【前回の記事はこちら】
英会話初心者が最初にやるべきこと

 

こんにちは。
まさぽんです。

 

さて、今回の記事では
なぜ多くの日本人が、英会話が苦手だと
感じてしまっているのか、について
分かりやすく説明したいと思います。

 

前回の記事で僕は、
「英会話は素晴らしいスキルだ!」
と、その魅力を語りました。

 

しかし、そんなに魅力的なスキルでも
日本ではなぜか多くの人が身に着けていないし、
英語を使ってビジネスができる人はまれです。

 

あなたもこの記事を読んでいるなら、
心のどこかで「英語 / 英会話が苦手だ」
と、感じているのだと思います。

 

では、その根本原因は
いったいどこにあるのか?

 

 2人に1人は英語が大嫌い

 

そもそも日本人って、
「英語が難しい」と考えている人が、
ものすごく多いっていうデータがあります。

 

これ、海外と比べたら、
ありえないほど高い割合なんですよね。

 

どのくらいかっていうと、日本人って、
2人に1人が英語嫌いになってる状態。
文部科学省のデータにまとめてあります)

 

優れた教育環境を持ち、
識字率がほぼ100%に近い先進国の日本でも

半分は英語が苦手で嫌いだということですね。

 

 

そして、実際に高校卒業時までに
英検2級を取得できている日本人は、
全体のうち、たったの2%に過ぎません。

 

※ ちなみに英検2級というのは、
  高校卒業までに取っておくべき
  英語力の目安だと言われています。

 

 

人間には誰でも、三大欲求がありますよね。
つまり、食欲・性欲・睡眠欲のことです。

 

それに加えて「知識欲」もあるので、
本来であれば、もっといろんなことを
皆が知りたいと思い、勉強をしたがるはずです。

 

あなたが僕のブログを訪れ、
この記事を読んでいる時点で、
向上心も知識欲も好奇心もあるということの
何よりの証明だと思います。

 

 

何かを学び、教わりたいという願望を
誰もが持っているにも関わらず…

 

日本には、なぜか英語嫌いの人が多いのです。

 

何かが間違っていると思いませんか?

 

 二度と這い上がれない集団授業のシステム

 

それもそのはずです。

 

日本の英語教育というのは、
「授業に着いていけない生徒」
這い上がるチャンスを与えないからです。

 

 

よく、学校で教わる英語は
実践訓練がないとか、教師の発音が下手だとか
いろいろなデメリットが言われていますよね。

 

中高6年間をかけても英語が話せないとか、
外国人と英語で話す練習をしないとか……。

 

たしかにそれも、一理あります。

 

 

しかし、僕が思うに
学校英語の根本的な問題点とは……

 

英語が苦手な人が
二度と這いあがれないシステム

 

に、あると思うのです。

 

 

僕は普段から英語を使っていて
最もモチベーションが強く湧き起こるのは、
「英語が分かる・できる・伝わる」と感じた時です。

 

しかし、
「英語が分からない」と感じている人や
英語に苦手意識を持っている人の場合、
英語をやっていても楽しいとは感じませんよね。

 

 

学校教育というのは集団授業ですから、
もともと英語がデキる生徒や、
ハイレベルな塾に通っている生徒にとっては
簡単だし、テストで高得点も取れます。

 

でも、その一方で、
英語の文法がイマイチ理解できなかったり、
教師との相性が悪い生徒は、
頑張ってもなかなか英語が上達しません。

 

 

文部科学省の統計データによれば、
「中学1年生の秋」の時点で、
英語に苦手意識を持つ人が大半を占めます。

 

そして、英語苦手組と得意組との差は
高校3年生までずっと放置されたままです。

 

 

一部の好成績な生徒は、
順調に英語をマスターしていくのに、
それ以外の生徒にとっては、
英語の勉強は苦痛でしかない……。

 

こういう「表には出ない闇」の構造が
今の学校教育にはあるのです。

 

 まずは「英語の基礎」を身に着ける

 

英語が嫌いであるにもかかわらず、
僕らは何かと「英語は学んでおけ!」と
言われて育ってきました。

 

でもそれだと、単なる義務感だけで
英語を仕方なく学ぶことになるので、
どこかでほころびが生じることになります。

 

中学1~2年生で学ぶような
英語の基礎が抜け落ちているのに、
「英語やれやれ」言われても、
やる気になるワケがありません……。

 

ムリヤリ英文を暗記させられたり、
意味も分からずひたすら英文を読まされたり、
英語のニュースを聞き流したところで、
英語は決して楽しくならないのです。

 

 

 

「好きこそものの上手なれ」
という言葉にも表現されていますよね。

 

人が何かを「好き」になる前には、
「できる」という実感があります。

 

野球が好きな人は野球ができるからだし、
サッカーが好きな人はサッカーが上手だからこそ
どんどんのめり込んでいくのです。

 

 

あなたが英語を極めたければ、
まずは英語の基礎を徹底的に養うこと
絶対に必要なんです。

 

外国人と楽しくワクワクするような
コミュニケーションをとったり、
見聞きした英文をサラッと理解できるという

強烈な喜びや快感が欲しいですよね?

 

あなたがそうしたいと望むならば、
まずは「英語の基礎」をあなたの脳内に
インストールすれば良いんです。

 

 

実際、今の僕はとても英語が好きなので、
暇さえあれば英語学習に時間を費やしています。

 

英語の音声を聞いているだけで
「わかる、わかるぞぉ……!!!」
と、脳内ホルモンが分泌されて、
ワクワクドキドキします。

 

大げさに感じるかもしれませんが、
英語の喜びを知る人なら誰であっても、

この感覚はよくわかるはずです。

 

英語が好きだからこそ、上達する。
非常にシンプルな法則です。

 

 

では、英語に苦手意識を持つあなたが
「英語が大好きな人」に進化を果たすには
一体、なにをどうすれば良いのか?

 

僕がお伝えしているのは
「英語ができる実感」
を、まずは手に入れようってことです。

 

「英語ができる」と実感すれば、
英語を楽しく感じられるようになるし、

あとは放っておいても自然と英語力は高まるし、
英会話も身に着けることができます。

 

何と言っても
「好きこそものの上手なれ」ですからね。

 

 

前回の記事にて、
僕はあなたに英会話がどれだけ楽しくて、
どれだけ必要なスキルであるかを伝えました。

 

そして今回の記事では、
①日本人が英会話が苦手な本当の理由と、
②英語嫌いを克服する方法をお伝えしました。

 

 

もしもこの時点で
「おおー!英会話やりたい!」と
気分が盛り上がってきたのであれば……

 

「鉄は熱いうちに打て!」ですので、
今すぐこちらの英語学習の無料メルマガを、
とりあえず読んでみることをおすすめします↓

 

【詳しくは・・・】

📭 まさぽんのメルマガコミュニティ ~The Planet Japan~
(初心者の方をメインに、老若男女が英語を学んでいます)

 

このメールマガジン内では、
英語が「できる人」しか分からない感覚や
視点などが惜しみなく共有されているため、
普通の人はまず知らない知恵を養えます。

 

必要に応じて、僕がこの目で厳選した
英語の優良教材などもあなたに紹介しますが、
その流れに乗ればあなたは一気に
英語力を飛躍させることができます。

 

 

だ、あなたはもしかすると
「う~ん、今はちょっと…」と
尻込みしてしまうかもしれませんね。

 

大丈夫です。慎重なのは良いことです。

 

自分にはまだ早いかな……、と
いろいろ不安になってしまう気持ちは、
僕にもよくわかります^^

 

 

そんな時は、焦らずに
このブログの記事を1つずつ
読み進めていってください。

 

大胆な行動力がある人は素晴らしいですが、
時には慎重さも重要になります。

 

慎重に、一歩ずつ、僕と二人三脚で
歩みを進めていきましょう。

 

気が付けばあなたは、
「英会話を絶対に習得してやるぞ!」
情熱的な人になっているはずです。

 

 

僕はあくまでも、あなたの味方です。
焦らず、はやらず、着実に、
英語を好きになっていって下さいね。

 

【次の記事】
英単語を覚えてもすぐに忘れる貴方へ