「留学」

 

この言葉が持つニュアンスは、
どこか華やかな印象を人々に与えます。

 

そして、留学を経験した人間というのは、
良くも悪くも、
世間から華やかに見られがちです。

 

かつての僕も、
そんな留学経験者の姿にあこがれを抱き、

「アメリカに行けば人生が変わる!!」

とすら、思っていました。

 

 

そして、実際にボストンへ留学に行きました。

        (※写真はチャールズ川)

 

もちろんお金はかかりましたが、
奨学金もそれなりに出たため、
学生の中では恵まれた方だったと思います。

 

当時の僕は、浪人をしていたこともあって、
とにかく何か「ハク」をつけたかったのです。

 

 

↑後者は僕の人生ストーリーを
濃密なスタイルで追体験できるので、
英語を極めたい人にオススメです😇✨

 

 

「浪人したのに第一志望校に不合格」
という下卑た劣等感を拭い去り、

華やかで優雅な人間の仲間入りを
果たしたかったのです。

 

 

周囲の人々への建前としては、
「英語を話して世界に貢献したいんです!」
って感じで表面を取り繕っていましたが、

 

実際は、もっと「邪」な動機に基づき、
アメリカ留学に憧れを持って渡米した、
典型的な「意識高い系」に過ぎませんでした。

 

 

「不純な動機」で留学をしたい

 

英語を話したいだけであれば、
わざわざ渡米をせずとも、
日本国内で色々とチャンスはあるはずです。

 

にもかかわらず、当時の僕は
「留学がしたいんだ!!!」
と、頑固になっていました。

 

なぜなら、
留学はカッコイイからです。

理屈ではなく、
とにかくカッコよくて
優雅な印象を人々に与えるからです。

 

別に僕はイケメンでも何でもないのですが、
そんな自分でも「イケメンになれるぞ!」と
思わせる力が、留学にはありました。

 

なぜ、留学はカッコイイのでしょうか?

 

それは、
現地に行った人間しか
分からないこと
味わえるからだと思います。

 

 

たとえば僕が行ってきたボストンでは、
とにかく道路が広く、周囲の人々も背が高い。

日本の「リア充」とは比較にならないほど、
現地のスポーツ系男女(※Jockと言います)は
背が高く、美男美女であふれかえっています。

 

参考記事:
アメリカのスクールカーストが残虐すぎる!?

 

僕の身長は170ちょいしかありませんので、
一般人の女性に身長で負ける、
なんてことは向こうではよくありました。

 

そして街中にはゴミ箱があり、
しかも分別がされていません。

日本の都会にはゴミ箱がありませんが、
アメリカにはそこかしこにあるのです。

 

世界のゴミデータに関する詳しい情報↓
統計局ホームページ

どちらが良いという訳ではありませんが、
実際、街中にゴミ箱があると
かなり便利な印象があります。

 

 

しかし日本ではテロ対策のために、
街中からいつの間にか、
ゴミ箱が消えてしまいました。

 

 

他にも数え上げればキリがありませんが、
海外生活をすると色んな場面で、
「日本とは違う」ということに気付きます。

 

もちろんYoutubeの動画などでも、
海外のチャンネルを見れば
ある程度は現地の文化を理解できますが、

 

それでも、実際に海外に行って
現地の文化を肌で感じることには、
何か特別な意味があるように思えます。

 

 

ビデオで感じられるものとしては、
「視覚」「聴覚」だけですからね。

生身の身体を通じて現地文化を味わうと、
「触覚」「味覚」「嗅覚」といった、
五感の全てをフルに稼働させられます。

 

 

 

また、日本国内にいるだけだと、
周囲も日本語に囲まれていますが、
海外では、日本語を話す人がいません。

それもカルチャーショックを味わうための
大きな要素のひとつですね。

 

 

だからこそ、日本人の多くの人々は、
英語を身に着けるために、海外に行こう!
と、考えて行動を起こすわけです。

 

 

海外にいって英語を身に着ける…?

ですが、そこにはひとつ問題があります。

 


それは過去の僕も嫌というほど味わった、

人生に関わる重大な問題です。

 

 

 

 

「英語が話せない」

 

 

 

 

これですよ、これ。

 

 

 

僕が参加したのは、
3~4ヶ月の語学留学プログラムでしたが、

 

そこでは色々な国の人が集まり、
英語を学びにきています。

 

 

 

なので交流は当然英語で行うのですが、

当時の僕は、自分の口から英語を話す、
というスキルをほとんど持っていなかったので、

現地の人とのコミュニケーションが
何かとうまくいかないわけです。

 

 

 

そこで僕は思いました。

「英語は日本で身に着けておくべきだった…」

と。

 

世間ではしばしば引きこもりが、
「服を買いにいくための服がない」などと
冗談を言ったりしていますが、

 

実は英会話でも、
「英語を極めるための英語力がない」
という現実があったりします。

 

 

確かに、海外留学はカッコイイです。
「アメリカ帰り」というだけで、
日本では一種のブランド価値があります。

しかし、英語が話せないのに海外へ行くと、
何かと現地で悲惨な目に遭うことになります。

 

 

 

 

 

 

今回はこのへんにしておきましょう。
最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

まさぽん

 

 


英語を自由に使いこなせるようになって、
豊かで快適な人生を送りたい・・・。

以前はそのようなビジョンを、
このブログの著者(英会話の伝道師・Masapon)も
胸に抱き続け、努力を重ねてきました。

 

5年の長期に渡る受験勉強、
アメリカ東海岸での留学経験を経て、
ようやく今、願ったライフスタイルを、
僕(Masapon)は叶えつつあります。

そしてこれからは、さらなる栄光の未来に向けて、
ドラクエ世界の如く、理想を目指す仲間を探すために
Webメディアの活動を継続・更新し続けています。

 

当ブログ「最強の英会話人」には、
僕自身の過去の体験やそこから得た気付き、
学んだ知恵などが、数多く書き連ねられていますが、

ただ単にブログを読んでいるだけでは、
あなたは “人生を変えるほどの衝撃的な体験” は
おそらく味わえないはずです。


そこで僕の運営する「メールマガジン」が、
あなたの生き方の方針を定める上で、
大きな役割を果たすことでしょう。

 

メルマガ内では、英語初心者~中級者向けに、
『人生の壁を突破するための文法』の構築について、
濃密エピソードと共に語られていきます。

 

「英語を用いたこれからの仕事のあり方」
「英語と人生とを適切に結びつける発想力」
「人生の壁を次々と突破するための文法の正体」

「初心者が英語を話すまでの具体的な流れ」
「人生を勢いに乗せて、上手に波に乗るマインド」
「日本人ブランドを外国人相手に活かす技」


などなど、単なる商業的なメルマガではありません。
常に改良され、常に進化が果たされ続ける
世にも希少な「参加型メルマガ」ですので、
必然的に、貴方の人生とも結びつく事になります。

 

都合の良い、割り切った関係ではなく
共に成長できる仲間、長きに渡り助け合える関係を
僕はあなたと構築したいと考えています。

「最強の日本」に向けた理想を歩む侍たちを、
こちら側の世界で、こっそりとお待ちしてますね。

 

>> 最新鋭の英語術を習得し、人生の壁を突破する
(現在は全体チェックのため、登録のみ受付中。)

 

この続きは、メルマガ1通目にて。