日本人って、国際交流の場面では、
「英語ぜんぜん話せないんですよ~」
などと、言ってる人がやたらと多いです。

 

 

が、これ系のセリフを言う人の中に、
本当に英語を喋れない人はいません。

 

仮に、口では「話せない」と言いながらも、
実はそこそこ以上のレベルで話せている人が
ほとんどを占めています。

 

 

 

・・・先日、僕が参加したイベントにて、
「英語は大丈夫ですか?」
と、スタッフに質問された某高学歴の大学生が

 

“Just a little bit !”(ちょっとだけ)と、
華麗な発音で(かつ、妙に堂々と)
答えていたシーンがありまして・・・。

 

 

その時、Masaponはなんだか、
非常にフクザツな心境になりました。

 

 

(うわぁ…そこ英語で答えちゃうんだ…(^-^;)

 

(なんで、無意味に保険かけんの……(^-^;?)

 

 

といった感じで、
中途半端なバイリンガル特有の、
虚勢と承認欲求を内に秘めた表面的な謙虚さ
感じずにはいられなかったのです。

 

 

その人、割とペラペラだったんですが、
そんならフツーにYesって答えればええやんけ、
と、僕は思ったわけです。

 

 

本当にちょっとだけしか話せない人なら、
そもそも “Just a little bit.” なんてフレーズは
即座に思いつきません。

 

 

あなたがいずれ、
リアルな場面で英会話をすることになったら、
「英語は話せますか?」という質問に
どこかで必ず遭遇することになります。

 

しかし、「英語は話せますか?」に対して
“Just a little bit.(少しだけ)” と答えるのは
なるべく避けた方が良いと僕は思います。

 

 

一見すると謙虚そうなセリフですが、
これは本当に英語初心者で自信のない人だけが
使えばいいフレーズであり、

 

スピーキング中・上級者が
むやみやたらに使ってしまったら、
ただの嫌味になるんですよね。

 

だから、”Just a little bit.” というフレーズを、
日本人相手に言うのはやめた方が無難です。

 

 

 

相手に意図が伝わる以上のレベルで
英語を喋れているのなら、
フツーに “Yes” と言えばいいし、

 

あんまり自信なかったとしても、
“kind of.”(まあ)とかで良いと思うんですよ。

 

 

わざわざ “Just a little bit.” と言ってしまうと
英会話のハードルを無駄に上げることになり、
周囲の日本人にも迷惑がかかります。

 

 

(まあ、ボクは “ちょっとだけ” 英語が話せるよ!あくまでほんのちょびっとだけどね。ボクは普通に外国人とも意思の疎通はできるけど、まあこの程度なら誰でもできて当然だよね。と言っても、ネイティブと対等に話すのはまだ難しいから、あくまでボクのレベルは “Just a little bit.” に過ぎないんだけど、別に偉そうにするつもりもないし。フフンッ、まあこのくらいは喋れて当たり前だからさ~~。ただこの程度も話せないようなヤツは、ちょっと頭ヤバイかもね~!www)

 

 

みたいな潜在的な自意識が、
彼からビシビシと伝わってきました。

 

 

 

 

実は僕、こういうタイプの人間を、
「勘違い系クソインテリバイリンガル」
と、裏でこっそり呼んでいます。

 

 

日本人で英語を話せる人の中には、
こういう “変に自信満々で、イヤミなタイプ”
が、一定数存在するのですよ。

 

妙に澄ました表情をしてるくせに、
内心では「オレは英語話せるんだぜ~」と
自慢したくてしょうがない連中です。

 

Masaponは同族嫌悪に近い感覚で、
こういう自己顕示欲の強いタイプが
昔から、あまり好きではありません。

 

 


 

古典の「紫式部日記」では、
当時、男性にしか使えなかった漢字を
清少納言がスラスラ書いていた様子を見て、
周囲の男性に褒められている光景が描写されています。

 

が、それを見た紫式部が
「真名書き散らして…」
(漢字なんか使いやがって…)
と、

清少納言をディスっている描写もあります。

 

 

平安時代は、漢字は男性が使うものであり、
女性はかな文字を主に使用していました。

 

紫式部(源氏物語を書いた女性)は
非常に聡明で、漢字は普通にマスターしており、
でもその能力を表に出すことは決してなく、
あくまで女性の品格を重視していたのです。

 

そんな紫式部が、
真名(=漢字)
むやみやたらに書き散らかして、
男性に能力を誇示する清少納言の様子を見て、

「なんだこいつ…痛い女だな…。」
顔をしかめていたわけですね。

紫式部

 

要するに、Masaponが例の学生に抱いた感情は、
それと似たようなモノだと思ってください。

 


 

 

 

う~ん・・・・。

 

なんでわざわざ、
「ほんのちょっとだけ」とか
言っちゃうんですかねぇ。。。

 

 

なんか学校のテスト前とかに、
「全然勉強してないわー」とか言っときながら
ちゃっかり高得点をかっさらうようなタイプと
非常によく似たニオイを感じますよね。

 

 

謙虚そうに見せかけた自己顕示欲やん、と
感じてしまうMasaponでしたw

 

 

 

今回は妙に毒が多いですが、
ただのガス抜き記事なので、
あんまり気にしないでください。

 

 

 

なんというかその、
「英語は得意です」と言える基準って
人それぞれ異なるんですけど、

 

ほとんどの日本人だったら、
ネイティブの話す英語と自分を比較すれば、
(まだまだダナァ…)と感じるに決まってます。

 

 

他の日本人と比べれば、
むしろ十分なくらい話せているのに、
わざわざネイティブと比較するので、

 

どれほど長期間、英語を学んでいても、
「自分なんてまだまだですよ~~~」と
言いたくなる心理が誰にでもあるのです。

 

 

 

でも、英語をそれなりに話せる人が、
「英語全然話せないんですよ」などと
言っちゃうのは、どうかと思います。

 

 

 

そもそも世界で使われている英語って、
ネイティブレベルで話される状況というのは
むしろ非常にレアケースですよ。

 

ほとんどの国の英語は第二言語扱いなので、
生のネイティブ英語に触れる機会なんて
「ほぼほぼ」ないです。

 

 

ヨーロッパの人々はラテン語圏なので、
英語もかなりハイレベルな人が多く、
スぺ語やドイツ語なども話す人がいますが、

 

アジア圏や中東、アフリカ等の英語って、
(僕が言うのもなんですが、)
そんなにレベル高くありません。

 

 

にもかかわらず、外国人の場合は
“Just a little bit(威圧)” みたいなセリフ、
あんまり言わないんですよね。

 

むしろカタコトレベルの英語であっても、
普通に「英語しゃべれるぜ」的な雰囲気で
会話をしかけてきます。

 

それどころかお節介に、
“I can teach you English.” などと
上から目線でほざいてきたりします。
(Masaponは過去、とあるトルコ人から、”完全にトルコなまりの” 発音を強制されそうになったことがありました・・・笑)

 

 

 

欧米の人に「日本語話せますか?」と聞くと
「Oh、ちょとだけ!」と答える人はいます。

 

でも、その場合は
本当に片言のパターンが多いです。

 

 

それに対して、日本人が英語を話す時には、
普通にコミュニケーション取れるレベルなのに

わざわざ「あんまり話せないんですよー」とか
謎の保険をかける人がやたらと多いです。

 

 

「英語話せますか?」と聞かれた時に、
自信満々に “Yea, of course!!” などと答えて、

 

もし自分よりもっとペラペラな人がいたら、
場が気まずくなるに違いない、と考えて、
取り越し苦労をしているのでしょう。

 

 

しかし、あんまり自虐が過ぎると、
逆に周囲にはイヤミだと感じてしまうので、
ほどほどにしておく方が良さそうです。

 

英語で会話を続けられるレベルであれば、
“Ah, OK.” くらいの軽い返事をした方が、
経験上、自然な会話につなげられますからね。

 

 

そこそこ可愛い女子高生が、
「私ブスだし・・・><」と言いながら、
SNSに自撮りを上げまくるようなものです。

 

周囲に「そんなことないじゃん!」と
否定してもらうことを前提とした発言は、
端から見るとイタい人です。

 

 

うーん、今回のお話は、
そこそこ英語が話せるようになってきた人
ぜひ覚えておいて欲しい内容ですね。

 

あなたがいざ、外国人と接する際には、
変な保険をかけることなく、
堂々と会話を楽しんでしまいましょう。

 

 

英会話はコミュニケーション能力なので、
ペーパーテストとは全く種類が異なります。

 

ひとつのミスで揚げ足を取られる恐怖も、
上から下まで成績が発表される圧力も、
英会話には存在しないので安心して下さい。

 

 

なので、仮に全然英語を話せなくても、
「私は話せる!」と言ってしまえばいい。
その方がよっぽど健全でしょう。

 

仮に、たどたどしい英語しか話せなくても、
それはむしろ「かわいい」のです。

 

 

 

カタコト英語だけど、
一生懸命に前を向いて努力をする人は、
周囲を笑顔にさせ、幸せにします。

 

 

忘れないでくださいね。

 

 

英会話はコミュニケーション。
楽しんだ人から、上達していくということを。