「英語が苦手」という思い込みに苦しむ人

 

こんにちは。
英会話の伝道師・まさぽんです。

 

今、大学生のあなたへ。

 

「英語が苦手」って、
どんな気持ちでしょうか?

 

悔しい?

切ない?

面倒くさい?

 

おそらく何かしらのネガティブな感情を
あなたは英語に抱いているはずです。

 

学部の英語テストで赤点を取ったり、
英語科目の単位を落としたり、
再履修で後輩と同じクラスになってしまったり…

 

再履って、なんかすごいダルイですよね。
必修科目の再履は1限にあったりするので、
なおさら行く気が失せてくると思います。

 

あなたもテスト前になると
「英語マジやばいわー」と
友人達との雑談トークをしたことはないですか?

 

自虐的に笑ってはいるけれど、
内心、かなり複雑な気分で
英語が苦手なことに劣等感を抱いたりして…。

 

劣等感を抱いて座り込む人

 

劣等感があると、それだけで
英語を勉強しようという気が失せます。

 

英語を勉強しなくなれば、
ますます能力に差が付きます。

 

実はまさぽんは、大学に入学した時点で
ある程度、英語科目はできていたタイプで、
英語にそこまで苦労したことがありません。

 

なので、英語を勉強するのは
僕にとって普通のことだったし、
苦手な人は「ただサボっているだけでしょ」
と、割り切って考えていました。

 

周りの学生たちの様子を見ていると
「うわ~、やればできるのに、勿体ない」
と、ずっと感じていました……。

 

本来、英語なんて
真剣にやれば誰でもできるんですよ。

 

でも、大学生以降になると、
なかなか真剣になる機会がありません。

 

いったん英語が嫌いになってしまうと、
そのままズルズルといってしまい、
英語の授業が苦痛になって、
勉強に拒否反応が生じてしまうのです。

 

いつから英語が嫌いになりましたか?

 

推薦入学にしろ、
受験入学にしろ、

あなたは現時点で、
大学生になっています。

 

いずれにせよ、「英語」というのは
高校生で必ず学ぶ科目ですから、
「高校レベルの英語力は習得している」
ことが、大学生の前提条件になります。

 

高校の内容を一通り押さえていれば、
大学生になっても英語は大丈夫。

 

しかし、必ずしも全ての学生が
中学~高校終了レベルの英語力を
持っているとは限りません。

 

「高校終了レベルの英語力」とは、
英検2級が目安です。

 

これは、英語の長文をある程度読めるし、
多少の英会話であればできるレベルですね。

 

本来なら高校卒業までに、
日本人全員がこのくらいの英語力に
達していなくてはなりません。

 

でも、大学に入る時点で
英検2級を持っている人は
そうそう多くないです。

 

実際には2%程度だと言われています

 

これは、そもそも日本の学生が
中学~高校のどこかのタイミングで、
英語につまづいてしまうからです。

 

中学1年生の2学期開始時点で
生徒の半数が英語への苦手意識を
感じ始めるというデータがあります。

 

なぜ、英語に苦手意識を感じるの?

 

あなたは英語が苦手ですか?

 

おそらくですが、
ある程度のレベルの知識はあるはずです。

 

「英単語の一語も分からない状態」
という人は、さすがにいないと思うので。

 

念のため、あなたの英語力を
今から軽くチェックしてみますね。

 

 

“apple”

“smartphone”

 

↑ これ、読めますか?

 

 

バカにしているわけではありません。
できたら次の問題に進んでください ↓

 

 

「to不定詞」

「関係代名詞」

 

↑ こういうの、習っていませんか?

 

 

中学英語です。わかりますよね。

 

ここでは「十分に理解しているかどうか」
はさておき、習った記憶があれば、
次の問題に進んでください ↓

 

 

“I was walking along the street at 5 PM.”

“He was shouting at midnight.”

 

↑ こういう英文、日本語に訳せますか?

ちょっとめんどくさいかもしれませんね。

 

 

それでも15秒くらいあれば、
訳せる人もいるはずです。

 

 

じゃあこれはどうでしょうか。

 

“She gave me the shoes which she bought yesterday.”

“I found a strange person who was dancing alone.”

 

少し難しいと感じるかもしれません。

 

ですが、これら英文は
「中学3年生レベル」です。

 

いわゆる関係代名詞が使われていますね。
あなたは訳せるでしょうか?

 

 

え、無理?

 

 

もし、上記の英文が訳せなければ、
あなたは「中学3年生レベル」の内容を、
すっかり忘れています。

 

ちょっと難易度が高いので、
しばらく英語に触れていなかったら、
誰でも忘れてしまう知識ですね。

 

でも、不安になる必要はありません。

 

これからやり直せば良いだけです。

 

 

解答を言うと、上の英文は
「彼女は昨日買った靴を私にくれた」

下の英文は
「私は一人で踊っている奇妙な人物を見た」

 

という日本語訳が、正解です。

 

 

ちなみに関係代名詞は中学3年レベルですが、

アメリカでは10歳くらいにならないと
使いこなせない「大人の英語」です。

 

つまり、一人前の大人とみなされるには
この関係代名詞を使いこなせることが
英語圏での条件なんですね。

 

あなたがいつか、海外に住んで
現地の人々と楽しく交流したいと思ったら
この知識はぜひ身に付けておきたいところです。

 

 

【上の問題が分からなかった人は…】

メルマガで英語の基礎からお教えします!

 

 

今、あなたは英語に対して
ニガテ意識を持っているかもしれません。

 

でも、重要なことを今からお伝えします。

 

 

あなたは英語を
「やればできる」人なのです。

 

 

中学英語でつまづいた部分から
じっくりやり直していけば、
必ずすべてを理解できるようになります。

 

社会には、高校を卒業してから
何十年間も英語にほとんど触れて来ずに、
基礎知識がすっかり抜け落ちてしまった、
という人もいます。

 

そういうタイプの人は、
大人になって、中学1年生の知識から
頑張って学び直すんですよね。

 

僕も普段はそういう方々を対象に
英語を基礎からみっちり教えていますが、
皆、熱心に取り組んでいます。

 

今、あなたが大学生なのであれば、
英語に触れていない期間はせいぜい
数年以下のはずです。

 

ならば、失った知識を取り戻す期間は
そこまで長くはかかりません。

 

今から英語をやり直せば、
在学中に十分、取り戻せる範囲です。

 

あなたは英語をやればできる。

 

でも、やらなかったら
一生、できるようになりません。

 

大学生は「遊び」より「学び」を重視しよう

 

僕もこの前までは大学生だったので、
「新入生」「遊びたい盛り」「就活生」など
あらゆる学生視点を有しています。

 

GPAはオールAに近かったこともあれば、
逆に底辺をうろついていた時期もありました。

 

割とどうでもいい話ですが、
春学期中に13単位を落としたこともあります。
(※ 後で取り返すのに苦労しました)

 

 

そんな経験から思ったのは、
大学生は遊ぶことよりも
学ぶことにエネルギーを費やした方がいい

ということです。

 

もちろん、飲み会に顔を出したり、
デートや合コンをしたり、
人間関係を重視するのも良いでしょう。

 

僕も、在学中には
いろいろな経験をしました。

 

ただ、常に意識していたのは、
それらの経験を「学び」に繋げていく、
ということです。

 

 

人間、どこからでも、
何をしていても、学ぶことはできます。

 

その意識さえ持っていれば、
あなたは他の大学生よりも
遥かに有意義な大学生活を送れるし、
社会に出てからも有利になります。

 

なので、英語もその視点を持って学べば、
遊びながら英語力を高められる
というチート技を使えるようになります。

 

 

これは誇張でもなんでもなく、
強い確信を持ってお伝えしています。

 

僕だって元々は受験英語はできたのに、
英会話はほとんどできなかったという
残念な過去を持っているのですから。

 

メルマガでは、僕の過去の壮絶な留学経験や、
英語力を手に入れてそれをどう生かしているかを
詳しく語っています。

 

英語苦手組を最短で脱却するための、
英語学習に関するレポートをもらえるので、
英語に興味がある方はこちらからどうぞ。

 

>> 時代の最先端を行く英語メルマガコミュニティ~The Planet Japan~

 

それでは、最後までお読み頂き
ありがとうございました。

 

まさぽん

 

人生の壁・突破文法とは?


英語を自由に使いこなせるようになって、
豊かで快適な人生を送りたい・・・。

以前はそのようなビジョンを、
このブログの著者(英会話の伝道師・まさぽん)も
胸に抱き続け、努力を重ねてきました。

 

5年の長期に渡る受験勉強、
アメリカ東海岸での留学経験を経て、
ようやく今、願ったライフスタイルを、
僕(まさぽん)は叶えつつあります。

そしてこれからは、さらなる栄光の未来に向けて、
ドラクエ世界の如く、理想を目指す仲間を探すために
Webメディアの活動を継続・更新し続けています。

 

当ブログ「最強の英会話人」には、
僕自身の過去の体験やそこから得た気付き、
学んだ知恵などが、数多く書き連ねられていますが、

ただ単にブログを読んでいるだけでは、
あなたは “人生を変えるほどの衝撃的な体験” は
おそらく味わえないはずです。

 

そこで僕の運営する「メールマガジン」が、
あなたの生き方の方針を定める上で、
大きな役割を果たすことでしょう。

 

メルマガ内では、英語初心者~中級者向けに、
『人生の壁を突破するための文法』の構築について、
濃密エピソードと共に語られていきます。

 

「英語を用いたこれからの仕事のあり方」
「英語と人生とを適切に結びつける発想力」
「人生の壁を次々と突破するための文法の正体」
「初心者が英語を話すまでの具体的な流れ」
「人生を勢いに乗せて、上手に波に乗るマインド」
「日本人ブランドを外国人相手に活かす技」

 

などなど、単なる商業的なメルマガではありません。
常に改良され、常に進化が果たされ続ける
世にも希少な「参加型メルマガ」ですので、
必然的に、貴方の人生とも結びつく事になります。

 

都合の良い、割り切った関係ではなく
共に成長できる仲間、長きに渡り助け合える関係を
僕はあなたと構築したいと考えています。

「最強の日本」に向けた理想を歩む侍たちを、
こちら側の世界で、こっそりとお待ちしてますね。

 

>> 最新鋭の英語術を習得し、人生の壁を突破する

 

この続きは、メルマガ1通目にて。