どうも!Masaponです。

 

先ほどまで掃除&洗濯をし、
観葉植物に水をやっておりました。

 

それはさておき、
昨日にお送りしたメールの内容を、
覚えているでしょうか?

 

 

「逃避と冒険は違うぜ」という内容でしたが、
けっこう「グサッ!」て来た方も
多いんじゃないかなと思います。

 

というのも、英語を学ぶ目的って、
どうしても「日本を脱出し、海外に逃げたい
みたいな風になってしまいがちだからです。

 

似たような動機で学習をされている方は、
あたかも僕に “図星” を指摘されたがごとく、
拒絶反応を示したかもしれません。

 

 

もちろん「日本を脱出しよう」系の、
メッセージを発信してるインフルエンサーも
世の中にはけっこういます。

 

僕も幾度かそういう人々の情報発信を
これまで読んで、聞いてきましたし、
彼らの言ってる事は別に間違ってはいないです。

 

特に、有名人になればなるほど、
色んな人から誹謗中傷を浴びせられるので、
狭い日本を出て「自由」になりたいという人も
だんだん増えている傾向にあります。

 

 

・・・なので、Masapon自身も
英語系インフルエンサーを目指す身として、
そういう系の発信をした方がいいのかなぁと
迷った時期もありました。

 

 

ただ、自分の心と過去の経験と、
これまで見てきた光景に照らし合わせてみて、

 

それらの主張は「嘘」になると思ったのです。

 

 

なぜなら、僕が見てきた海外というのは
もちろん “開放的な側面” もありましたが、
それ以上に、現地の文化に合わせねばならない
「暗黙の了解」みたいなモノがあったからです。

 

つまり、ひとつの共同体を抜けたとしても、
その人が何かしらの共同体に属する限りは、
そこでのルールに合わせる必要があるんですよ。

 

 

あんまり詳しい事は言うつもりはないですが、
このあたりは、海外に住んだ事のある人なら
十分に実感していることでしょう。

 

ただし、そういった細かなルールを
すべて「無視」できる条件が1つあります。

 

 

・・・それは何か?

 

 

「お金」です。

 

 

 

身も蓋も無いことを言ってるように
感じるかもしれませんが、

 

「海外に脱出してウハウハ」系の主張をする人は
ほぼ全員、金持ちです。

 

当然、現地の高級なサービスも利用できるし、
いつでも日本に戻って来れるし、
いざとなれば通訳を雇うこともできます。

 

 

もちろん、生活費は極力抑えてるアピールを
するパターンもあるかもしれませんが、

 

現実を考えた時、現地の生活費が低いならば
当然ながら、収入も低くなりますよね。

 

 

逆に、現地の物価が高いのであれば、
給与水準も全体的には高いのです。

 

 

ただし、本人が株式や仮想通貨、
他もろもろの「資産」を持っている場合は、
この限りではありません。

 

放っておいても自動的に収入が入ってくるので、
現地でわざわざ働く必要もないからです。

 

 

十分に「資産」を築いている人であれば、
現地の面倒な風習に縛られる必要もないし、
悠々自適に世界中どこでも暮らすことができます。

 

多少、語学力に乏しかったとしても、
自宅で引きこもってれば良いだけの話なので、
余計な人間関係を築く必要もありません。

 

でも、そんなバックグラウンドをガン無視して、
特に富裕層でもない一般庶民が海外に飛んだら、
どうなっちゃいますか・・・? 

っていうお話です(笑)

 

 

まあ、ウワッと来る人もいるでしょうが、

 

一応、僕はかなり「現実的な話」を
しているつもりなんですね。

 

 

実際、この日本という国に未来があるのか?
と言うと、現実的には問題だらけで、
希望よりも絶望の方が勝っています。

 

会社に就職すれば老害が偉そうにしてるし、
表に出ないパワハラやモラハラも溢れていて、
家に帰れば介護問題、育児問題、その他諸々。

 

普通に働いていたら給料は頭打ちで、
年金も貰えず、スキルも身に着きにくく、
転職しても7割は待遇が悪化するという。

 

 

まあ、、、こうした状況下で、
「絶望するな」とか「逃亡するな」だなんて
言われる方が無理やろ…と思うかもしれません。

 

しかし、このような「ハードモード」の中で、
現代日本人は生きていかねばならないのです。

 

 

中途半端なスキルと資産で海外に脱出しても、
不慣れな環境下でどう生きていくか?
が、非常に重要となります。

 

たとえばITスキルなどに習熟している方なら、
パソコン1台で働くことも可能です。

 

が、そのまま年齢を重ねていき、
50代、60代以降になった時にも、
果たしてその働き方を維持できるかどうかは、
かなり疑問の余地があります。

 

そのあたりまで含めて、これからの時代は誰もが
自分の生き方(ライフスタイル)を真剣に考え、
いかに社会貢献をするかを考えるのは必須です。

 

 

誤解のないようにお伝えしますが、
僕は海外に行くなと言ってるわけではありませんし、
むしろ旅行や留学などは推奨しています。

 

ただ、そこに行く「動機」次第で
得られる結果はかなり変わってくるのです。

 

現地で成し遂げたい目標、縁を持ちたい人、
手に入れたいスキルや知識、経験したいイベント、
これらを設定せず、ただ現地に流されるだけでは
単に「あ~楽しかった!」で終わるだけです。

 

異文化を楽しむのは大いにけっこうですが、
その裏で誰がどんな犠牲を払っているかに
思いを馳せることも大事だよね、と僕は思います。

 

 

今の時代、ただ海外を経験しただけの人とか、
多少、英語力を高めただけの人なんて、
既にあっちこっちにいるんですよ。

 

「英語ができるだけ」のグローバル人材が
あらゆる企業に引っ張りだこになったのは
遠い過去の話です。

 

現代において、多少英語が得意なだけの人は
単なるコモディティ人材とみなされるので、
やるなら本気の覚悟を見せる必要があるのです。

 

そんな中で、僕らが英語を学びつつ、
それを人生でどう生かしていくかを考えるのは
切っても切り離せません。

 

 

僕が今こうして英語教育に携わっていますが、
自分にしかない「人生」と組み合わせた上で、
英語というものを考えて欲しいと思っています。

 

海外で活躍しているアスリートや歌手、
ダンサーなどは皆、自分にしかない武器を
世界にデビューさせたいと考えています。

 

海外で真剣に勉強を重ねる人は、
現地にしかない学びを得てそれを持ち帰る為に、
わざわざ日本を飛び出して生活をします。

 

こうした「動機」を明確に設定しない人は、
かつてのMasaponがした過ちのように、
周囲に流され、圧倒され、無力感に満たされて、
多少英語が得意になって、帰国するのです。

 

 

すでに自分のお店を持っているとか、
外国人のお客さんに囲まれているといった場合は
それでも十分に英語を活かせるでしょう。

 

しかし、そうでない場合。

 

自分の「生き方」が定まっていない状態で、
ただ “英語だけ” を必死で学んでいるというのは、
人生の課題からの逃げでしかありません。

 

それゆえ、英語を真剣に勉強しつつも、
日常生活のすべてを学びの題材として
何をどう生かすかを “考える” 必要があります。

 

 

僕やあなたが英語を真剣に学んでいる以上、
いずれどこかで海外とも縁を持つことになるし、
その時に海外移住も選択肢の1つになります。

 

が、その時に自分の「コア」が無かったら、
外国人から日本の文化・風習を尋ねられた際に、
気まずそうに目を逸らすしかなのです。

 

 

外国人から日本人が人気なのは、
単にマナーが良いとか、親切なのが理由ではなく
その背景にある重厚な歴史文化の壮大さです。

 

僕らが外国人と接する時、
過去の偉大な遺産を権威を借りていることは
常に意識しないといけないと思っています。

 

そうしたバックグラウンドを無視して、
「俺様は日本人だ!ひれ伏せ!」の態度で
世界からの反感を買ったのがバブル時代です。

 

 

・・・で、その結果として
現代の「落ちぶれた日本の姿」があるんです。
(別にバブルが悪いと言ってる訳ではありません)

 

このあたりは、僕も常に気を付けていますが
現役の世代として、未来の日本をどうするか、
どのように現状を改善していくかを考えるのは
社会人としての全員の使命ではないでしょうか。

 

そして、これらの複雑な諸問題は、
「たった1人の英雄」が解決する問題ではなく
日本人全員が知恵を寄せて解決策を導くための
「共通の課題」だと僕は考えているのです。

 

3人寄れば文殊の知恵という諺もありますし、
日本人の意識をしっかり集められれば、
その最適解も導き出せるはずです。

 

逆に、皆の意識がバラバラになってしまったら、
社会のあちこちで争いが起こるだけです。

 

 

あなたの人生は、あなただけの人生ではなく、
「日本全体の共有資産」であることを
意識の片隅にでも入れて頂ければ嬉しいです。

 

ただ、おそらく多くの人にとっては
すでに十分理解されていると思うので、
僕はこういう思いで活動してますよって事だけ
一応共有しておきたいと思ったのです。

 

たまに言っておかないと、
つい忘れがちになりますからね・・・。

 

 

「使命感」に基づいて人生を生きたい方は、
今後も僕の発信を読んでくれればと思います。

 

逆に「なんか偉そうなヤツだな」と思ったら、
遠慮なくメルマガは解除して頂いて構いません。

 

さて、なんだか昨日の18時過ぎから
やたらと左の肩甲骨が痛んでいるので、
僕は今から整体に行ってきます。それではまた。

 

 

>>前日のメルマガはこちら。

>>翌日のメルマガはこちら。

英語を自由に使いこなせるようになって、
豊かで快適な人生を送りたい・・・。

以前はそのようなビジョンを、
このブログの著者(英会話の伝道師・Masapon)も
胸に抱き続け、努力を重ねてきました。

 

5年の長期に渡る受験勉強、
アメリカ東海岸での留学経験を経て、
ようやく今、願ったライフスタイルを、
僕(Masapon)は叶えつつあります。

そしてこれからは、さらなる栄光の未来に向けて、
ドラクエ世界の如く、理想を目指す仲間を探すために
Webメディアの活動を継続・更新し続けています。

 

当ブログ「最強の日本人」には、
僕自身の過去の体験やそこから得た気付き、
学んだ知恵などが、数多く書き連ねられていますが、

ただ単にブログを読んでいるだけでは、
あなたは “人生を変えるほどの衝撃的な体験” は
おそらく味わえないはずです。


そこで僕の運営する「メールマガジン」が、
あなたの生き方の方針を定める上で、
大きな役割を果たすことでしょう。

 

メルマガ内では、英語初心者~中級者向けに、
『人生の壁を突破するための文法』の構築について、
濃密エピソードと共に語られていきます。

 

「英語を用いたこれからの仕事のあり方」
「英語と人生とを適切に結びつける発想力」
「人生の壁を次々と突破するための文法の正体」

「初心者が英語を話すまでの具体的な流れ」
「人生を勢いに乗せて、上手に波に乗るマインド」
「日本人ブランドを外国人相手に活かす技」


などなど、単なる商業的なメルマガではありません。
常に改良され、常に進化が果たされ続ける
世にも希少な「参加型メルマガ」ですので、
必然的に、貴方の人生とも結びつく事になります。

 

都合の良い、割り切った関係ではなく
共に成長できる仲間、長きに渡り助け合える関係を
僕はあなたと構築したいと考えています。

「最強の日本」に向けた理想を歩む侍たちを、
こちら側の世界で、こっそりとお待ちしてますね。

 

>> 最新鋭の英語術を習得し、人生の壁を突破する
(現在は全体チェックのため、登録のみ受付中。)

 

この続きは、メルマガ1通目にて。