こんばんは!

 

12/27からやり始めた
「サボリ癖を “撲滅” しようキャンペーン」
の一環として、

 

とりあえず1ヶ月連続でメルマガを送る、
というミッションに挑戦中のMasaponです。

 

とはいえ、最近ちょっと
配信時間が遅くなりがちなので、
明日からはまた早めに配信していきますね。

 

 

このメールマガジンの目的としては、
僕自身の理念となるビジョンを実現する過程で、
人生で得た学びを共有するためにやっています。

 

ただ、英語を学びたい方が圧倒的に多いのと、
僕自身も現在進行形で英語力を高める身なので、
まずは英語をしっかり極めてもらいたいなと。

 

そういう訳で、年末年始には
「目標設定」をメインテーマとして
何通かメールをお送りしていました。

 

 

ちなみに昨日の内容は、
僕が6日に伊勢神宮に参拝したら、
たまたま首相も来られた、というお話です。

 

個人的にはかなり嬉しい出来事だったので、
ついついメルマガで共有してしまいましたが、

 

僕にとっては、あたかも
このメルマガコミュニティ全体を
首相に “応援” されたような気分になったのです。

 

 

もちろん、与党がキライな人もいるでしょうが、
政治に関するご意見は人それぞれ異なるので、
僕も押し付ける感じの主張はしません。

 

 

というわけで、ここまでが
「前回までのあらすじ」です。

 

本日からは僕もようやく
関東(本拠地)に戻ってきたので、
本格的に活動を再開したいと思います。

 

 


2020年1月7日 日刊メルマガ
時間はいくらあっても足りないよね


 

先日、安倍首相は伊勢参拝の後に
こんなインタビューを残していました。

 

本年はいよいよ、半世紀ぶりに、
オリンピック・パラリンピックが、
ニッポンに、やってきます。

たとえば三重県の、ですね、
海女ツアーとかですね、
忍者体験などが、あー、地方が持つ、
豊富な観光資源、となると、思います。

まあそうした、全国に、
まだまだ眠っている、素晴らしい観光市場、
資源をですね、しっかりと、海外に、
PRをしていきたいと・・・

 

 

というわけで、この日本には
全国津々浦々に、素晴らしい観光地が
点在しているわけですね。

 

今年は東京五輪が開催され、
2025年には大阪万博も開催されるので、
外国人客は増加見込みが続いています。

 

自分の得意な英語を活かしたい、
というバイリンガルのニーズも高いですが、
そのために英語を新たに学び始めたという人も
僕の見る限り、かなり増えています。

 

 

日本の観光地を海外から訪れる人々を
通称「インバウンド観光客」と呼びますが、

彼らが日本に来る目的は、時が経つにつれて
ちょっとずつ変化を起こしています。

 

いわゆるモノ消費、コト消費に続いて
最近では「トキ消費」というキーワードも
登場していたりします。

 

 

「モノ消費」は、日本で物を買うため。
「コト消費」は、日本独自の体験価値を得るために
海外からわざわざ来る現象を指しますが、

 

この「トキ消費」というのは、
コト消費にさらなる “限定性” を加え、

 

「今、ここでしか体験できないこと」
味わうために観光客が来ることを指します。

 

 

これは情報堂生活総合研究所の出している
キーワードの1つですが、

 

単に日本のサービスを味わうのではなく、
例えば春なら春、冬なら冬の期間限定イベントに
自分もこのタイミングで参加したい!
という思いをもって来日するわけですね。

 

この時でしか味わえない体験、
すなわちこれが「トキ消費」です。

 

 

これはあくまで全体の流れであって、
全ての外国人客に当てはまる訳ではありません。

 

が、こういった裏の流れを掴んでおくと、
彼らに英語でおもてなしをする際にも、
けっこう役にたつはずです。

 

 

すなわち彼らは、今しかない “流れ” があれば
それに積極的に乗りたがる傾向があります。

 

 

安倍首相は、先のインタビューにおいて
「地方観光の特別なPRを打ち出す」
といったことを匂わせていましたが・・・

 

おそらく、そういった流れを踏まえた上で
瞬間的にイベントを盛り上げる感じを
今後は積極的に出していくかと思われます。

 

 

ちなみに、そういった「流れ」や「波」を
適切なタイミングでとらえて勢いに乗れる人って、
普段から自身も波に乗っている人なんですよね。

 

(おっ、なんだか “良い流れ” が来ているな……)

(この “波” には乗っておくと良い予感がする…)

 

といった風に、潜在意識で常に判断して
世の中の「流れ」に敏感な性質があります。

 

 

これは勉強面でも同じことが言えて、
良質な学習ができる人とそうでない人って、
割と「勢い」に差がある場合が多いです。

 

同じ教材、同じ講師、同じ学習スタイルで
似たような勉強をしているにもかかわらず、
結果を出せる人と出せない人とに分かれます。

 

本人は「なぜだ!」と悔しがるのですが、
実際、周りから見ていると
勢いに乗れている人と、そうでない人とでは
明らかに何かが異なるわけですね。

 

 

それは、「勉強のノウハウ」とか、
「勉強法」みたいな言葉では
ちと説明するのが難しいです。

 

どちらかというと、
「あの人は勢いがあるね😉」とか、
「あの人は流れに乗っているね😄」みたいな、
抽象的な表現の仕方をすることが多いです。

 

 

僕自身、過去の勉強においては
そういった現象を幾度となく経験しています。

 

これは、ギャンブルなどをやる人だったら
おそらくかなり実感することでしょう。
(僕は滅多にやらないので詳しくは分かりませんが…)

 

 

たとえば「麻雀の鬼」と呼ばれる人の著書を
僕は以前に読んだことがあるのですが・・・

 

麻雀というのは、単なるコマの良し悪しではなく
その背景にある「流れ」を感じ取り、
どこで勝負に出るかが運命の分かれ目だと。

 

その結果として、「麻雀の鬼(雀鬼)」は
20年間無敗という圧倒的な記録を打ち出し、
その伝説は今もなお残っています。

 

 

こんな風に、「全てに共通する成功法則」
みたいなものが、世の中にはあるわけですね。

 

それゆえ、僕がやたらと神社に参拝しているのも
そうした「目には見えない流れ」を強く意識しているからです。

 

 

もちろん、そうした方向に偏り過ぎて、
普段の勉強(ルーティンワーク)が
疎かになっては意味がありません。

 

文法をはじめとする理論を一通り押さえつつも、
その上で「勢い」に乗れているかどうかを、
日頃の学習で、僕らは意識する必要があります。

 

 

かなり抽象的な内容を話しているので、
モヤモヤするかもしれませんが、、、

 

もし、モヤモヤしているのであれば
それは今後の成長の原動力となりますので、
今は安心してもやもやしててください笑

 

 

なので、普段からの時間の使い方、
すなわちタイムマネジメントというのは、
意外と「奥が深い」のです。

 

 

スキマ時間を活用するのは大前提で、
そこにいかにして「勢い」を乗せていけるか、
そこらへんを意識してみて下さいね!

 

もし、「自分は過去にこんな勢いに乗った❣」
みたいなエピソード等がありましたら、
質問や返信など頂けましたら嬉しく思います。

 

本日はこのへんでメルマガを終わりますが、
明日以降、僕もどんどん勢いに乗っていくので
ぜひ一緒に成長を果たしていければと思います。

 

それではまた明日👐!

 

 

>>前日のメルマガはこちら。

>>翌日のメルマガはこちら。

 

英語を自由に使いこなせるようになって、
豊かで快適な人生を送りたい・・・。

以前はそのようなビジョンを、
このブログの著者(英会話の伝道師・Masapon)も
胸に抱き続け、努力を重ねてきました。

 

5年の長期に渡る受験勉強、
アメリカ東海岸での留学経験を経て、
ようやく今、願ったライフスタイルを、
僕(Masapon)は叶えつつあります。

そしてこれからは、さらなる栄光の未来に向けて、
ドラクエ世界の如く、理想を目指す仲間を探すために
Webメディアの活動を継続・更新し続けています。

 

当ブログ「最強の日本人」には、
僕自身の過去の体験やそこから得た気付き、
学んだ知恵などが、数多く書き連ねられていますが、

ただ単にブログを読んでいるだけでは、
あなたは “人生を変えるほどの衝撃的な体験” は
おそらく味わえないはずです。


そこで僕の運営する「メールマガジン」が、
あなたの生き方の方針を定める上で、
大きな役割を果たすことでしょう。

 

メルマガ内では、英語初心者~中級者向けに、
『人生の壁を突破するための文法』の構築について、
濃密エピソードと共に語られていきます。

 

「英語を用いたこれからの仕事のあり方」
「英語と人生とを適切に結びつける発想力」
「人生の壁を次々と突破するための文法の正体」

「初心者が英語を話すまでの具体的な流れ」
「人生を勢いに乗せて、上手に波に乗るマインド」
「日本人ブランドを外国人相手に活かす技」


などなど、単なる商業的なメルマガではありません。
常に改良され、常に進化が果たされ続ける
世にも希少な「参加型メルマガ」ですので、
必然的に、貴方の人生とも結びつく事になります。

 

都合の良い、割り切った関係ではなく
共に成長できる仲間、長きに渡り助け合える関係を
僕はあなたと構築したいと考えています。

「最強の日本」に向けた理想を歩む侍たちを、
こちら側の世界で、こっそりとお待ちしてますね。

 

>> 最新鋭の英語術を習得し、人生の壁を突破する
(現在は全体チェックのため、登録のみ受付中。)

 

この続きは、メルマガ1通目にて。