こんにちは、まさぽんです。

 

僕がよく聞かれる質問の1つに
「おすすめの参考書はありますか?」
というものがあるんですけど

 

これ系の質問に答えるのって、
正直、時間の無駄なんだよなって
いつも思います^^;

 

理由は3つあります。
(すべて過去の僕の経験に基づきます)

 

1つ目は、参考書には必ず難しいポイントがあり、
自力で壁を乗り越える際には困難があること

 

2つ目は、勉強のモチベーションが低いと
途中で辞めてしまう可能性が高いということ

 

3つ目は、本はあくまで教養を深める手段であり、
息抜きのために活用するものであること

 

他にも理由はいろいろありますが、
僕の経験上、英語の参考書を使う時は
注意すべき点が山ほどあります

 

この情報を知っているかどうかで、
今後1年間で学習効果に大きな差がつくので、
いまから僕の過去の失敗談をベースに、
なるべく詳しく説明していきますね。

 

英語の参考書がいらない理由

 

英語初級者の場合、
参考書だけで学習を進めようとすると
いろんな「罠」に引っかかります。

 

これは僕も痛い経験があるのですが、
安いからって何冊もの本を購入しても、
結局、どれもしっくりこなくて、
頭の中に「迷い」が残り続けます。

 

その罠は、全部で3つあります。

 

①:難しい部分を克服できない

 

すべての参考書や問題集には、
それを作った人の思惑がありますが、
多くは「サンプル」として作られています。

 

たとえば「続きは私のセミナーで」
といった感じで、肝心な(難しい)部分ほど
あいまいなまま放置されています。

 

すなわち、ただ参考書を読んでいるだけだと
「勉強した気になれる」けれど、
本当の実力を伸ばせるかは疑問が残るんです。

 

書籍という一方的な受け身の形式上、
学ぶ側はいくらでも逃げることができます。

 

僕が予備校に通っていた時、
英語科目担当の先生の授業を受けていましたが、
参考書はあくまで「サブ」という扱いでした。

 

英語学習っていろいろ複雑な要素があって、
総合的なバランスを重視すべきなんですね。

 

もちろん、読書は僕も常にやってますが、
「趣味の1つ」という位置付けです。

 

②:モチベーションが続かない

 

僕は問題集付きの参考書を買って、
毎日コツコツ頑張ることを決意し、
実際にその通りにやっていました。

 

多くの場合は「買った時」に
モチベーションがマックスになりますが、
それ以降は基本的に下がります。

 

参考書の中身も徐々に難しくなるので、
近くでサポートしてくれる存在が必要です。

 

なので、よほどのエネルギーがある時や、
切羽詰まっている時でなければ、
途中で「わからん……」となりがち。

 

プログラミング(PHPやPythonなど)を
初心者が独学で参考書だけで学ぶ姿を
想像してみてください。英語も同じです。

 

重要ポイントをどう整理すれば良いのか?
知識をどう応用させれば良いのか?
って、自分で理解するのは難しいのです。

 

しかも世の中にはけっこう
「タイトル詐〇」の本も多いので、
どの説をどこまで信じて良いのか、
いきなり分かるのは至難の業です!

 

③:望んだ結果を得にくい

 

僕はこれまで数百冊の本を読んできましたが、
本はあくまで教養を深める手段であり
「特定の結果」を達成させることには
フォーカスしていないことがほとんどでした。

 

マニアックな専門書とかでない限りは、
出版社は「より多くの人に売れるように」
本を作っているからですね。

 

たとえば露骨なモノで言えば、
「英会話に必要なフレーズはたったコレだけ!」
みたいな、いかにもラクできそうなタイトルで
多くのウブな学習者を惹きつけています。

 

その方が多くの人に売れるから
そういうタイトルにしているのであって、
実際には出版の担当者は英語の素人だし、
正しいかどうかなんて分かりません。笑

 

実際に英会話をやろうとしても、
フレーズだけで会話が成り立つ訳がないので、
「ああ!」となるわけです。

 

鵜呑みにする自分にも原因があるのですが、
その都度、時間を無駄にしてしまうので、
ムダにセルフイメージが下がるのです^^;

 

Amazonレビューなどで
「いかにも良さげな」感じがするモノは、
書籍のさわり部分をチョロっと読んだだけだったり、
他にもいろいろ教育投資をしている人ばかりです。

 

なので「参考書だけで」どうこうなる
という考えは、僕は非常に懐疑的ですね。

 

以上の3つの理由から、
参考書だけで英語をマスターしようとしても
相当、難易度は高い気がします。

 

僕はどちらかっていうと
あんまり人に頼りたくないタイプだし、
自力で進めたがることが多かったです。

 

でもやっぱり結果を見れば、
人にみっちり教えてもらう時期の方が
明らかに目標を達成できる率が高いわけです。

 

多分これを言ってしまうと
ブチキレる人がいるかもしれませんが……

 

「自分の感覚」って心底アテにならないです。
(それが長年続けた専門分野でない限り)

 

だから、英語スキルを伸ばしたかったら、
やっぱりお金を使って、
パーソナルトレーナーを雇うのがベストです。

 

オーダーメイド式の教育が最高ですが、
それが厳しければコーチングをお勧めします。

 

【参考記事】
効果の高いコーチング、失敗するコーチング

参考書の買いすぎ(参考書ジプシー)の方へ

 

僕は、英語の教材研究のために
あえてたくさんの本を買って読んだりしますが、
それはスキルアップのためではありません。

 

かつてはけっこう、初心者のうちから
色んな参考書や単語帳を買い漁っていましたが、
にっちもさっちもいかなくなってました。

 

だから、僕も気持ちは分かるのです。

 

過去に2chの参考書スレッドの情報を当てにして、
「おすすめ参考書」を片っ端から買い漁り、
独学でやろうとした経験がありますからね。

 

2ちゃんねるやSNSの情報がアテにならない理由

 

最近は昔に比べて、
2ちゃんねる(5ch)のユーザーは減ったので、
見ている人はそんなに多くないと思います。

 

僕はかつての受験生時代に、
大学受験生向けの参考書や勉強法スレッドを
暇な時に読んでいました(ROM専ですが)。

 

そこでよく書き込まれていたのは、
受験参考書マニアや多浪生など、
「筋金入りの」受験プレイヤー達でした。

 

おすすめ度を「★」の数で評価し、

★★★★★:〇〇(難関大志望者向け)
★★★★☆:〇〇(中堅大学の基礎)
★★★☆☆:〇〇(人による、相性次第)

といった感じでそれぞれの参考書に
コメントを残している人がたくさんいました。

 

で、僕もその情報を真に受けて
「〇〇大志望だから、コレとコレやればいいかな?」
って感じで、本屋に参考書を買いに行きました。

 

当時は予備校に通えなかった時期なので、
買った参考書で1年ほど独学をしていました。

 

が、結果的には
成績はまったく伸びることなく、
志望大学なんてカスりもしませんでした。

 

今だから冷静な視点で見られますが、
当時は本気で「発狂」しましたね……。

 

自分なりにちゃんと頑張ったのに、
結果がまったく着いて来ないという現実は、
生きる希望を根底から奪い取ります。

 

なぜこういうことが起きるのか?

 

それは、そもそも参考書というのは
「何をやるか」よりも「どうやるか」の方が
はるかに重要だからです。

 

たとえば受験時代の僕は、
英文解釈で有名な「ポレポレ」という
参考書を買って毎日コツコツ取り組んでいました。

 

が、そこに書かれた英文をどう読むか?
解答・解説と自分の解釈をどう擦り合わせるか?
に関しては、答え合わせができず、
なんとなくモヤモヤしたまま先に進むものの、
実力が上がっている実感は全くなかったです。

 

なので、結論として
いくら参考書マニアがおすすめしている書籍でも、
それを「独学で」やろうとすると、
確実に何らかの壁につまづくわけですね。

 

今だから言えることですが、
「俺はなぜあんな無駄な時間を……😫」
と強く反省・後悔しています。

 

若い貴重な時期に空白の1年を過ごすって、
後になって地味にダメージになります。

 

その1年を有意義なことに使っていれば、
色んな人と出逢って人生経験を深められたし、
専門分野や趣味を極めたりできたはずです。

 

というわけで、2chの情報は、
話したこともないような人たちの集まりなので
アテにしない方がよろしいかなーと。

 

現代だったら、ブログとかインスタで
「〇〇するならこの参考書!」
みたいなおすすめランキングがありますよね。

 

もちろん、受験英語だろうがTOEICだろうが
英会話の学習だろうが、すべて同じことです。

 

「みんながやってるから大丈夫」
「有名な人が言ってるから信頼できる」

 

という判断をしてしまうのは、
ちょっと「待った」をかけた方が良いかもです。

 

まとめ

 

今回は、英語スキルを高める際に
「参考書」を使う際の注意点について、
僕の視点で解説しました。

 

要は、参考書とか問題集って
上級者向けなんですよね。

 

「どの参考書がおすすめですか?」
という質問を本当によく受けるのですが、
参考書だけで勉強しようとしてる時点で
オススメのものはありません。笑笑

 

しいて言うなら、超わかりやすく書かれた
マンガなどを入門編として読んでみるのは
本格的な勉強の準備として大いにアリだと思います。

 

僕もブログ運営人という立場上、
おすすめ教材」のページは用意していますが、
あれも既に勉強に取り組んでいる人向けです。

 

特に英語初心者の方の場合、
参考書や問題集だけでやろうとすると

貴重な時間を浪費することになりがちなので、
気を付けてくださいね。

 

今回の記事内容は、
僕の思ってたことを率直にぶちまけたので、
ブチキレる人が続出していると思います😂😂

 

ブチギレずに素直に受け止められた方や、
本気で英語を身に付けたい方は、
こちら↓のメルマガに登録してみてください。

 

【初心者が英語を確実に身に付ける方法】
https://tamaxmspn.biz/the-planet-japan/

 

「時間がかかっても確実な上達法を知りたい」
という方にお勧めです。

 

それでは最後までお読み頂き、
ありがとうございました。