どうもこんにちは、
英会話の伝道師・Masaponです。

 

今回は久しぶりに、
リスニングのお話をしようと思いますが、

日常英会話において
うまく相手の話が聞き取れない…
という悩みを持つ人は多いですよね。

 

それもそのはず。普通の日本人が、
ネイティブの英語を聞き取ろうとしても、
そのスピードについていくことは
至難の業だからです。

 

 

今回のタイトルには、
「英会話は50%聞き取れれば十分」
という意味合いを込めて設定していますが、

 

検定試験などのリスニングと違って、
現実の会話の場面でのネイティブは、
分かりやすい発音をしてくれません。

 

 

スピードも速い上に、
頻繁に省略語やスラングを用いてくるので、

あなたがこれまでしてきたリスニングとは
難易度が一線を超す、ということを
あらかじめご理解ください。

 

 100%のリスニングを目指してはならない

 

英語のリスニングにおいては、
「完全に聞き取らなくてよい」
という鉄則があります。

 

外国人と会話をしていると、
つい「今なんて言ったんだ…?」
みたいなシーンが頻繁にありますが、

 

分からなかったからといって、
何度も “Sorry?” と聞き返していると、
空気が気まずくなっていきます。

 

 

相手に聞き返すための表現として、
“Pardon?” とか “I beg your pardon?”
なんてものもありますが、

 

相手が何かしゃべるたびに、
「もっかい言って!」と尋ねていたら
向こうもうんざりしてしまいますよね。


相手の話を100%聞き取る必要はない、
というのは、もはや英会話では常識です。

 

そもそも日本語で会話をする時でも、
100%相手の話を聞き取れている人なんて
めったにいないはずです!

 

 

人によって喋り方も違うし、
声の大きさや訛り等も違うのですから、
考えてみれば当たり前なんですよね。

 

 

英語圏はアメリカ・インド・オージーなど
日本よりも大きな国がたくさんあるので、

国土が広くなればなるほど、
言葉の地域なまりにも、
大きな差が生じてくるというわけです。

 

 

ちなみに、洋楽を使って
英語のリスニングの練習をするのは、
個人的にはおすすめしません。

 

なぜなら洋楽の英語というのは、
かなり独特な発声だったりするし、
文法も形式通りには使われていないからです。

 

 

日本のJ-POPで例を挙げてみると
よくわかると思いますが…

 

たとえば Asian kung-fu generation の
『リライト』などが好例でしょう↓

 

この曲のサビの部分の、
「消してぇ!リライトしてぇ!」以降の歌詞を
初見で完璧に聞き取れる人って、、、、

日本人でも、ほぼいないのではないでしょうか。

 

※ 実際には、「下らない超幻想 忘られぬ存在感を」と言っています。

 

また、同じアジカンでも
『夏蝉』という曲になると、
なおさら難易度が高くなります↓

『夏蝉』
              ASIAN KUNG-FU GENERATION

雲の影まで焼けつくような
白い太陽だった
それも午後には見失ったな
愛車 ワイパー 雷難

叩くような雨粒が窓辺を濡らす
傘の上 迷い込んだ蝉の音が
染み入るような夕べ

秋が微かに忍び寄るような
そんな匂いがした
それが僕には寂しかったな
時間がないな

溶かすような朱の空が
心を急かす夕暮れ
迷い込んだヒグラシが
終わりを告げる夢

夏蝉は鳴いた
夏蝉
何もないな

夏蝉は鳴いた
夏蝉
誰もいないな

何もないな

 

↑上記が『夏蝉』の歌詞ですが、
サビのあたりの部分が、
最も聞き取りが困難ですね。

 

 

僕が初めてこの曲を聴いた時には、

「タァタァァカヤンナァァ アマェツブゥガマンドォベン
 オォォ 
ヌラァアサsound waaay!!!!! 
 マイヨィカウダァァ サリィノウェガシャアメェウヴォェ
 ヤンナァァァユンベエエエエァ!!!!」

にしか聞こえませんでした……。

 

これだけ難解な歌詞の場合、
たとえ50%でも初見で理解できれば
その人は天才だと言えるでしょう。

 

歌詞カードを見て初めて、
僕らは彼が何と言っていたのかを
正確に理解できるということですね。

 

 

というわけで、話をもとに戻しましょう。

 

英語圏で相手の話が聞き取れないと、
つい「自分はリスニングが苦手だ…」
落ち込んでしまう日本人は多いですが、

 

僕から言わせてもらえば、
多少、相手の話が聞き取れなくても
全く気にする必要はありません。

 

 

日本の英語のリスニングテストは、
ゆっくり分かり易く喋ってくれる
外国人の声で出題がなされますよね。

 

多くの人は、その音声に慣れているので、
いざ海外に出て外国人と話そうとすると
テンパってしまうというわけです。

 

 

ですが、安心してください。
結局、僕らは同じ人間です。

 

英語を聞き取れないのは日本人だけではく、
アメリカ人でもイギリス人でも
英語が聞き取れないことは頻繁にあります。

 

 

僕らが日本人の話を完璧に聞けないように、
ネイティブもネイティブ英語を
聞き取れないなんてしょっちゅうなのです。

 

 それでも英会話は可能である

 

>> 英会話をするための『ズルい方法』<<

↑上記の記事にはリスニングができずとも
会話を続ける方法が書かれていますが、

 

きちんとリスニング技術を身に着けたいなら、
こんな小手先のテクニックに
とらわれる必要はありません。

 

あなたが本当の意味で
リスニングを極めるためには、
それなりのトレーニングが必要となります。

 

 

学校のリスニングテストで高得点を取るのと、
目の前の外国人の英語を聞き取るのとでは、
別のスキルが要求されますからね。

 

とりあえず現時点で一つ言えるのは、
「自分が話せるものでなければ、
 相手の話す英語は聞き取れない」
ということです。

 

 

つまり、外国人がよく使うフレーズなどは
一通り自分でいつでも使えるように
なっておかなければ後で困ります。

 

 

それはあなたが喋れなくなる、
というだけではありません。

相手が何を言っているのかも
意味不明な状態に陥る、ということです。

 

 

リスニングの最初の一歩は、
まずとりあえず自分が喋ってみることから
始めることをおすすめします。

 

英語圏で頻繁に使われるフレーズは、
こちらに厳選して示してありますので、
読んでおくと後々便利ですよ!↓

>> 必須フレーズ100(完全無料)<<

 

 

それでは、今後とも
リスニングや英会話の学習を
頑張ってくださいね!

 

Masapon

 

 

 

このブログの著者(英会話の伝道師・Masapon)は、
幼少期から「変な奴」と周囲にみなされており、
日本の現代社会への適合が不可能と判断したがゆえ、
海外への可能性を常に模索してきました。

 

しかし、在学中に経験したアメリカ留学では、
世界は自分の思っていた以上に遥かにシビアであり、
「英語を使えない人間は家畜レベルの扱いを受ける」
という、厳しい現実が待ち受けていたのです・・・。

 

そして20代半ばの秋、
殺風景なボストンの小部屋にて、
僕はようやく悟るに至りました。

この世界に、“逃げ場” はない。
ならば、覚悟を決め、現実と戦うしかない

“人生の答え” は外ではなく、己の内面にあるのだと。

 

当ブログ『最強の日本人』には、
英会話術を主とした記事を多く載せていますが、

人生に迷い、自分の存在価値が分からなりつつある
“訳アリ” な人々に向け、僕の体験を基にした教訓が
様々なテーマを通じて描かれています。

 

いま、英語を手段として、
「第2の人生」を歩もうと決意されている方へ。

これから英語を本格的に学ぶならば、
僕の運営するメルマガを読んでみて下さい。

一切の綺麗事を排除した世界観に基づき、
現実をシビアに見つめ直すためのTips等が
かなり生々しく、描かれております。

 

ブログではちょっと言えないような、
激烈・苛烈な内容を描いた電子書籍
ただいまプレゼントとして皆様に配布中です。

※書籍にはアナタの心を深くエグる内容が描かれておりますので、
 準備のできた方から、覚悟を持って先にお進みください。

 

>> Masaponの辛辣メルマガを購読してみる。 
(不健全な内容が含まれるため、18歳未満には非推奨です。ご注意を。)