったやり方があるだけです。

 

 

たとえば起業家つながりで言うと、
ホリエモンとは真逆のタイプの人物が
かの孫正義ですね。

 

彼は何事も「結果」から最初に考えて、
20代で名乗りをあげ、30代で1000億円を貯め、
40代でひと勝負し、50代で事業を完成させ、
60代でそれを後世に引き継ぐ、といった
明確なビジョンに沿った人生を歩んでいます。

 

つまり、自分で建てた目標とその計画を、
1つ1つ着実に実行する生き方です。

 

さすがにちょっと極端な例ですが、
こういう「カッチリ決まった生き方」が
しっくりくるタイプもいるわけです。

 

 

ちなみに僕は、孫さんほどではありませんが、
割と「結果重視」のタイプだと思っています。

 

目標を立て、それを高らかに宣言し、
そこに至るまでのプロセスも明確にし、
行動計画に沿って学習や仕事を進めると
モチベーションが湧いてくるタイプです。

 

 

進捗管理はしやすいメリットはありますが、
もちろん欠点もあります。

 

このタイプの欠点としては、
頭が固く、融通が利かず、方向転換をしづらい
といったことが挙げられます。

 

 

僕もけっこう型にはまった考えをしがちで、
「自分視点」に拘ってしまう癖があります。

 

なので、学習に行き詰まった時、
壁にブチ当たって進めなくなった時には、
誰か有力者の助けや導きを受け入れることで、
問題解決をしやすくなるわけですね。

 

 

また、これとは逆のタイプで
目標や行動計画を決めたくない人々の場合、
方向転換がしやすいメリットはあるのですが…

 

あれこれ好奇心の赴くままに動いた結果、
気付けば同じところをグルグルと回っており、
いっこうに先に進めていない!

 

・・・といった状況にも陥りやすくなります。

 

 

このタイプの人は、
一人だとどうしてもフラフラしがちなので、
やはり誰かのサポートが必要になります。

 

それも、学習の方向性を定めてくれるような、
「これだけはやりましょ」というTipsを
明確にアドバイスしてくれる存在ですね。

 

 

そういうアドバイスを素直に受けることで、
目の前の物事を楽しみ、熱中しつつも、
着実に前へと進むことが可能となります。

 

 

あなたがいずれの学習タイプであっても、
「自分では意識できない部分」を
補ってくれるような存在が必要です。

 

それは「勉強仲間」かもしれないし、
「学習コーチ」かもしれませんが、
なるべく他力を借りられるのであれば、
その時は素直に借りてしまった方が良いかと。

 

とりあえず、このメルマガコミュニティでは
色んなタイプの人が混ざっているので、
他力を借りようと思えば、いくらでも借りられます。笑

 

 

具体的にどうしていくか?については、
Masaponの今後の方針とも相談しつつ、
一緒に考えていければいいかなと思ってます。

 

とりあえず今回のメルマガでは、
「逆算思考が合わない人」というテーマで
事例を交えつつ解説をしてみました。

 

ホリエモンタイプか、孫正義タイプか。
自分のタイプはどっちかな?と
ぜひ考えてみて下さいね。

 

 

英語の勉強法は1つではありません。
あなたの性質に合った手法を採用すれば、
短期間でも実力を高められるはずです。

 

それでは、今日はこんなところで!

 

 

>>前日のメルマガはこちら。

>>翌日のメルマガはこちら。

 

 

英語を自由に使いこなせるようになって、
豊かで快適な人生を送りたい・・・。

以前はそのようなビジョンを、
このブログの著者(英会話の伝道師・Masapon)も
胸に抱き続け、努力を重ねてきました。

 

5年の長期に渡る受験勉強、
アメリカ東海岸での留学経験を経て、
ようやく今、願ったライフスタイルを、
僕(Masapon)は叶えつつあります。

そしてこれからは、さらなる栄光の未来に向けて、
ドラクエ世界の如く、理想を目指す仲間を探すために
Webメディアの活動を継続・更新し続けています。

 

当ブログ「最強の日本人」には、
僕自身の過去の体験やそこから得た気付き、
学んだ知恵などが、数多く書き連ねられていますが、

ただ単にブログを読んでいるだけでは、
あなたは “人生を変えるほどの衝撃的な体験” は
おそらく味わえないはずです。


そこで僕の運営する「メールマガジン」が、
あなたの生き方の方針を定める上で、
大きな役割を果たすことでしょう。

 

メルマガ内では、英語初心者~中級者向けに、
『人生の壁を突破するための文法』の構築について、
濃密エピソードと共に語られていきます。

 

「英語を用いたこれからの仕事のあり方」
「英語と人生とを適切に結びつける発想力」
「人生の壁を次々と突破するための文法の正体」

「初心者が英語を話すまでの具体的な流れ」
「人生を勢いに乗せて、上手に波に乗るマインド」
「日本人ブランドを外国人相手に活かす技」


などなど、単なる商業的なメルマガではありません。
常に改良され、常に進化が果たされ続ける
世にも希少な「参加型メルマガ」ですので、
必然的に、貴方の人生とも結びつく事になります。

 

都合の良い、割り切った関係ではなく
共に成長できる仲間、長きに渡り助け合える関係を
僕はあなたと構築したいと考えています。

「最強の日本」に向けた理想を歩む侍たちを、
こちら側の世界で、こっそりとお待ちしてますね。

 

>> 最新鋭の英語術を習得し、人生の壁を突破する
(現在は全体チェックのため、登録のみ受付中。)

 

この続きは、メルマガ1通目にて。