【前回の記事はこちら】
英会話教材は、7割以上が詐欺

 

つよし

これからの時代は英語が必須だし、ぼくも英語を話せるようになりたいなぁ…

 

と考える人は、最近の日本で
かなり増えてきています。

 

しかし

 

「う~ん、何やろっかな??」

 

あなたはこれまで、
英会話の教材は何が良いのか、
ずっと疑問に感じていたはずです。

 

 

「英会話やりたい!!」と言って
英会話の情報をとりあえず
ネットなどを使ってあさってみるものの、

 

本当に効果のあるものって何なのか、
意外とよくわからなかったりします。

 

 

英会話スクールには賛否両論あるし、
海外留学は費用が高すぎるし……

 

ネットを見て調べてみると、
必ずしも良い評判ばかりではない……。

 

「英会話を身に着けよう」という名目の
スクールや教材は既にたくさんあるのに、

 

調べれば調べるほど、
どれもこれも不正解な気がしてくるはずです。

 

そして、迷いに迷った本物志向の英語学習者が
このブログにたどり着くんですよね。

 

「英語をペラペラになって、
 英語の本もサラサラっと読み漁って、
 海外ドラマを字幕なしで見たい……!!」

 

という強い願望を持ちつつも、
その理想を成し遂げる手段にどれを選ぶかで
大きな迷いを抱えているはずです。

 

 

この日本にある英語教材は、
「あなたに合うもの
」と「合わないもの」
に分かれています。

 

たとえ有名なもので、
お客様の素晴らしい声がたくさんあっても

それがあなたに合うとは限りません。

 

有名英会話教室に数年通い続けていても、
海外で暮らしていても、

初心者レベルでしか英語を話せない人を
僕は何人も知っています。

 

 

何を選べばいいかわからないからこそ、
仲良しの友達や同僚に「何がいいのかな??」と
相談してみたりもしたはずです。

 

しかし、彼らはスクールの運営人でもなく、
教材を自分で作っているわけでもないので、
いまいち納得のいく答えは得られない……。

 

そんな状況に陥っているあなたのために、
僕が、「英会話の情報商材」という
第三の道について、解説をしてみますね。

 

 そもそも情報商材ってなに?

 

情報商材というのは、
参考書でも英会話スクールでもない、

バリエーション豊かな教材です。

 

その多くは個人が作成しており、
表には知られていない情報が書かれていたり、
上級者しか知りえない内容も含まれます。

 

 

主にWeb上のホームページなどで
売られている種類の教材なのですが……

 

形式はPDF、動画、メールサポートなど
非常に幅広いものが展開されています。

 

最近だと、noteというSNSで
有料の記事や、Kindleを販売する人も
かなり増えてきました。

 

それゆえ、情報商材はかつてよりも
身近な学びの道具として普及しています。

 

 

そのジャンルは非常に幅広く、
健康、恋愛、ダイエット、美容、
ビジネス、英語、受験、子育てなど
実に色々なものがあります。

 

僕も情報商材はたくさん買ってきたし、
安いものも高いものも、
当たりも外れもありました。笑

 

が、自分で厳選して
「コレはいいな!」と感じたものを買うと
やはり大きな成長を果たせます。

 

また情報商材には、
表の世界には公開できないような
秘密の内容が載せられている場合も多く、

 

一般の人が通常の手段で
(たとえば英会話スクールなどで)
得られないような貴重な情報も多いです。

 

 

本当に、「知っているかどうか」で
結果が180°変わる情報ってありますからね。

 

実際に英語を教える立場に立つと、
そのことがよくわかるのです。

 

もちろん買っただけでなく、
きちんと実践することは当たり前ですが、
知識や情報には、バンバン投資してきました。

 

情報商材には 「良いもの」と「悪いもの」がある

 

英語系の情報商材メリットを
具体的に挙げてみると、

次のような感じになるでしょう。

 

【情報商材のメリット】

◇ 通常では得られない内容が得られる
◆ 充実サポート付きのものも存在する
◇ 自分に合ったペースで学習できる
◆ 購入者の「細かい悩み」を解決してくれる
◇ その道の「プロ」が提供している
◆ スクールや留学に比べると極めて安い
◇ いつでもどこでも学習できる
◆ 購入者の声に合わせて柔軟な修正がある

 

他にも色々とありますが、
とりあえずはこんなところですね。

 

「情報」がメインなので、
基本、購入するまで中身は分かりません。

 

ただし、中にはその性質を利用して、
極めて悪質な商材を売りつける人間や業者も、
一定数存在するのもまた事実です。

 

 

そんなわけで、情報商材の
デメリットに関してもまとめてみました。

 

【情報商材のデメリット】

◆ 市販の本と比べると値段が高い
◇ 勉強仲間が作りづらい(公に出ないので)
◆ サポートがついていないものもある
◇ 詐欺的な商材も多い
◆ 誇大宣伝や優良誤認がはびこっている
◇ 名ばかり返金保証を付けているところも多い

 

こんな感じで、ニセモノもはびこっているので
「情報商材が最高だ!」とは僕は言えません。

 

美味し過ぎる話ってだいたいウラがあるので、
購入者側が賢くなるしかないんですよね……。

 

ただし、本当に良い情報商材の
見分け方というのは、かなり難しいです。

 

僕も(英語以外の)情報商材には、
正直、期待外れなモノも多くて、
「やっちまった~」となったことがあります。

 

 

いかにも凄そうな宣伝文句を載せていたり、
豪華絢爛なスタジオで動画を撮影していたり、

サクラを金で雇って教材を勧めさせたり、
教材の悪い部分を事前に全て隠していたり……

 

「1日15分、1ヶ月でペラペラになります!」
「●●博士がこの教材の効果を認めています!」

「残り6時間で募集終了!!」
などと言って
思い切り煽って買わせるものもあります。
(そして後日、格安プランの案内が来るパターン)

 

インターネットをいろいろ調べてみれば、
「クッソ~騙された!」という被害者の声は
いろんなところに見つかります^^;

 

ただ、業者も業者で最近は対策をしていて、
検索をかけても良い口コミしか出てこないように
提灯ブログをいくつも立ち上げていたりします。
(僕も某業者にはさんざん圧力をかけられました)

 

提灯ブログとは:
特定の個人や団体の印象が良くなるように意図的に誇張して書かれたブログのこと。 ちょうちんブログの多くは、金銭の授受を伴い、特定の個人や企業とは無関係の人物のブログのように見せかけて、広告・宣伝を行う。(コトバンクより引用)

なので結局のところ、
情報商材だけをおすすめする気には
ちょっとなれないんですよね。

 

良いものと悪いものがあるので、
どうやって見る目を養うかが重要です。

 

なみに、僕のブログを
ここまで読み進めている人であれば、
見る目はかなり高いと思います。

 

 本当に良質な英語の情報商材とは?

 

街中を歩いている日本人をみても、
ちゃんとした英会話ができる人って、
未だにほとんどいないんですよね。

 

だからこそ、日本の人々はもっと、
英会話を体系的に学び、
それをどんどん実践していかなきゃならない。

 

ですが僕の見てきた中で、
英会話力を「本当に」高めてくれる、
本物志向の初心者のための教材は、

まだまだ本当に少ないのです。

 

 

 

ちなみに「有名だから大丈夫」とか、
「皆がやってるから大丈夫」
なんてことは、絶対にありません。

 

「元通訳が提供する史上初のノウハウ!」とか、
「元CAが提供するラクラク英会話術!」とか、
「英語の神様がついに降臨!!」とか、

 

どれもこれもうさんくさいけれど、
つい手を出してみたくなる気持ちは、
僕もよくわかります。笑

 

 

でも、真実って多くの場合、
かなり地味だったりするんですよね。

 

一見、天才に思えるような人であっても、
実は陰で物凄い努力を積み重ねていたり、

 

一見、派手な格好をしている人でも、
実は素朴な価値観を持っていたりします。

 

それと同じように、
一見すると地味な雰囲気の人でも、
実は凄い実力を持っていたり、

 

一見平凡なように思える教材でも、
やってみると、実は自分に合っていて、
どんどん実力が伸びていったりします。

 

 

 

そんなわけで、僕はあくまで
英会話を習得するためには何だかんだで
情報商材をおすすめしているんですね。

 

それも「ラクしてペラペラ」系ではなく
きちんとステップ別に学習ができて、
講師の人柄が信頼できるようなものです。

 

わざわざ提灯ブログを量産したり、
検索ワードに広告を大量投入しなくても、
自然と信頼によって選ばれるものです。

 

ですので、あなたが情報商材を選ぶなら、
メールやSkype、Zoomなどでサポートをしてくれ、
分量もそれなりにあるものが良いでしょう。

 

 

あとは「自己流で学ぶこと」についてですが、
これは基本的に、僕はお勧めしません。

 

もちろん自分でできることは
自分で頑張るという姿勢は必要です。

 

しかし、誰も教えてくれる人がいないのに
自己流で長時間を費やしても、
たいていの場合、結果は出ないのです。

 

 

安上がりで済ませようとして、
本屋で書籍をいくつか購入して、
あとは独学、、、みたいな人もいますが、

 

よっぽど自分に厳しくできない人以外は、
誰かに教えてもらわない限り、
必ずサボってしまうことになりますし、
途中で正当ルートからズレてしまったりします。

 

本当にこれ、よくあるんですよ。

 

なので、学習パートナーやサポーターがいた方が
結果を出せる確率はグンと上がるし、
それが優良の情報商材の強みでもあるんですね。

 

 

とにかく誇大広告が多い世の中なので、
何が本当のことなのかが、
あなたは分からなくなってしまうでしょう。

 

ですが、今回僕がお伝えした内容を
しっかりと押さえて教材を選びさえすれば、
自分の選択に後悔することはまずありません。

 

僕自身がおすすめするのは
英語のコミュニティ形式で、色んな人と
一緒に学んでみる、というものです。

 

僕はこのブログの他にも、
英語初心者向けのメルマガを書いているので、
お気軽に参加してみると良いです。

 

 

今度はこちらのメールマガジンにて、
英語力を基礎から高めるにはどうすればいいかを
しっかりと、発信していきます。

 

1日1通ずつ配信され、
途中でアンケートや面談の案内もあるので

積極的に行動してみてくださいね^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「あの・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「英語中級者向けの教材はないんですか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・はい。

 

実は、用意しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【英語中級者の方へ】

🔱 英語のアウトプット力を半年間で集中的に高める講座「必殺構文 with grammars」

 

普段はメルマガの購読者にしか
案内をしていない裏講座ですが、
ここまで読み進めた人限定で、紹介します。

 

こちらはあくまで、
行動力と投資意識を兼ね備えた
「本気モード」の英語学習者向けです。
(目安:TOEIC500点以上)

 

本物の英語力を養いたい人向けに特化してあり、
まさぽんの徹底サポートがついていますが
英語業界の泥沼競争に巻き込まれたくないので、
表には秘密にしてあります……。

 

ここまでお読みになったあなたであれば
こちらに参加しても大丈夫かなと思いますね。

 

ただし、参加の際には諸条件があり、
合う人と合わない人がいるのは確かなので、
不安な方はまずはこちらのフォームにて
無料コンサルティングを受け付けます。

 

相談したい内容に
「必殺構文」のキーワードを入れて頂き、
簡潔な自己紹介をしたうえで、
希望日時を3つまでご記入ください。

 

それでは、ありがとうございました。