どうもこんにちは🍙
英会話の伝道師・Masaponです。

 

ここ最近、ブログの更新を
めちゃめちゃサボりまくってたのですが、
そろそろマジ気出して再開します。

 

 

ドラゴンボールのサイヤ人も、
復活してからの戦闘力の上昇加減が
半端ないですよね。

 

なので僕も、それと同じように、
「インフルエンサー」的なマインドを持って
今後の活動を急激に猛進していきます。

 

 

・・・で、そんな前置きは
わりとどうでもいいのですが

 

今回あなたにお伝えするのは、
「コミュニケーションの本質」
と言っても過言ではないレベルの内容です。

 

これね、多くの人は気付かないのですが、
わりとマジで重要ですよ。

 

 

多くの人って、英会話を学ぶする時に、
ついつい英語力だけを高めようとしがちですが、

 

実際、外国人とコミュニケーションを取ると
英語力以上に多くの要素が混ざっている・・・
ということに(嫌でも)気付きます。

 

すなわち、世間一般で言われている
「コミュニケーション能力」とか、
「背景知識」などというものです。

 

 

それゆえ、机に向かって勉強するだけだと
どうしても、一定の英語レベルに達した時点で
「壁」を感じることになるわけですね。

 

 

そのあたりの壁を突破する秘訣を、
今回、英会話の伝道師であるMasaponが
アナタに解説したいと思います!

 

ワクワクしながら、この先の文章を
読んでみて下さい。たぶん期待は裏切りません。

 

 

英会話力の本質とは?

 

英語をめっちゃたくさん勉強してきたのに、
外国人の前ではしゃべれないって人がいます。

 

逆に、英語はぜんぜん勉強してなくても、
外国人と楽しくおしゃべりしまくって、
意気投合しちゃうタイプの人もいます。

 

で、もちろんそれ以外の人もいて、
全部で4つに分けられると言えるでしょう。

 

英語能力とコミュニケーション力の関係性を2つの軸で示した図

 

・・・たとえばこんなふうに。

 

 

で、僕が考える【英会話の本質】って、
要するに異文化コミュニケーションなんですね。

 

つまり、言語や常識の異なる相手と、
いかにうまく充実した関係を築き上げて、
誤解なく意思を伝えられるか、という能力です。

 

俗に言う「バイリンガル」とは、
この “異文化コミュニケーション能力” が
著しく高い人を指しています。

 

 

先ほど4分割した図でいうと、
一番右上のタイプがバイリンガルですね。

 

言語能力も、コミュニケーション力も、
両方高め安定で備えているという人。

 

僕は常日頃から、こういう人物に憧れ、
「ぼくもこうなりたいな~😃」と思って
これまで努力をしてきました。

 

 

・・・すると、不思議なことに、

 

完璧ではないにしても、
徐々にその「理想の人物像」に
自分自身が近づいていることが分かるのです。

 

英語のテストでも割と好成績が取れるし、
外国人を前にしても堂々としていられる、
という「国際派の人材」に、自分が成っている。

 

 

現代で英語を学んでいる日本人って、
誰もがこの4つのどれかのタイプに属します。

 

そして、(ここが重要なのですが)
あなたがどのタイプに属していたとしても、
「進むべき方向性」は一緒だったりします。

 

つまり、誰もが「英語能力」と
「コミュニケーション能力」の
両方を鍛える余地が残されているんですね。

 

 

たとえばあなたが、
既にTOEICで800点くらいとれるとしても、
英語の勉強は続ける必要があります。

 

なぜなら、英語学習それ自体には、
永遠に、終わりが無いからです。

 

 

また逆に、もしもあなたが、
既に誰とでも簡単に仲良くなれる人でも、
今後はそのコミュニケーション能力に
さらなる磨きをかける必要があります。

 

なぜなら人間は「人の間」と書くように、
人と人との関係性の中でもまれることで、
人生はストーリーが進んでいくからです。

 

 

また、既にコミュニケーションが得意な人が
それにプラスして「英語」という武器を持てば、
まさに【鬼に金棒】状態が実現します。

 

日本という狭い市場だけでなく、
世界という広い舞台で活躍できれば、
そこには大きな価値が生まれることでしょう。

 

 

・・・繰り返しますが、
この記事を書いている僕(Masapon)は、
英語能力・コミュ力ともに、決して「完璧」ではありません。

 

むしろ、未熟な点だらけですが、
だからこそ、より高みを目指して
努力を続けることができています。

 

なので、そうした努力の過程で得た知見を
あなたにも共有しておきたいわけですね。

 

 

英会話の本質とは、
「英語能力」と「コミュニケーション力」

 

今回あなたにお伝えするのは、
後者についてです。

 

 

この「コミュニケーション力」を鍛えるには、
いろんなやり方が思いつきますよね。

 

たとえば、

  • 色んな人と出会って話をしよう
  • 心理学の本を読んでみよう
  • 普段からポジティブなことを考えよう

みたいなやつ。

 

 

こーゆー表面的なHowtoって、
確かに重要です。

 

しかし、Howtoに偏り過ぎてしまうと、
それらをうまく使いこなせずに、
路頭に迷いがちになるのも、事実です。

 

たとえばナメック星で
孫悟空と入れ替わったギニュー隊長は、
悟空の「気」をうまく使いこなせずに、
戦闘力がぜんぜん高まらなかったのと同じです。

 

なので、浅いところだけを真似しても、
あんまり効果がなかったりするわけです。

 

 

僕らが本当の意味で「コミュ強」に
なりたいと望むのであれば・・・

 

もっと「本源的なこと」から
目を背けてはならないのですね。

 

では、その本源とはいったい何なのか?

 

それを、この続きで解説したいと思います。

 

 

エネルギーの “流れ” を感じ取る

 

 

これからお伝えすることは、
けっこう抽象度が高い内容ですが・・・

 

正直、対人コミュニケーションって、
これがすべてと言っても過言ではありません。

 

 

日本人と接する時も、
外国人と接する時も、
すべては「エネルギー」の交流なのです。

 

 

普通、エネルギーと言ったら、
電力とか、熱とか、光みたいな、
触れて感じられるものを指しますよね。

 

しかし、地球や宇宙にあるエネルギーって、
五感で感じ取れるとは限りません。

 

たとえば重力とか磁力って、
見えないし聞こえないし触れませんが、
明確にそこに存在するエネルギーです。

 

 

だからこそ、そうした「見えないもの」を
上手に感じて、意識して操作できる人ほど、
実はコミュニケーション強者なわけですね。

 

ドラゴンボールで例えるならば、
「ピッコロさんの気を感じる・・・!!」
みたいな、あれと似たようなものです。

 

彼らの言う「気」のことを、
ここではエネルギーと呼ぶことにしましょう。
(他にも “波動” とか呼んだりもします。)

 

 

実際、僕らは人と接するたびに、
互いに「エネルギー」を交流することで、
喜んだり、怒ったりします。

 

たとえば “怒りエネルギー” に満ちた人と
あなたが直接会話をしてしまうと、
おそらくそのエネルギーはあなたに移ります。

 

そして、あなたもわけがわからず
むしゃくしゃした気分になることでしょう。

 

むしゃくしゃしている人の画像

 

 

ゆえに、感性が豊かな人ほど、
普段から関わる相手は選ぶべきなのです。

 

ただし、これはけっこう奥が深くて、
「ただ優しければ良い」とか、
「何も文句を言わなければ良い」とか、
そういうわけではありません。

 

時には敵と戦う強さだったり、
喧嘩を上手におさめることも必要になるでしょう。

 

そして、そういうことが出来る人は、
往々にして、エネルギーが高いのです。

 

 

たとえば企業経営者だったり、
老舗の店長みたいな人って、
これまで数多くの修羅場を経験していますが、

 

そうした事件が発生しても、
エネルギーが十分に高い状態であれば、
対処できる可能性が高いわけですね。

 

 

また、いざという時の行動だけでなく、
普段からどれだけ他者に気を配れるかでも、
その人のエネルギーの高さが測れます。

 

なので、別に役職などは持っていなくても、
普段から色んな人に細かく気配りをして、
誰かを支えている人もエネルギーが高いと言えるでしょう。

 

 

なので、まとめてみると、

 

「平和を維持するためのエネルギー」を
たっぷり持っている人

=コミュニケーション力が高い

 

ということになりますね。

 

 

互いの関係をメンテナンスするのに
普段からちょっとずつ「気」を使って
エネルギーを高めていく、ということを

 

ぜひ、あなたもこれから
意識してみてください。

 

これは、英語で勉強した内容を、
いざ外国人相手に披露する際に、
とても重要な考え方となります。

 

 

たとえば誰かと話していて、
「この人、エネルギー低いなぁ・・・」
と感じる時があるはずです。

 

相手からネガティブな印象を感じる時って、
だいたい、エネルギー下がってたり、
質の悪いエネルギーに満ちていたりします。

 

本人は気づいていなかったとしても、
心の内面が満たされていなかったりすると、
やっぱり表に出てしまうんですよね。

 

 

そして、いくら英語力が高かったとしても、
内面のエネルギーが下がりまくってる状態だと、
その人は「魅力的」ではありません。

 

たとえ英語がペラペラな人であっても、
その言葉にドス黒い感情がこもってしまうと、
聞き手は何となくイヤな気分になるものです。

 

良くも悪くも、人と人とが交流すると、
相手のエネルギーが “移ってくる” からですね。

 

多くの人は、ここに無自覚な傾向があり、
知らず知らずのうちに、悪い人から
ヘンな影響を受けてしまったりします。

 

 

これが口が臭い人の場合だと、
「ニオイ」という形で相手に伝わるので、
自分が息を吸わなければ対処できます。

 

が、これが潜在的なレベルで
質の悪いエネルギーをもらってしまうと、
なかなか気付けないので、ブロックできません。

 

普段からエネルギーについて
色々と意識してみることによって、
ある程度は防ぐことができます。

 

 

周囲から悪いエネルギーを受け取らず、
かつ、良いエネルギーを育てていく。

 

これに習熟することによって、
あなたの見えないエネルギーレベルは
どんどん高まっていくことになります。

 

 

魅力的なバイリンガルになるためには、
「英語力をなるべく高めていく」と同時に、
「エネルギーのレベルを上げていく」ことが
割とマジで、必須となるでしょうね。

 

海外には英語を話せる人が多いのですが、
そうした内面のエネルギーにまで踏み込んで
原理・原則を理解してる人は、少ないです。

 

だからこそ、そこに意識を向けられる人は、
英語スキルを効果的に使うこともできるし、
どんどん日常生活が豊かになります。

 

 

僕も普段から、自分のエネルギー状態について
けっこう探っていたりします。

 

そして、エネルギーが下がっている状態では
勉強しても効率が悪かったりするので、
事前に何らかの対処を施してから行動に移します。

 

 

普段から意識して、
自分のエネルギーを高められる人ほど、

 

他人に対する影響力も強くなるし、
何もしなくても人から好感を持たれます。

 

目に見える「英語能力」だけではなく、
目に見えない「エネルギー」についても、
ぜひ思いを馳せてみてくださいね😃

 

 

最近のMasaponは、
エネルギーについて深く学んでいるので
そこで得た知見を共有してみました。

 

まだまだいくらでも語れることはありますが、
今日はこんなところで失礼します!

 

 

 

 

 

 

このブログの著者(英会話の伝道師・Masapon)は、
幼少期から「変な奴」と周囲にみなされており、
日本の現代社会への適合が不可能と判断したがゆえ、
海外への可能性を常に模索してきました。

 

しかし、在学中に経験したアメリカ留学では、
世界は自分の思っていた以上に遥かにシビアであり、
「英語を使えない人間は家畜レベルの扱いを受ける」
という、厳しい現実が待ち受けていたのです・・・。

 

そして20代半ばの秋、
殺風景なボストンの小部屋にて、
僕はようやく悟るに至りました。

この世界に、“逃げ場” はない。
ならば、覚悟を決め、現実と戦うしかない

“人生の答え” は外ではなく、己の内面にあるのだと。

 

当ブログ『最強の日本人』には、
英会話術を主とした記事を多く載せていますが、

人生に迷い、自分の存在価値が分からなりつつある
“訳アリ” な人々に向け、僕の体験を基にした教訓が
様々なテーマを通じて描かれています。

 

いま、英語を手段として、
「第2の人生」を歩もうと決意されている方へ。

これから英語を本格的に学ぶならば、
僕の運営するメルマガを読んでみて下さい。

一切の綺麗事を排除した世界観に基づき、
現実をシビアに見つめ直すためのTips等が
かなり生々しく、描かれております。

 

ブログではちょっと言えないような、
激烈・苛烈な内容を描いた電子書籍
ただいまプレゼントとして皆様に配布中です。

※書籍にはアナタの心を深くエグる内容が描かれておりますので、
 準備のできた方から、覚悟を持って先にお進みください。

 

>> Masaponの辛辣メルマガを購読してみる。 
(不健全な内容が含まれるため、18歳未満には非推奨です。ご注意を。)