どうもこんにちは、
英会話の伝道師・まさぽんです。

 

僕は長年の大学受験浪人の経験を通じて、
予備校や参考書にお世話になりましたが、
その時に英文法を集中して学びました。

 

ただ、その当時にインプットした知識は、
後のアメリカ留学ではあまり役に立たず、
現地でぜんぜん喋れなかったんですよね。

 

しかし、英文法をやらなくて良いかというと、
決してそのようなことはありません。

 

文法や単語の知識がベースになって、
初めて英会話を習得できるからです。

 

 

では、英文法はどうやって学ぶべきか?

 

それは「アウトプット」を重視して学ぶことが
最も効率の良い勉強法となります。

 

色んな社会情勢の変化を受けて、
「英会話を学んでみたい」という日本人は
今も現在進行形でどんどん増えています。

 

僕の思い込みかもしれませんが、
実際に英語がしゃべれる日本人の数も、
数年前に比べて急増している印象ですね。

 

 

ただし、英会話を学ぶ際に
やっぱりその基礎となるのは英文法です。

 

英文法の知識を一通り押さえている人と、
全く知らない(or忘れてしまった)人とでは、
その後のスピーキング習得までのスムーズ度が
明らかに異なります。

 

なので、受験勉強で鍛えられた人や、
英語系の専門学校に通っていた人だと、
そこまで苦労せずに英会話を習得できます。

 

基盤となる骨格を整えてからの方が、
知識を構造的に把握できるのです。

 

「文法」という言葉を聞くと、
なんだか難しそうなイメージがあったり、
ウワッと抵抗感を抱きますよね。

 

しかし、その壁をいったん乗り越えると、
英文法はとても便利なツールになってくれて、
あなたの英語学習スピードを急上昇させてくれるのです。

 

【参考記事】

 

以前にも何度か英文法に関して
ブログ内でお伝えしてはいるのですが、

 

独学でスムーズに文法を習得するために、
ちょっとしたコツとか手順があるので、
今回はそれをあなたに共有しておきますね。

 

 

英文法の勉強はアウトプット方式が最速。

 

中学~高校英文法の復習というものは、
本来そこまで時間をかける必要はありません。

 

もしも学習に何年もかかるようであれば、
それはほとんど初学者に近い状態か、
効率の悪い学習をしていると考えられます。

 

多くの人がやってしまっている間違いは、
「分厚い参考書をはじめから読む」
という文法の勉強の仕方です。

 

僕の高校時代にも、“Forest” という
分厚い参考書を英語の先生に配られましたが、
持ち運びで疲れたことを覚えています。笑
(しかも、ほとんど読まないという…)

 

 

つい読み込んでしまう文法書

 

英語好きな人にありがちなのは、
文法書の細かいルールを押さえようとして、
ついつい隅々まで読もうとすることです。

 

知識欲が旺盛なのは素晴らしいし、
退屈な文法学習を熱心に取り組めるのは、
英語学習においてとても大事です。

 

しかし、多くの文法書というのは、
200ページ以上の分量があるのがザラなので、
すべてを読み込んでいたらキリがありません。

 

大量の英語書籍

 

 

僕は既に一通りの知識が頭に入っているので、
あくまで文法書は辞書代わりに使い、
気が向いた時にたまに読む程度で済むのですが…

 

「これから初めて文法を復習したい」って人は、
ひとつひとつの単元を確認するだけで
ものすごく苦労をすると思います。

 

なぜなら本来、英文法というものは
自分ひとりで取り組むものではなく、
誰かに重要な部分だけを教えてもらって、
優先順位をハッキリさせて学ぶものだからです。

 

しっかり正しい順番を意識して取り組めば、
中学レベルの英文法であれば、
1~2ヶ月くらい集中すれば何とかなります。

 

高校レベルの文法は複雑なので、
習得にはもっと時間がかかりますが、
なるべく短期集中で身に付けたいところです。

 

 

・・・なぜ、そんな短期間で
英文法を一気に復習するのが理想なのか?

 

それは、海外、および外国人と接する際には
英文法の知識そのもの」が求められる場面は
ほとんどないからです。

 

日本では英検やTOEIC等の試験があるので
英文法の知識を問う設問も出題されますが、

 

あなたが実際に英会話(or英文チャット)
をする際には、文法用語は全く問われません。

 

どれだけ文法用語を知っているか、ではなく
既に知っている英文法の知識を
「応用」することが求められるのです。

 

なので、最速で英語を話したり、
最速で英語の文章を打てるようになりたければ、
「すぐに応用できる形で」文法を学ぶのが
最も効率的で、忘れにくい勉強法です。

 

つまり「アウトプット」を重視して
文法を身に付けることが重要なんですね。

 

アウトプットを通じて身に着けた知識は、
海外の日常生活でもそのまま使える、
いわば「生きた知識」です。

 

 

参考書で学ぶ知識と、会話で使う知識を、
それぞれ「死んだ知識・生きた知識」
僕は区別して呼んでいるのですが、、、

 

試験勉強で必要となる知識のほとんどは、
日常生活でろくに役に立たないため、
いわゆる「死んだ知識」なわけですね。
(※だから、受験勉強はつまらないのです!!)

 

これまで分厚い参考書を使って文法を学んだり、
細かい知識ばかりを頑張って覚えてきた場合、
この「死んだ知識」が脳内に貯蔵されています。

 

僕は留学をした際にさんざん経験しましたが、
「死んだ知識」をいくら持っていても、
それは英会話ではなんの役にも立ちません。

 

ただしそれらの知識は、大量の問題演習や
ライティングなどのアウトプットをする時に、
初めて「生き返る」ことになります。

 

が、逆に言えば、
それらの応用訓練をちゃんとやらない限り、
知識はいつまで経っても死んだ状態です。

 

日常生活で使わない死んだ知識を
どれだけ溜め込んでいたとしても、
それは大学図書館の地下室と同じように、
ホコリをかぶった無意味な知識なのです…。

 

 

 

やっぱり「頻繁に使う知識」と
「ほとんど使われない知識」とが
英文法でも存在するわけですよ。

 

日常生活で頻繁に使う文法知識であれば、
ただ外国人と会話をしているだけで、
復習の機会を多く見込めるでしょう。

 

若干、知識が怪しかったとしても、
使う機会が多ければ多いほど、
自然と復習もたくさんこなせます。

 

だからあなたが文法を復習する時は、
書籍を読み込むのはほどほどで済ませて、
アウトプットを重視して下さい。

 

講義を受けるなり、テキストを読むなりして
7割の解説を理解したら、即座に問題を解き、
その知識をどう使えばいいかを確認すると、
ハイパー効率的な学習が実現します。

 

 

「そんなこと言っても、知識がなくて
 回答を間違えたら悔しいし・・・」

 

と、あなたは感じるかもしれません。

 

ですが、間違えたとしても、安心して下さい。

 

ぶっちゃけた話、一般のバイリンガルでも
普通にスピーキングでミスをやらかします。

 

時制の一致とか、三単現のsとか、
「あ、つけ忘れちゃった💦」ってことが
割と頻繁にあったりします(実体験)

 

僕もミスはしないように務めていますが、
それでも完全にミスを無くすのは無理です。

 

 

でも、そんなのは外国人からしてみれば、
別に大した間違いではないんです。笑

 

というか彼らも普通に間違えまくりますから、
あなたも必ずしも100%正確な英文法を
意識する必要はなく、気楽に構えて良いんです!

 

ミスをしないことよりも、
きちんと相手に伝わる話し方をしたり、
積極的に会話をする姿勢の方がよほど重要です。

 

ただし、自分が間違えた箇所について、

「なぜその文が間違いなのか?」

きちんと把握しておいてくださいね……。

 

 

「間違った」という自覚さえあれば、
あとで修正することもできますから、
それは成長している証拠なのです。

 

 

アウトプットは何をやればいい??

 

とりあえず今回、
英文法を頑張るアナタにお伝えしたいのは、
アウトプットの重要性についてです。

 

インプットは知識を頭に入れる作業で、
アウトプットは既に頭の中にある知識を
「実際に使ってみる段階」です。

 

なので、英語を喋ってみたり、
英文を書いてみたり、問題演習をしたり、
もしくは誰かに知識を教えてみたり、
学んだことをシェアしてみることが有益です。

 

何かの英語コミュニティに属して、
そこで色んな人と学びを共有してみるとかは、
ものすごく良質なアウトプットです。

 

ただ、分け合ってそういう環境がない場合、
オンラインで交流することもできます。

 

たとえば僕が運営しているメルマガでは、
僕が学んだことをアウトプットしていますが、
同時に読者の方々が学んだことを、
僕に返信する形でアウトプットしてもらいます。

 


(↑お陰様で、多くの方にご好評を頂いております。)

 

僕も色んなコミュニティに参加していますが、
こういう「参加型」のメルマガだと、
良質なアウトプットができるんですよね。

 

時には頂いたメールを取り上げて、
それがさらに皆の学びにつながっていけば、
学びの「好循環」を実現します。

 

 

ただ、アウトプットは確かに有益なのですが、
「手間がかかる」という欠点もあります。

 

逆に、インプットって、楽なんですよ(笑)
ただ情報を入れるだけで良いんですから。

 

本や漫画、記事、ニュースを読むだけとか、
SNSをチェックするだけなら、
日本人の誰もがヒマ潰しにやってますしね。

 

暇つぶしにスマホをいじる人

 

 

その一方で、アウトプットというのは、
具体的な「作業」が伴います。

 

SNSなら文字を入力したり、
勉強なら手を動かしたりするので、
暇つぶしにやる訳にもいきません。

 

どちらかと言うと、
ちょっと面倒くさいんですね。

 

 

アウトプットの効能について

 

しかし、面倒くさいことに
敢えて取り組むからこそ、
学習効果はそれだけ高くなります。

 

一説によれば、アウトプットの効能は
インプットの25~100倍もあるそうです。

 

割ととんでもない数値ですよね。

 

だからあなたが英文法を学ぶ際には、
アウトプット重視の姿勢は
崩さない方が良いでしょう。

 

英文法の講義を受けまくるよりも、
英文法の書籍を読みまくるよりも・・・

 

英文法の問題を解きまくって、
答え合わせをしまくった方が定着します。

 

なぜ定着しやすいかと言ったら、
アウトプットを経由した知識というのは、
非常に忘れにくくなるからです。

 

 

おしゃべりでアウトプット

 

 

(あなたが本やYoutubeで得た知識も、
 知り合いの誰かに教えた内容は、
 ずっと覚えている傾向がありますよね?)

 

「他人に教える」というのは
最高品質のアウトプット効果があるので、

 

あなたに英語学習仲間がいる場合は、
お互いにクイズを出し合ったり、
教え合ってみるのが非常に有効なんです。

 

 

しかし、お一人様で英語を学ぶ人には、
そんな便利な仲間はいません。

 

もしもあなたが「一人好き」で、
「英語仲間」なんて別に欲しくなくて、
すべて「独学」でやりたい方であれば・・・

 

そのような場合は、今の実力に応じて、
レベル別の問題を解きまくってみることで
同様のアウトプット効果が得られます。

 

問題を解いて、答え合わせをした後に、
再度インプットをしてみることで、
非常に忘れにくい知識が手に入ります。

 

これは「記憶力を維持する方法」に基づいて、
地道に復習を進めてみるのがおすすめです。

 

 

 

 

もちろん、インプットとアウトプットは
両方やらなければならないのですが、

 

日本人は概して、インプットばかりに
傾倒することが多い生き物です。

 

だからこそ、今回まさぽんはアナタに、
敢えて「アウトプット重視で!」
という方針をお伝えしています。

 

問題を解いたり、
メルマガに返信をするのは面倒くさいですが、
いったん慣れればすごく楽しいですよ。

 

アウトプットは多くの場合、
机に向かわなければなりませんが、
その気になれば歩きながらでもできます!

 

何ならあなたが友人と歩いている時に、
英語での会話にチャレンジしてみるのも
立派なアウトプットです。

 

もしくは普通に街中を移動する際に、
周囲に聞こえないように独り言を呟くのも
優れたアウトプット術として存在します。

 

詳しくはメルマガ内で公開しているので、
👇気になる方は読んでみてくださいね。

 

>> まさぽんのメールマガジン✉
(今なら読者限定プレゼントもつけています(^^)/)

 

 

人生の壁・突破文法とは?


英語を自由に使いこなせるようになって、
豊かで快適な人生を送りたい・・・。

以前はそのようなビジョンを、
このブログの著者(英会話の伝道師・まさぽん)も
胸に抱き続け、努力を重ねてきました。

 

5年の長期に渡る受験勉強、
アメリカ東海岸での留学経験を経て、
ようやく今、願ったライフスタイルを、
僕(まさぽん)は叶えつつあります。

そしてこれからは、さらなる栄光の未来に向けて、
ドラクエ世界の如く、理想を目指す仲間を探すために
Webメディアの活動を継続・更新し続けています。

 

当ブログ「最強の英会話人」には、
僕自身の過去の体験やそこから得た気付き、
学んだ知恵などが、数多く書き連ねられていますが、

ただ単にブログを読んでいるだけでは、
あなたは “人生を変えるほどの衝撃的な体験” は
おそらく味わえないはずです。

 

そこで僕の運営する「メールマガジン」が、
あなたの生き方の方針を定める上で、
大きな役割を果たすことでしょう。

 

メルマガ内では、英語初心者~中級者向けに、
『人生の壁を突破するための文法』の構築について、
濃密エピソードと共に語られていきます。

 

「英語を用いたこれからの仕事のあり方」
「英語と人生とを適切に結びつける発想力」
「人生の壁を次々と突破するための文法の正体」
「初心者が英語を話すまでの具体的な流れ」
「人生を勢いに乗せて、上手に波に乗るマインド」
「日本人ブランドを外国人相手に活かす技」

 

などなど、単なる商業的なメルマガではありません。
常に改良され、常に進化が果たされ続ける
世にも希少な「参加型メルマガ」ですので、
必然的に、貴方の人生とも結びつく事になります。

 

都合の良い、割り切った関係ではなく
共に成長できる仲間、長きに渡り助け合える関係を
僕はあなたと構築したいと考えています。

「最強の日本」に向けた理想を歩む侍たちを、
こちら側の世界で、こっそりとお待ちしてますね。

 

>> 最新鋭の英語術を習得し、人生の壁を突破する

 

この続きは、メルマガ1通目にて。