あいきゃんどぅーいっと(I can do it)の意味と使い方。

どーも!
英語大好きマンのまさぽんです。

今回は短い記事ですが、

「あいきゃんどぅーいっと」
の秘密を教えちゃいます♪

いきなり種明かしをすると、
これは “I can do it”
私は(それを)できる!
って意味ですね。

このフレーズを覚えておいて、
事あるごとに口にするだけでも、
ポジティブな気持ちを保てますよ。

というわけで、
このフレーズの詳しい意味とか、
使い方を見ていきましょう!

I can do it(あいきゃんどぅーいっと)の意味

英語初心者向けに丁寧に解説すると、
“I can do it” は「私はできる」とか
「私ならできる」という意味です。

読み方は
「アイキャンドゥーイット」で、
速く読むと「アキャドゥイッ!」
って感じになります♪

“can” は助動詞という品詞で、
動詞とセットで英文に入れることにより
「~できる」とか「~し得る」
という意味合いを出せます。

使うシチュエーションとしては、
たとえばこーゆーのがありますね。

👨 Can anyone repair this machine?
(誰かこの機械を直せる?)
👦 Yes, I can do it !
(はい。私ならできますよ!)

 

……って感じで、
(100%ではなくても)できる自信があれば
このフレーズをどんどん使うと良いでしょう。

「私はできる」の別の言い方

I can do it.(私はできる)
には、別の言い換え表現もあります。

たとえば “can” ではなく、
“be able to” を使って言い換える場合、
I am able to do it.
(アイアムエイブルトゥードゥイット)
で、ほぼ同じ意味合いを出せます。

厳密には両者は少しニュアンスが違いますが、
あなたが英語初心者であれば、
「だいたい同じ」と考えてオッケーです👌

また、I can handle it.
(アイキャンハンドゥリット)と言えば、

「私ならそれを操縦できます」
という意味が転じて、
「私はできる」という意味ですね。

また、自信満々な感じで、
「そんなん朝飯前だよ」と言いたければ、
It’s a piece of cake.
(イッツ ア ピース オヴ ケイク)

「私に任せろ」と言いたい場合は、
Leave it to me.
(リーヴィットゥーミー)
といったフレーズが使えます!

ぱんだぱんだ

いっぱいありますね。


まさぽんまさぽん

自信の度合いによって、段階別に使い分けてみるといいよ。

I can’t do it だと「私にはできない」となる

I can do it. の逆の表現で、
「私にはできない」と言いたい場合は、
I can‘t do it.(アイキャントドゥーイット)
と言えばオッケーです。

これの発音は、
ほとんど “I can do it” と同じですが、
気持ち「キャン」の後ろに
小さな「ッ」を入れる感じですね。

can’t は “can not” の省略形で、
会話では省略形の方がよく使われます!

You can do it は「君ならできる」という激励表現

“I can do it” の主語を変えて、
You can do it” にすると、
「君ならできる」の意味になります。

これは、苦難にブチ当たって
落ち込んでいる友人などを励ます時に、
肩をポンッと叩いて言うと効果的です。

 注意点

You can do it. は別に失礼な表現ではありませんが、ちょっと馴れ馴れしさを感じるフレーズなので、目上の人(上司や先生など)には言わない方が良いでしょう。あくまで対等以下の関係の相手に使います。

まとめ

今回は、“I can do it.”
(アイキャンドゥーイット)
という英語フレーズについて
サラっと意味や使い方を解説しました。

“I can do it.” は「私ならできる」
“You can do it.” は「君ならできる」
の意味で、どちらもよく使います。

まずはこーゆーフレーズから入って、
使える英語が増えてきたら、
徐々に文法も学んでみると良いでしょう!

英語はコツコツ知識を積み重ねると、
いつの間にか巨大なパワーとなり、
僕らの人生を豊かにしてくれます。

自分で1から英文を作り出せるようになれば、
英文日記を書いたり、
外国人との英会話もできるようになるので、
その日を目指して頑張ってみて下さいね。

ちなみに僕のメルマガでは、
人生全般に普遍的に通じる英文法
をテーマに、本物の英語力を養うための
日本人初心者特化型ノウハウを無料で語っています。

10代~60代まで男女の別なく、
幅広い方々が英語を学んでくれています。

【📬まさぽんのメルマガコミュニティ】
The Planet Japanに参加する
(初級者向けです。他とは一味違う英語学習の “気付き” をあなたに提供します。)