こんにちは。Masaponでございます。

 

さて、タイトルにも書いてありますが、

実は、そろそろ全力で

「英検準1級」を目指してみようと思います。

 

 

やっぱり人に英語を教えるからには、

それなりの資格が必要だと思うんですよね。

 

 

ちなみに英検準1級、というのは

高校の英語教師でも持っている人は6割程度です。

 

中学の英語教師になると、

3割程度になってしまいます。

 

 

また、アルバイトでも

「英会話講師」として名乗れるレベルは

英検準一級が目安となっています。

 

 

色々と求人も見ているのですが、

どこもかしこも「英検準1級」とか
「TOEIC850点以上」とか

そういうところが多いんですよね。

 

 

まあ、僕(Masapon)の場合は今のところ、

普通に外国人と日常会話ができるレベルですので、

色んな人に、英会話を教えることは出来るんですね。

 

 

 

それに、過去において

長らく東大レベルの受験勉強を頑張っていたので、

受験英語も一通りは教えられます。
(※ 落ちましたが… ^^;)

 

 

 

ですが、実際のところ

「英検準1級を持っている人」に英語を教わるのと、

 

なんだかよくわからないけど

「『私は英語話せますよ^^』って言ってるだけの人」

英語を教わるのとでは、全然、信頼度が違うと思うんですね。

 

 

やっぱりそれなりの資格を持っている人に

あなたも英語を教わりたいじゃないですか。

 

僕だったら当然そうします。

 

もちろん資格を持っている人が、

全員英語をペラペラに喋れるわけではありません。

 

TOEICなんかまさにその典型で、

スピーキングの試験が無いのに、

なぜか日本企業はTOEICの高得点を持っている人を優遇します。

 

 

まあそういう文化なので仕方ないかな、

と思うんですが、

とにかく僕は「英検準1級」を目指すつもりでいます。

 

 

それと同時に、

外国人との交流も増やしていこうと考えていますが、

それはもう少し先になると思います。

 

 

はい、そんなわけで

「今から英検準1級を本気で目指すぞ!」

という決意表明のための記事を更新しました。

 

 

ちなみに今の僕の実力としては、

英単語は「でる順 パス単・英検準1級 1850語」というものを使い、

そのうち8割方は既に押さえています。

 

ですので、こちらの復習を続けながら、

長文や面接の対策に入っていこうと思います。

 

本日、Amazonから届いた問題集は

旺文社の「英検準1級 過去6回 全問題集」というものです。

 

 

2017年6月4日に一次試験があるのですが、

それまでにすべての問題を2~3回ほど繰り返して、

本番に備えようと思います。

 

 

こんな単なる決意表明の記事ですが、

最後まで読んでくれた方は、

ありがとうございました(*^-^*)

 

 

もしもあなたが英検合格を目指していたら、

僕も仲間ですので、一緒に頑張っていきましょうね。

 

 

それではまた!

 

Masapon

 

 


追記:

→ ちゃっかり合格しました(笑)

 

1次試験合格

2次試験合格

 

 

 

 

このブログの著者(英会話の伝道師・Masapon)は、
幼少期から「変な奴」と周囲にみなされており、
日本の現代社会への適合が不可能と判断したがゆえ、
海外への可能性を常に模索してきました。

 

しかし、在学中に経験したアメリカ留学では、
世界は自分の思っていた以上に遥かにシビアであり、
「英語を使えない人間は家畜レベルの扱いを受ける」
という、厳しい現実が待ち受けていたのです・・・。

 

そして20代半ばの秋、
殺風景なボストンの小部屋にて、
僕はようやく悟るに至りました。

この世界に、“逃げ場” はない。
ならば、覚悟を決め、現実と戦うしかない

“人生の答え” は外ではなく、己の内面にあるのだと。

 

当ブログ『最強の日本人』には、
英会話術を主とした記事を多く載せていますが、

人生に迷い、自分の存在価値が分からなりつつある
“訳アリ” な人々に向け、僕の体験を基にした教訓が
様々なテーマを通じて描かれています。

 

いま、英語を手段として、
「第2の人生」を歩もうと決意されている方へ。

これから英語を本格的に学ぶならば、
僕の運営するメルマガを読んでみて下さい。

一切の綺麗事を排除した世界観に基づき、
現実をシビアに見つめ直すためのTips等が
かなり生々しく、描かれております。

 

ブログではちょっと言えないような、
激烈・苛烈な内容を描いた電子書籍
ただいまプレゼントとして皆様に配布中です。

※書籍にはアナタの心を深くエグる内容が描かれておりますので、
 準備のできた方から、覚悟を持って先にお進みください。

 

>> Masaponの辛辣メルマガを購読してみる。 
(不健全な内容が含まれるため、18歳未満には非推奨です。ご注意を。)