おはようございます😇Masaponです。

 

本日も我々の結集パワーで
「最強の日本」を未来に築き上げるため、
メルマガをお送りしていきます!

 

まあ本音を言うならば、
ゆっくり旅行でもしたいところですが……

最近は僕自身も英語学習を強化しているため、
しばらくは「勉強に」集中していきます。

 

かつ、その余剰エネルギーを用いて、
こちらのメルマガを書き進めております。

 

あなたが考える理想的な日本の未来、
および世界の未来のビジョンの実現を
少しでもお手伝いできれば幸いです😇✨

 

 

・・・と、その前に
昨日のメルマガの内容を、
サラッと復習しちゃいましょう。

 

題材が「1万時間の法則」についてで、
これを現代の多忙な社会人が突破していくには
何を心がければ良いのか? でした。

 

結論から言えば、

  • マルチタスクを心掛ける
  • 停滞期が来ても「継続」をする

の2点を心掛けるってことでしたね。

 

とりあえず、この2つを心掛けてみて、
日々実践してみるだけでも、
だいぶ時間のハードルは下がるかなあと。

 

 

英語を「極めたい」人以外は、
別に10,000時間もやる必要はないのですが、

なんだかんだ英語って一旦勉強を始めると、
その後もずーっとやり続けます。

 

どうせ一生使う英語スキルならば、
今から時間効率を意識した方が得ですね!

 

というわけで、本日の内容に入ります。

 

 


2020年1月20日(月)日刊メルマガ
日本企業が長期的視点を失ったきっかけ


 

よく「古き良き時代」という言葉を
我々は耳にします。

 

某企業の新卒採用の写真とか見ると、
昔と今とで、だいぶ雰囲気が違いますよね。

 

昔は全員私服で、髪型も個性豊かでしたが、
今の新卒は皆同じ髪型、同じ服装・・・

 

つまり、規格化が進んだということですが、
昔はとにかく「色々と緩かった」時代でした。

 

 

そして、会社の在り方も
昔と今では、だいぶ変わっています。

 

 

【昔の日本企業の特徴】
終身雇用、人を育てる文化、年功序列、安定的な成長、三方良しの経営、ゆるい雰囲気

 

【今の日本企業の特徴】
自主退職、即戦力重視、人材の使い捨て、短期的利益の追求、株主重視、堅苦しい雰囲気

 

 

ざっくりと表現すれば、
こんな感じですよね。。。

 

 

つい先日も、とある作業現場で
外国籍の女性作業員が生き埋めという
死亡事故が起こりましたが、

 

なんと身元が分からないらしく、
同僚はニックネームで呼んでいたため
「名前は知らない」という衝撃事件。

 

おそらく会社側が人手不足により、
身元不明の外国人女性を雇ったら偶然、
不幸な事故が起きてしまったのでしょう。

 

 

この事故は、この日本社会で
「人材の使い捨て」が進んでいることの
裏返しでもあります。

 

外国人のみならず、日本人社員でも
人を1から育ててベテランにしていくような
余裕ある昔ながらの企業文化は風前の灯。

 

会社は人材に即戦力を求める一方で、
用が済んだら使い捨て!という風潮が
最近は特に目立っていますね。

 

 

これらはすべて、
日本社会から「長期的なビジョン」が
失われたという現象を意味しています。

 

それゆえ、高度経済成長期のように
企業がじっくり商品研究&開発ができないので
イノベーションが生まれづらくなっています。

 

 

「物言う株主」の短期利益を最大限に重視し、
従業員や顧客の幸福が後回しになるので、
余裕のないギスギスした雰囲気があります。

 

 

なぜ、かつては世界に名を轟かせた日本企業が
このような状況に陥ったのかというと、

答えは「株式の相互持合いの解消」にあります。

 

 

これは僕が大学時代の頃に
商学部の教授から学んだ話ですが・・・

 

もともと、日本の大きな企業同士は
互いに株式を長期的に保有することが多く、
それぞれ盤石な協力関係が築かれていました。

 

これを「株式の相互持合い」と呼びます。

 

 

この仕組みにより、文句を言わない株主が生まれ、
長期的なビジョンに基づいた経営ができ、
安定的な研究開発ができたのです。

 

現代のように、株主の顔色を伺わなくても
作りたい商品を作ることができたし、
売り手良し・書い手良し・世間良しの
「三方良し」の経営が実現していました。

 

この株式の相互持ち合いシステムは
日本独自のものだと言われており、
海外企業には真似のできない仕組みでした。

 

それゆえ、短期で利益を出せなくとも、
長い目で見た業績向上に取り組めたので
数多くのイノベーションが起きました。

 

 

ラジオ、電卓、回転寿司、自動改札などは
すべて当時の日本が生み出したものですし、
他にも探せばたくさんあります。

 

良い商品が次々と生み出されて、
国内の雰囲気も活発さが増していき、
経済成長も順調に伸びていきました。

 

こんな感じで、株式を相互に持っていると、
企業も「安定した成長」ができるので、
年功賃金に基づいた人材育成が可能となるし、
従業員も終身雇用が前提だったわけですね。

 

 

しかし、そんな昔と比べて
今の日本企業は、だいぶ終わっています。

 

40代を過ぎれば実質リストラ、
勝ち組と負け組の差はますます露骨となり、
かつてのトップ企業は海外企業に買われ、
日本の技術者も海外に流出し・・・

 

といった様子なので、
もはや日本が「泥船扱い」をされることも
少なくはありません(笑)

 

 

いやー、
どうしてこうなっちゃったんでしょうね!

 

 

それは、ある時期に株式の相互持ち合いが
次々と解消されていったからです。

 

というかそれ以前に景気が悪化して、
相互持ち合いのメリットよりも、
デメリットが強調されることになったからです。

 

お互いを助けるはずのシステムが、
お互いの足を引っ張り合うシステムになり、
協力関係が維持できなくなったんですね。

 

かなり漠然とした言い方をしていますが、
詳しくは調べてみてください(笑)

 

 

いずれにせよ、現代においては
だいぶ会社の経営事情が変わっているため、
雇用の流動性がますます高まっています。

 

これが何を意味するかというと、
昔のように会社に長く勤めているだけでは、
人材の価値は高まらない…ということですね。

 

 

自分からスキルアップに尽力し、
何があっても生き残れるくらいの状態にまで
自分の価値を高めていく姿勢が必要不可欠だということです。

 

 

まあ、アメリカの場合は
これで全然問題ないんですよ。

 

大学でひたすら勉強して専門性を磨き、
卒業前には企業で長期インターンをして、
企業との相性を十分に確かめてから入社するのが基本です。

 

たとえ会社を辞めたとしても、
スキルとキャリア自体は育っているので
またすぐ別の就職先が見つかりますからね。

 

ポータブルスキル(持ち運び可能なスキル)
とかよく言われたりしますが、
海外ではこれが重視されているんです。
もちろん英語は使いこなせるのが前提で。

 

 

一方、昔ながらの日本企業の場合は、
「就職」というより「就社」に近いので、
社会全般で普遍的に使えるスキルってよりは、
「その会社内で使えるスキル」が育ちます。

 

つまり、〇〇さんの好むドリンクだとか、
△△さんと□□さんは仲が悪いとかの、
人間関係調整(社内限定)のスキルですね。

 

こうした「空気読み」のスキルが高いと、
その会社内では重宝されチヤホヤされますが、
いったん会社を出ると、価値がなくなります。

 

では、会社で得たキャリアを活かして
上手に転職したい人はどうすればいいかというと
こーゆーのが1つの参考になりますね。
>> ZUU Online(※あくまで参考です)

 

 

ちなみに僕(Masapon)みたいなタイプは
こーゆー日本の組織文化がどうしてもイヤで、
個人で生きる方針をとっているのですが、

 

これはこれでかなり茨の道なので、
誰にでもオススメはしません。笑

 

 

ただ、ある程度の英語スキルがあるだけでも、
かなり選択肢の幅は広がりますけどね。

 

海外でも働けるようになりたい、とか
通訳としてバリバリ活躍したい、とか
本格的なフリーランスで頑張りたいって人は
ガチで英語に取り組む必要があります。

 

 

そのために必要なのは、勉強法も大事ですが、
何よりも不屈の精神(マインド)が超重要です。

 

語学に限らず、人生の成功と失敗を分けるのは
9割がこのマインドにあると言っても過言ではありません。

 

 

そういうわけですので、
これからも共に英語を頑張っていきましょう。

 

英語以外にも、頑張りたい事があれば、
僕はあなたを心から応援しますが、
まずはマインドセットがとにかく重要です。

 

 

これは口だけではありません。
僕はリアルに読者の方一人一人の人生が、
より良くなって欲しいと本心から願っています。

 

あたかも「株式の相互持ち合い」のように、
ぜひあなたも身近な方々と応援し合い、
優しく支え合える関係を築いてみて下さいね。

 

それではまた。

 

 

>>前日のメルマガはこちら。

>>翌日のメルマガはこちら。

 

英語を自由に使いこなせるようになって、
豊かで快適な人生を送りたい・・・。

以前はそのようなビジョンを、
このブログの著者(英会話の伝道師・Masapon)も
胸に抱き続け、努力を重ねてきました。

 

5年の長期に渡る受験勉強、
アメリカ東海岸での留学経験を経て、
ようやく今、願ったライフスタイルを、
僕(Masapon)は叶えつつあります。

そしてこれからは、さらなる栄光の未来に向けて、
ドラクエ世界の如く、理想を目指す仲間を探すために
Webメディアの活動を継続・更新し続けています。

 

当ブログ「最強の日本人」には、
僕自身の過去の体験やそこから得た気付き、
学んだ知恵などが、数多く書き連ねられていますが、

ただ単にブログを読んでいるだけでは、
あなたは “人生を変えるほどの衝撃的な体験” は
おそらく味わえないはずです。


そこで僕の運営する「メールマガジン」が、
あなたの生き方の方針を定める上で、
大きな役割を果たすことでしょう。

 

メルマガ内では、英語初心者~中級者向けに、
『人生の壁を突破するための文法』の構築について、
濃密エピソードと共に語られていきます。

 

「英語を用いたこれからの仕事のあり方」
「英語と人生とを適切に結びつける発想力」
「人生の壁を次々と突破するための文法の正体」

「初心者が英語を話すまでの具体的な流れ」
「人生を勢いに乗せて、上手に波に乗るマインド」
「日本人ブランドを外国人相手に活かす技」


などなど、単なる商業的なメルマガではありません。
常に改良され、常に進化が果たされ続ける
世にも希少な「参加型メルマガ」ですので、
必然的に、貴方の人生とも結びつく事になります。

 

都合の良い、割り切った関係ではなく
共に成長できる仲間、長きに渡り助け合える関係を
僕はあなたと構築したいと考えています。

「最強の日本」に向けた理想を歩む侍たちを、
こちら側の世界で、こっそりとお待ちしてますね。

 

>> 最新鋭の英語術を習得し、人生の壁を突破する
(現在は全体チェックのため、登録のみ受付中。)

 

この続きは、メルマガ1通目にて。