こんにちは。
英会話の伝道師・まさぽんです。

 

いきなりですが、僕は普段、
日常生活で英語を使いまくって、
楽しく刺激的で充実した日々を過ごしています。

 

具体的には、英語スキルを活かし、

  • 世界の最先端情報に触れる
  • 海外のSNSで外国人と情報を交換する
  • ネットで知り合った外国人と会って話す
  • 英語を使った対面仕事に携わる
  • 完全在宅で水準の高い給与を得る

といったことをやっています。

 

たまーに手伝う接客業では、
外国人対応を任されたりもしますが、
大体はプライベートで楽しみながら
ゆるゆると英語を使う日々です。

 

自宅から出なくても、
現代はアプリで外国人と関われるので、
チャットからSkypeに誘導して、
外国人の集まるスポットなどを紹介されたり、

 

各種の海外ニュースを1日10件ほど漁り、
日本では報道されない英語圏の情報について
勉強を兼ねて、触れ回っていたりします。

 

また、余った時間を使って
このブログ記事を更新したり、
noteやTwitter、メルマガを書いたり、
英語学習者のサポートをしてもいます。

 

そのすべてに「英語」が絡んでくるので
自分の英語力は常に磨き続けており、
最近では英検1級・TOEIC950点を目指して、
スキマ時間でガチ勉強をしています。

 

↑最近購入した書籍。ほとんど英語関連で、送料込で5万円くらいでした(笑)

 

なので、僕の情報を真剣に追い続けた人は、
今の僕と同等か、「それ以上」のレベルで
理想的なバイリンガルライフスタイルを
送ることになることでしょう。

 

行き着く先は、通訳家や翻訳家、
または世界中を飛び回る旅行家や冒険家、
海外生活を満喫する、悠々自適な人生・・・。

 

世界中が味方になったような自由に加え、
意義深い仕事で毎日充実感に満たされるような

幸福度の高い人生を実現できるんです。

 

僕もこれからどんどん理想を実現していくし、
今ならば世界のどこに住んだとしても、
現地で生計を立てられる自信はあります。

 

 

ただ、こんな僕も、今より若い頃は、
割とどうしようもない生活をしていました。

 

元々は頭も悪く、機転も利かず、
高校時代は遅刻・早退が当たり前の生徒。

 

定期テストではカンニングがバレて
3日間の停学を喰らい、親を学校に呼び出され、
対人コミュニケーション能力も低いため、
バイト先の先輩にはいつもダメ出しを喰らう。

 

そして何よりも、
勉強が大嫌い」だったのです…。

 

そんな絶望的人生から脱却し、
憧れのバイリンガルになるまでのストーリーは、

これから紹介するメルマガでも語っているので、
興味のある方は、読んでみてはいかがでしょう?

 

メルマガ “The Planet Japan” に参加し、
まさぽんの人生ストーリーを読んでみる

購読はすべて無料です。プレゼント書籍はメルマガ登録後に送られてくる1通目のメールのリンクから受け取れます。メルマガの解除はメールの末尾からワンクリックで簡単にできます。ご記入頂いた個人情報は、プライバシーポリシーに基づき、厳重に保管致します。

 

地獄の受験勉強からのアメリカ留学

 

高校生時代のまさぽんは、
グータラ寝てばかりの日々を送っており、
勉強なんて、ほとんどやりませんでした。

 

サボリにサボリを重ねた高校生活のツケで、
その後の浪人生活は地獄のような生活です。笑

 

勉強しようにもモチベーションが上がらず、
何度講義を聴き直しても理解が進まず、
机に突っ伏してガン寝を繰り返して鬱になる、
そんな「劣等生」として過ごしていました。

 

 

狭い場所に缶詰のように閉じ込められて、
ひたすら勉強をするだけの日々・・・。

 

僕がようやく大学へと進学を果たした時には、
すでに5年間もの歳月が経過していたのです。

 

当時は23歳という年齢で、
周囲の学生とは雲泥の差がありました。

 

が、未来に希望を捨てていなかった僕は、
「人生ここからでしょ!」と開き直り、
大学では勉学に励むことを決意します。

 

ひたすらスキルアップに励んだ大学1年生の秋、
大学主催の留学プログラムの案内が、
僕の元へ届きました。

 

行先は、アメリカ東海岸のボストン。
空気が冷たい港町で、古い趣を感じる建物が
数多く点在する、知的な場所でした。

 

 

「これは運命からの招待状に違いない・・・」

そう確信した僕は即、面接に申し込み、
ドキドキしながら教室のドアをノックし、
2人の面接官に、たどたどしい英語で
質問に答えていった結果…

 

運良く合格を果たし、
完全に舞い上がった僕は、

 

「遂に海外デビューだ!」
「英語をペラペラになって帰ってくるぜ!」

と、周囲の学生達に宣言して回っていました。

 

しかし

 

いざ、アメリカへと飛び立った
大学2年生の8月後半。

 

それまでずっと勉強してきた英語が
現地ではほとんど通用しない、、、
という「試練」が僕を待っていたのです。

 

カフェで注文しても、店員の英語が聞き取れない。
バスに乗っても、降りる場所がよく分からない。
携帯電話を買おうにも、SIMカードが使えない。
クラスメイトと交流をしようにも、話題がない。

 

今、改めて振り返ってみると、
相当ヤバイですね・・・(笑)

 

もちろんこれらの他にも、
「まともな英語」が使えなくて

苦労をした経験は、数え切れませんでした。

 

 

いったい、これまで、
自分が必死で学んできた英語は
何だったのか・・・!!

 

と、悔しい気持ちになりつつも、
当時はボストンで死ぬほど英語の勉強をし、
ひたすら喋る機会を増やしました。

 

英字新聞を毎朝声に出して読んだり、
mp3プレーヤーに音声を入れて聞いたり、
交流イベントがあれば即、参加したり。

 

当時は必死で努力をしなければ
振り落とされてしまうような環境だったので、
死にそうになりながら頑張ったものです。

 

その甲斐あって、今では僕も
英検準1級~1級レベルの実力を
安定して確保できています。

 

そんな経験をして強く感じたこと。

 

「英語の上達に、魔法のようなやり方はない」

 

ということです。

 

以前の僕は、あれこれ英語情報を漁り、
怪しげな教材にも振り回されていました。

 

しかし今では研究に研究を重ね
「確実に英語を上達させる正当ルート」を

僕は常に磨き上げてきました。

 

そこから得た知見をメルマガ講座にて
1日1通ずつ、配信しているので、
英語に困っている人にはかなり有益です。

 

内容はけっこう生々しい物語も含まれており、
僕の人生を「追体験」できる仕様になっています。

 

迷走し続ける日本の英語教育・・・

 

あなたも薄々、
感じているのではないでしょうか。

 

ここ30年間の日本の英会話教育は、
ずっと「迷走」し続けていることを。

 

学校教育は先生の当たり外れも大きく、
日本の学力格差は拡大を続ける一方です。

 

かといって民間の英会話業者も、
あちこちに似たようなスクールが立ち並び、
どれを選んで良いのかも、判断がつきません。

 

また、最近の英語業界の流れとして・・・

 

ネイティブの英語表現を
ひたすら生徒に真似させる訓練法

 

が、流行っているのですが、
実はこれって、大きな問題があります。

 

特に、「英語の初級者」にとっては、
ひたすらネイティブの真似をさせるのって、
あんまりよくないやり方なのです。

 

 

なぜなら、基礎を軽視して、
いきなりネイティブの英語を習得することは
ほぼ不可能だからです。

 

仮にテストでは点数が取れたとしても、
どこか「ハリボテ」のような実力で、
もろく崩れ落ちやすい、という特徴があります。

 

それではいったい、
こうした英語教育の何が問題なのか?
というと、

 

「なんとなく英語ができる気はするけれど、
 なぜ自分ができたのか分からない・・・」

 

という生徒をたくさん
生み出してしまうのです。

 

 

すなわち

 

英語がもともと得意だった人達は
初めから終わりまでずっと得意でいられ、
英語を好きでい続けられますが、

 

そうでない「英語苦手組」は、
英語を上手になりたいと思っているのに、
努力をしても思うようにテストで点が取れず、

 

英語が苦手な理由もわからないまま、
誰に頼ればいいかもわからずに、
ただただ “放置” されてしまう。

 

「英語が得意な人」と、
「英語が苦手な人」との差が、
どんどん広がり続けてしまうのです。

 

 

もしも、このまま日本の現状を放置すれば、

 

グローバルの波に上手く乗れる人と
世界の流れから取り残される人との間に、

 

ますます情報格差や賃金格差が広がることは、
言うまでもありません。

 

そんな未来を「変えたい」と思い、
僕は『本物志向の英語初級者』向けに、
本気でメルマガを書くことにしたのです。

 

なぜ、いつまでも英語が上達しないのか?

 

現代の英語学習において、
学力格差が広がったまま止まらないのは
いったい何が原因なのでしょうか?

 

僕はその最大の原因は、
「真の英文法教育の欠如」
だと考えています。

 

今の日本人は、昔の英語教育のような
「英語の本質的なルール」
を正しく学べている人は非常に少ないです。

 

ここでいう「昔」とは、
平成とか昭和というレベルではなく、
もっともっと昔のことです。

 

江戸時代後半、日本が開国する前の段階では、
本来の日本人の才能を誰もが発揮しており、

日本人に合った “正しい勉強法” が
脈々と受け継がれていた時代でした。

 

しかし、それらの本当の教育は
ずっと昔に、失われてしまったのです。

 

かつて存在していた「真の教育法」を失った
現代の日本は、英語が得意な人であっても、
「自分がなぜ得意なのか」を説明できません。

 

逆に、英語が苦手な人は、
いったい自分のどこに “本当の原因” があって、

どこを改善すればいいかも分からず、
暗闇の中を手探りし続けています・・・。

 

 

僕はこれまで多くの英語学習者と話す中で、
この日本の英語教育の現状を深く観察し、
表には出ない「数々の問題」を発見してきました。

 

そんな中で、僕は気付いたのです。

 

英語の達人が共通して持っている
“英語特有のルール” や “英語の考え方”
を、きちんと身に着けさえすれば、
そんな問題は、まず起こらないのだと。

 

あなたが悩んでいる問題の多くは、
正しく「英文法」を学ぶことさえできていれば
いとも簡単に解決できるのです。

 

僕自身も、文法に習熟しているし、
英語が上手になった人がほとんど全員、
事前に英文法をマスターしていることが、
何よりの証拠です。

 

ちなみに「文法」といっても、
小難しくて細かくて、取っつきづらいだけの
『大学受験用の英文法』ではありません。

 

もっと本質的で、やってて面白いと感じ、
会話にもライティングにも応用できて、
自分のレベルアップを着実に実感できる、
「実用的な英文法」のことを指します。

 

そして僕自身、普段から英語を使って
日常生活を送り続けているので、

 

いったい英文法がどう使われるのか、
学校や塾で習った知識をどう生かせば
英語が本当の意味で上達するのかに関しては
よーく知っています。

メルマガ読者が得られるもの一覧

 

僕はこのブログ内でも
重要なことをたくさん語っていますが、

 

本当に僕が読者に伝えたい話については、
メールマガジンで1日1通ずつ、
順番を追ってお送りしています。

 

たとえばこんな感じで。

 

メルマガ講座 “The Planet Japan”の内容


1通目:最速英語学習のための「全体ロードマップ」

2通目:「人生の壁を突破する文法」の正体

3通目:「日本で英語を極めた達人達」のエピソード

4通目:あなたの人生の「本気の夢」を叶える方法

5通目:あなたの過去のトラウマを除去する方法

6通目: ???

7通目: ???

8通目: ???

(以降、全18通)

 

僕はいきなり「英語の勉強法」を
あなたに教える訳ではありません。

 

「ただの勉強法」もずっと重要な
「根本的で本質的な英語の本質」について
じっくりと語るスタンスを取っています。

 

すべての文章を真剣に書いているため、
英語学習に真剣に取り組んでいる人には

どれも心に響く内容になっています。

 

中には積極的に返信をくれる方もいて、
僕自身も自分の読者の方々とは
毎日のようにやり取りをしています。

 


(メルマガ読者との過去のやり取りの一部)

 

もちろん、英語力を上げるためには
「英語の勉強法」それ自体も大事ですが、、、

 

そんなものはネット上で検索すれば、
いくらでも情報が出てくる時代なのです。

 

だからこそ、僕はあえて
いきなり「勉強法」をお伝えしません。

 

僕があなたに「英語の勉強法」や
「おすすめの英語の参考書」を紹介する時、
そこには一定以上の責任が生じます。

 

責任を感じているからこそ、
いい加減な事は言えないのです。
(それが本来なら当たり前ですが)

 

万人に適した参考書や問題集など、
この世の中にはないのです。

 

僕自身、ネットに書かれた情報をアテにして、
数多くの参考書や問題集に触れた過去があります。

 

しかし、中には相性の悪いものがあったり、
優良と呼ばれる参考書でも使い方を間違えるなど、
数多くの失敗経験を重ねてきました。

 

だからこそ、
僕が英語のアドバイスをする際は、
一人一人違った言葉を投げ掛けています。

人によって「英語の学習段階」も違えば、
「元の能力値」や「勉強に対する意識」も違うし、
「その時の精神状態」や「周囲の環境」によって、
伝えるべき言葉はまったく異なるからです。

 

英語の勉強法について悩んでいる人は、
僕は時々、個別で相談会なども開いているので、
それに勇気を出して参加してもらえれば、
有益なアドバイスを得られるはずです。

 

ただし、メルマガを読んでいるだけでも
下記の情報をあなたがGETすることはできます。

 

  • 現代のグローバル社会で英語を使って生き抜く秘訣が分かる
  • 英会話の伝道師の濃密な人生ストーリーから学んだ知恵が分かる
  • 「普通のサラリーマン」というキャリアに英語スキルをプラスできる
  • 世間一般の固定観念を打ち砕くための発想力を得られる
  • 何をやっても英語力が上がらない状態を抜け出す秘訣を知る
  • 「そもそも英語を学ぶ本当の目的とは何か?」に究極の答えが出せる
  • フレーズ暗記やシンプル英語がなぜマズイのか、「本当の理由」が分かる
  • 文法を学べば学ぶほどドツボにハマってしまう状態の脱却法が分かる
  • 英語を題材とした、人生全般のQOLを高めるお話を色々と聞ける
  • コミュニケーション重視の英語教育が抱える根本的な問題が分かる
  • 孤独で寂しい英語学習から抜け出し、モチベーションが無限に増大していく
  • 英会話を通じた国際交流に不可欠なエネルギーを共有できる
  • 日本人らしさを存分に活かした「本質的な英語力の養い方」が分かる
  • 1つの会社に縛られない、英語を使った現代的な働き方が分かる
  • 国際社会で日本を引っ張っていく「リーダーとしての立ち居振る舞い」が分かる
  • 留学に行かなくても日本で実用的な英語を極める方法が詳しく分かる
  • 気取らず、無理をしない “自然体のバイリンガル感覚” をインストールできる
  • まさぽん自身も学び続けている「最先端の英語学習の理論体系」が分かる
  • 今の年齢を度外視して≪理想の人生≫にコミットできるようになる
  • 「教材を買うけど結局いつもやらない…」という悪癖から抜け出せる
  • ついやりがちな「間違った勉強の仕方」を一瞬で見分けられるようになる
  • 「英語のテストで点は取れるが、会話ができない」という悩みを解決できる
  • 「英会話はできるが、テストだと全然点が取れない」という悩みも解決できる

 

などです(一部のみ紹介)

 

ただし、このメールマガジンは、
「英語初級者」限定となっておりますので、
既にTOEIC700点以上を持っている人には
適切でない内容も含まれる事を、ご了承ください。

 

これから英語を真剣に頑張りたい初級者の方や、
既に教材に取り組んでいるけど伸びない方が
僕のメルマガの対象者としては「最適」ですね。

 

“The Planet Japan” に参加し、
己の「人生」を懸けた挑戦をする

購読はすべて無料です。プレゼント書籍はメルマガ登録後に送られてくる1通目のメールのリンクから受け取れます。メルマガの解除はメールの末尾からワンクリックで簡単にできます。ご記入頂いた個人情報は、プライバシーポリシーに基づき、厳重に保管致します。

こういう人はメルマガを読むべし

 

英語学習で迷っている方全般に向けて
このメルマガは書かれていますが、
「特にこういう人に読んで欲しいなー」
といった対象者を、下記に記しておきます。

 

  • 英語が好きだけど、基礎力がいまいちなのでやり直したい人
  • 独学で英語を頑張ってきたが、一向に実力の伸びを実感できない人
  • 「フレンズ」などの海外ドラマで英語を学ぼうとしたが、英会話が上達しない人
  • 中学時代の英語の先生が合わず、それ以来ずっと英語が苦手な人
  • 英単語を覚えてもすぐ忘れてしまう人
  • 身近な英語仲間とは話が合わず、学習が上手くいかない人
  • 参考書を買ってもうまく勉強できない人
  • 英文法の基礎から英語をやり直したい人
  • フレーズ集の英語学習に挫折したことがある人
  • 人生を良い方向に変えたいけれど、なぜか変えられずに悶々としている人
  • 海外の動向に興味があり、いつか移住を経験してみたい人
  • 現時点で海外にいるが、英語を思ったように使えず苦労している人
  • 忙しい日常生活の中で時間を縫って、効率的に英語を学んでいきたい人
  • 仕事終わりにもう一発、英語学習のモチベーションが欲しい人
  • 「ごく普通のサラリーマン(主婦・学生)」という状態から一歩抜け出したい人
  • 時間がかかってもいいから、確実に英語力を伸ばしていきたい人
  • 学習を継続する力を身に着けたい人
  • 向上心はあるのに、それを燃やすための場が見つからない人
  • 実際、そう簡単には英語ペラペラにはならないことを知りつつも、内に秘めた理想に向けて、健気で地道な努力を続けられる人

 

あなたが上記のいずれかに該当していたら、
僕のメルマガで英語を学んでみると、
高い効果を発揮する可能性があります。

 

こういう人は読まない方が良いです

 

僕自身、一人一人に心を込めて
英語を基礎から教えている身なので、
メルマガの読者も真剣な方々ばかりです。

 

なので、たとえば以下のような
「英語学習に不向きな5つのタイプ」は
僕のメルマガは購読しない方が良いでしょう。

 

【タイプA】
“お客様精神” が全開な人

僕はこのメルマガを主催するにあたり、読者の方々を「お客様」とはみなしません。あくまで同じ理想を目指し、共に手を取り助け合う「仲間」だと考えているので、一方的なワガママを言い始めたり、不満や文句が多い人、場の風紀を異常なレベルで乱す人には、即座に退場して頂きます。

【タイプB】
“社会貢献” への意識がない人

世の中のニュースを見ていると、「最低限の道徳心」を持たない人が多いようです。特にインターネットは匿名社会なので、「悪いことをしてもバレなければ大丈夫」と思う人も少なくはありません。しかし自分の住んでいる国や社会なのですから、自分がした悪事はいずれ自分に返ってきます。「自分さえ良ければいい」ではなく、「自分には理想の社会を築く責任がある」という自覚は、すべての大人が持つべきだと僕は考えています。

【タイプC】
英語ができない人をバカにする人

たまにいるのですが、自分は英語が得意だからといって、英語が苦手な人をバカにしたり、初心者に妙なマウントを取ったりする悪質なバイリンガルがいます。自分の能力を他人に誇示して劣等感を紛らわせようとするのが特徴ですが、こういうタイプの人は、他者の足を引っ張り、英語学習者全体のイメージを悪くするので、コミュニティには相応しくないタイプの1人です。

【タイプD】
勉強に時間をほとんど割こうとしない人

英語や英会話というのは「スキル」ですから、その習得には当然、それなりの時間やエネルギーを投資することが必要です。しかし、一旦「1日10分で英語マスター」などの業者の謳い文句を信じてしまうと、スキル習得に必要な本来の心構え(マインドセット)が消え去ってしまうので、英語の知識がスムーズに入っていきません。勉強の姿勢にそもそも問題がある人は、英語を学ぶ前にまず、自分に厳しくする決意を立てることを強くお勧めします。

【タイプE】
“最低限のマナー” を持たない人

僕らが住んでいる日本という国には、世界でも有数の恵まれた環境があります。しかしその環境を生かせるのは、きちんとマナーや礼節を守り、目の前の相手を尊重できる人だけです。最低限の礼儀を持たない人が英語を学んでも、このコミュニティから得られるものは少ないでしょう。

以上、ちょっと厳し目の条件に
感じたかもしれません。が・・・

 

僕もメルマガコミュニティの管理人として、
真剣な英語学習者に対しては、
「真剣な学習の場」を提供する使命があるため、
「適切な人だけ」を残す方針を取っています。

 

ここに書かれている内容は、
一般的な社会人であれば誰もがしていることで、
決して難しくはないはずです。

 

もちろん、真剣な学習者にとっては
メリットしかないコミュニティなので、

その点は安心してご利用ください!

 

メルマガ購読に関するQ&A

 

Q)英会話をどうやって習得できるのですか?

A)まず、本質的な意味での「英会話」は、短期間(2~3ヶ月など)では習得できないことが前提です。
なぜなら英会話とは英語スキルの中でも応用的なものなので、まずは基礎を徹底して身に着けた人でなければ、非常に非効率的な学習(ひたすら暗記するだけ等)を強いられます。そうしたネイティブ式の学習プロセスを経ても、初心者は英語を思うように話せるようにはならず、覚えては忘れ、覚えては忘れ、いつまで経っても同じ場所に留まり続けてしまうのがオチです。

英会話の伝道師・まさぽんのアプローチはもっと本質的で、まずはバイリンガルの誰もが持っている基礎知識を習得し、ハイレベルな英語力(TOEIC900点など)の前提となる基盤を徹底的に強化します。そこから徐々にアウトプット能力を高めていき、英語を日常で使うことに慣れて頂きます。また、途中で英語に挫折しないためのマインド強化や、学習面における重要法則などもメルマガ内で共有していくため、「英語力のみならず頭脳全般が明晰になる」という副次的効果もあります。

 

Q)ネイティブから英語を学んだ方が近道なのでは?

A)いいえ、日本語圏は欧米圏とは異なりますので、逆に遠回りです。ただのネイティブ(アメリカ人、イギリス人等)から英語を学んでも、元々持っている前提(知識や常識、文化背景)が大きく違うことを痛感します。
ヨーロッパの人々は、自国の言語と英語のシステムが非常に近いため、ただドラマや映画を見ているだけでも英語を上達させられますが、日本人をはじめとするアジア圏はそれには当てはまりません。
日本人には日本人専用の英語の学び方があります。そのやり方でしか、生粋の日本人は英語を習得することはできません。「ウソだ!」と思うのであれば、一度海外に行き、辞書を片手に現地生活にドップリと浸かってみると良いと思います。元々基礎力の高い人以外は、2年、3年経っても英語をスラスラ話せるようにはならない可能性が高いでしょう(実際そういう人はたくさんいます)。

 

メルアドを登録するのは何となく怖いです…。

本メルマガ講座 “The Planet Japan” にメールアドレスを登録された場合、データはプライバシーポリシーに基づき、暗号化の上厳重に保管されます。
また、メルマガ登録によって迷惑メールが届くことは一切なく、解除もメルマガ末尾のリンクをクリックすれば一発で可能です。購読にはお金もかからず、無料で英語力アップの秘訣を学ぶことができます。過去には1500名以上が購読してきたメルマガですので、ご安心下さい。

 

まさぽんが貴方に伝えたい「理念」

 

僕が当ブログ『最強の英会話人』
を立ち上げた最大の動機として、

“日本を強い国家にしたい”

という想いがありました。

 

そして、その理念の実現のためには、
今の日本の社会人が、もっとグローバルに適応し、
英語を堂々と駆使して、世界に飛び立つことが
必須条件の1つです。

 

 

しかし、僕が物心ついた時には既に、
世の中は不景気で未来が見えず、
頑張って働いてもリストラの嵐が吹き荒れるなど、
暗いムードに満たされていました。

 

日本製の携帯電話は「ガラパゴス」と呼ばれ、
遂には国際社会から淘汰されてしまったし・・・

 

かつて栄華を誇った日本の技術力も、
今では海外企業に次々と買収されたり、
技術者を引き抜かれたりしています。

 

「ユニコーン」と呼ばれるベンチャー企業は
日本は世界でも圧倒的に数が少なく、
中国とアメリカに主導権を奪われています。

 

これらの事実と、日本人が英語が苦手なことは
決して無関係ではないと僕は思います

 

ただ、現代の日本がこれから先、
グローバルに強い国家になるというのは
並大抵のことではありません・・・。

 

そのために、まずは僕ら一人ひとりが
自分に合ったやり方で文法を基礎から学び、
英語に対する苦手意識を取り除くこと。

 

これをスモールステップとしながら、
やがては全員が英語を軽々と習得し、
やがては日本という枠を超えて、
自分の可能性を追求して欲しいのです。

 

「言語の壁」を打ち破ることで、
あなたはそれまで見えなかった
広い世界が見えるようになります。

 

僕が英語を学んで良かったことの1つとして、
「視野が広がった」ことが挙げられます。

 

つまり、自分の価値観が全てではなく、
世界には面白い考え方や発想をする人が
あちこちにいることを知ったのです。

 

こうした “気付き” は、英語を学んでいなかったら
決して得られなかったものでしょう。

 

もちろん、外国人との交流だけでなく、
世界最先端の情報を自在に手に入れるためにも、

英語というスキルは欠かせません。

 

仕事で英語を使うも良し、
プライベートで楽しむも良し、
本物の英語力があれば、あなたの可能性は
無限大に広がっていきます。

 

そうして自分の本来の可能性を追う人が
一人でも多く増えていけば、
きっとこの社会も良くなることでしょう。

 

ここまであなたが読み進めているのも
何かの「縁」があるからだと思います。

 

今、あなたの目の前に
このメルマガコミュニティが現れたのも、
決して偶然なんかではないのです。

“The Planet Japan” に参加し、
己の「人生」を懸けた挑戦をする

購読はすべて無料です。プレゼント書籍はメルマガ登録後に送られてくる1通目のメールのリンクから受け取れます。メルマガの解除はメールの末尾からワンクリックで簡単にできます。ご記入頂いた個人情報は、プライバシーポリシーに基づき、厳重に保管致します。

できる人は「即決断&即行動」

 

この文章を読んでいる時間にも、
刻一刻と僕らの寿命は縮まっています。

 

「人生100年あるからなんとかなるさ」
といってのんびりしていては、
あっという間に5年、10年が経過していきます。

 

これからの時代は終身雇用も消え、
年金などの国の保障にも頼れませんから
スキルアップが命となるのです。

 

あなたがスマホのゲームをしている間に、
他の人は必死で英語を学び、
全力で夢に向かって走り続けています。

 

1日はたったの【86,400秒】しかありません。

 

この文章を読んだ時間を仮に10分とするなら、
あなたは既に【600秒】を失っています。

その時間を無駄にするのか、
確実に人生に活かすかはあなた次第です。

 

どうせここまで読んだのなら、
本気の英語学習の第一歩を、
今こそ、踏み出しましょう。

 

あなたがその勇気ある一歩を踏み出した時、
僕は全力であなたを理想に導き、
本物の英語学習を提供することを約束します。

 

今、どれほど英語に悩んでいたとしても、
その根本原因を必ず特定し、
正しい学習ルートを歩んで頂きます。

 

もう一度言いますが、
このメルマガは「真剣な人」が読む分には
一切のデメリットは存在しません。

 

つまり、あなたが真摯でマナーのある
優良読者の方であればあるほど、
大きな得をする、ということです。

 

今こそ集中して英語を基礎から学び直し、
本格的にバイリンガルとしてデビューすれば、
やりたい仕事に就くことができます。

 

年齢や経験なども考慮はされますが、
今後の時代は「人生100年プラン」が前提なので、
先を見て素早く行動できる人が圧倒的に有利です。

 

何かを真剣に学び、スキルアップするのに
あなたが何歳だろうと、関係ありません。

 

僕は心より、あなたの挑戦を
応援しています。

 

The Planet Japan 主催者
英会話の伝道師・まさぽん

 

The Planet Japanとは / プライバシーボリシー / 利用規約