こんにちは。まさぽんです。

 

Gackt(ガクト)氏の開設したYouTubeに
英語の発音を学ぶコーナー(英語ガク習塾)
があったので、レビューします!

 

「英語は〇〇から学べ!」

 

・・・という主張はいろいろありますが、
Gacktさんの場合は「発音」ですね。

 

英語も英会話も、まずは音を知らないと
読めないし聞けないし喋れない、ということで
徹底的に発音を鍛えさせてくれます。

 

パッと見た感じ、英語初心者向けですが、
実は中上級者でも案外知らない事が多くて、
「えっそうなんだ!」と思わされます。

 

色んな意味で知的好奇心が刺激され、
Gackt氏の話の面白さと外見とイケボも合わさって
今や大人気チャンネルの1つとなっています。

 

ちなみに僕はうたばん初登場時から、
彼の姿を追っています😃✨

 

当時はとにかく謎の多い存在で、
年齢・本名もまったく不詳だったり、
とてつもないカリスマ性を放っていました。

 

が、今ではわりと視聴者に身近な存在として
(それでもカリスマ感はまったく衰えていませんが)

YouTubeを荒らし(←)回っています。笑

 

そんなガクト氏の英語ガク習塾は
どんな人向けなのか、どういう点でスゴイのかを
英会話の伝道師である僕から解説しますので、
ファンの方はぜひ最後まで読んでみてください。

 

がくちゃん Gackt official YouTube

芸名 GACKT(ガクト)
別名 神威楽斗
通称 ガクちゃん / がっくん / ガクトさん / 兄さん

出身地

沖縄県
この記事がオススメな人

  • GACKTファンを自称する人
  • 英語(英会話)の発音を学びたい人
  • 発音以外も学びたい人

 

 

Gackt(ガクト)流の英語上達法

 

さて、海外に大勢のファンを持つGackt氏は
どのように英語を上達させていったのか?

 

一見すると天才や神に近い存在ですが、
裏では物凄い「努力の鬼」であり、
ハイパーストイックな人物です。

 

体型を維持するために炭水化物を摂らず、
午前中だけで数時間のハードトレーニングをし、
スタジオのメンバーにも同レベルの修行を課すなど
メチャクチャ厳しい(本人談)スタンスなので、
英語に対してもその姿勢が維持されています。

 

そもそも、Gackt(ガクト)氏が
YouTubeで一般人に向かって話すこと自体、
一昔前だったら絶対あり得ない話でした。

 

そんな彼が僕ら視聴者に向けて、
「英語ガク習塾」を開講するなんて、
未だに僕は半信半疑です。笑

 

主に撮影はマレーシアの自宅(?)から、
カメラに向かって直接語り掛ける形式で、
歯医者の方が使うような模型も登場します。

 

 

鬼のように厳しい一面を持つGackt氏ですが、
YouTubeの “英語ガク習塾” では
うって変わって優しく丁寧、
かつ所々にジョークが飛び交います。

 

母音(a / e / i / o / u)だけで
どんだけ動画取るんやってくらい、
徹底的に鍛えられますね(笑)

 

 

ちなみに彼はかつて、
京都の某ラーメン屋にひたすら通いつめて
最良のトッピングの組み合わせを考案するなど、
「凝り性」の一面があります。

 

その徹底的なこだわりとストイックさが、
彼の歌唱力を生み出しているのですが、
英語レッスンにも存分に生かされています。

 

ちなみに彼の自伝によれば、
幼少期から霊感があり、死者と話せるなど
様々な特異能力を持っているようです。

 

彼とコラボしたYouTuberは皆、
口を揃えて「オーラがスゴイ」と言います。

 

 

画面越しから見ても伝わる覇気ですから、
生で直接対面なんてしたら、
とんでもないコトになりそうですね(汗)

 

生死の境目を幾度も潜り抜けたGackt氏には、
「語学の本質」のようなものが見えているのか、
中国語、韓国語、フランス語も話せるなど
多言語をマスターしています。
(スペイン語も勉強中だそう)

 

多言語を学ぶ際には、必要となった時に
本を読んで必死に覚えたと語っていますね。

 

最近、勉強しているのは、北京語。女性を口説くことぐらいはできる。

きっかけは4年ほど前、最初に台湾に行った時のことだった。

ファンのコたちに何かを伝える時には、通訳の人が僕の言葉を届ける。その時、僕がファンのコたちに届けた言葉が、正確に届いていないというのか、ゆがんでしまうような感じがした。

言葉としては正確に伝わっていても、話し方のニュアンスまでは届かない。”話し方フェチ” としては、そこが許せなかったりするのだろう。

それから中国語会話の本を読み始めた。

根本的には本を読んでの独学だ。わからない時は中国人や台湾人の友達に聞いたりするが、ほとんど毎日、中国語の本を読んでいる。

ただし、日常会話が出来るというのと、想いをキャッチボールするというレベルは、全然違うものだ。そこまで行くには、まだ全然、単語力が足りない。予想では2万語ぐらいおぼえれば、何とかなると思うのだが。

アジア展開を考えている僕にとって、中国語に熱が入るということは自然なことである。

ただ、アジアに出るにしても、音楽では、僕はどちらかというと、日本語を広めることをやるかもしれない。北京語も大好きではあるが、それ以上に、日本語の美しさが僕は大好きだ。

それほどぼくが 大好きな日本語を、君たちも使っている。出来ればキレイに使って欲しい。僕はそう心から思う。

―――『自白』 Gackt

もちろんバンドメンバーとのフランス遠征や
かつての結婚相手の影響もあるでしょうが、
上達の基盤は「圧倒的な努力量」でしょう。

 

Gackt氏は語学の勉強においても、
ストイックな姿勢は変わりません。

 

それにしても、
本で独学で黙々と勉強することにくらべたら、

YouTubeで気軽に語学を勉強できる今は
めちゃくちゃ恵まれた時代ですね!

 

英語が下手だと噂されるGackt(ガクト)の真相

 

「Gacktは英語が下手だ」
という意見も、ほんの時々見られます。

 

 

2015年くらいの頃には、
そんな噂があったような気もしますが、
今ではほとんど見られません。

 

僕から見ても、
下手どころかめちゃくちゃ上手です・・・。

 

 

外国人向けのインタビューの際には
通訳抜きに自分で英語を喋ったりしますので、
単に事前に例文を暗記したようなそれではなく、
アドリブ含めた実用的な英語力があります。

 

しかもカメラが回っていますから、
一切のミスも許されない緊張感の中で、
これだけ喋るのは非常に難易度が高いです。

 

「Gacktは英語が下手!」という説は、
おそらくストレス溜まってる人が
憂さ晴らしに言ってるだけでしょうね。

 

 

Gackt(ガクト)流の英語はなぜ発音を重視するのか

 

Gackt(ガクト)さん自身、
「話し方フェチ」であると語っていて、
恋愛対象でも真っ先に声をチェックするそうです。

 

「好きな女性のタイプは?」

と聞かれた時、僕がまず、思い浮かべるのは声、そして、話し方だ。

女性に会った時、僕がいちばん見るところ、気になるところは、その2つ。その上で、顔が好みのタイプだったり、体のラインだったりという順番になる。

声は、目をつぶっていても聞こえてくる。まだ、触れ合ってもいない段階で、いちばん印象に残るのは声だ。

そして、声というのは、いつもそのコの話とともに聞こえてくる。音楽でいえば、そのコの話の内容が歌詞であり、話し方はリズムとメロディ、声はそれを演奏する楽器ということになるのかもしれない。

―――『自白』 Gackt

本人も小さい頃から、
声楽を習っていたりしますので、
英語も「音」を超重視しています。

 

それこそ舌の位置や動かし方、
詳しい口の開け方の違いだったり、

フレーズ単位で省略される音などを
細かい所まで懇切丁寧に、
かゆい所に手が届く指導をしてくれます。

 

また、発音だけやっても
退屈だからすぐ飽きるとのことで(←わかる)

 

映画に出てくるフレーズを題材にしたり、
小ネタを挟むなど、様々な工夫で
視聴者を楽しませ続けてくれています。

 

YouTubeの撮影・編集ってめっちゃ大変なので、
動画も幾度となく収録し直したりと、
表には出ない苦労が半端ないだろーなと思います😓

 

本人も海外でライブ活動をしたり、
国籍無関係に女性関係が豊富()ですので、
その過程で得た “気付き” を、
がくちゃんねるにて、
惜しみなく提供してくれています。

(なんて贅沢なんでしょうか・・・)

 

Gackt氏は、自分が英語を学んできた時に
「もっとこういう教え方をしてくれていたら…」
という内容を語っています。

 

「英語ネイティブじゃない日本人」
だからこそできる、
かゆい所に手が届く発音練習ですが、
その大きな特徴の1つとして、
「徹底反復」が挙げられます。

 

英単語を覚えられない人は、
50回くらい同じ文章を発音しながら
スマホやキーボードでタイピングすれば
確実に覚えられる、というアドバイスも。

 

 

50回ってなかなか多いですが、
そのくらい徹底的に書きまくれば
間違いなく誰でも覚えられますね!笑

 

Gackt氏は身体を鍛える時にも、
ストレッチや筋トレを何度も何度もするので、
そうした元来のストイック性が
英語学習にも反映されています。

 

これまで努力が続かなかったという人でも、
彼の努力する姿を何度も見ているうちに、
努力体質に生まれ変われそうですね。

 

まさぽんまさぽん

それにしても、あの一流芸能人のGacktがYouTubeで一般人とフツーに繋がるなんて・・・僕は未だに現実味が湧きません。笑

 

英会話にそのまま使えるGackt(ガクト)流の英語

 

Gackt(ガクト)氏の教える英語術は、
徹底的に発音を鍛え上げてくれるので、
ネイティブからの受けも良いです。
(YouTubeでも頻繁に英語でコメントが書かれます)

 

英会話をする際には、
たとえスラスラとは喋れなくても、
「真心を込めて、丁寧に話す」ことで
相手に想いが届く、というのがGackt流ですね。

 

僕もかつてアメリカ留学に行った時に、
発音だけは事前にある程度マスターしていたので
ネイティブから嫌われることはなかったです。

 

単語やフレーズだけであっても、
丁寧にしっかり発音することで、
英会話にも役立ちます!

 

それと同時並行で、
英文法や語彙など、知識面の強化を
はかっていけば良いでしょう。

 

Gackt氏は「伝える」ことに対して、
ものすごく誠実なオトコですから、
教え方もひじょーーに丁寧。笑

 

一流芸能人の格付けにふさわしい、
生粋の本物志向(かつ凝り性)なので、
めっちゃ細かく指導してくれてますね。

 

コミュニケーションの本質を体現

 

ただ、僕が思うに
Gacktさんの本当にスゴイところは

「コミュニケーションの本質」

をきわめて深く把握しているな、
という様子を垣間見せる点です。

 

たとえばこちらの動画。
彼のマダガスカル遠征を
取材した内容になっていますが、
Gackt氏と大自然とが一体となっています。

 

 

Part5では現地人との格闘を、
Part6では現地人との音楽的な交流で
「言葉以外」を通じたコミュニケーションを
ありありと見せてくれています。

 

初めて触れる楽器を触って、
即興でハーモニーを奏でるシーンとか、
だいぶヤバイ(良い意味で)ですね。笑

 

さらに、Part2では
現地で神聖な木とされるバオバブの木に加え、
別の木ともエネルギーの交換(?)をしています。

 

言葉の通じない相手とでも
コミュニケーションを取っているのは、
おそらく幼少期からの霊感によるものでしょう。

 

またGackt氏は、恋愛対象として
「国籍や性別は問わない」派ですが、
声や話し方を非常に重視しています。

 

L’arc~en~CielボーカルのHyde氏(男)に
マジ惚れしてるような素振りも見せるので
ちょっと一般人には理解が追い付きませんが、
とにかくそれくらい、美しいモノに対して
偏見なく接しているってことですね!

 

Gackt(ガクト)英語塾の評判・口コミ

 

 

 

 

 

 

 

 

まさぽんまさぽん

・・・ってな感じで、あらゆるところから大好評でした(笑)悪いクチコミは特にありません。YouTubeチャンネル内には、彼の熱烈なファンからのメッセージが全世界から届けられております。

 

Gackt(ガクト)流英語の「唯一の欠点」とは

 

完璧に思えるGackt(ガクト)様の英語術も、
欠点のひとつやふたつはあります。

 

むしろ、すべてにおいて
完璧を誇るGackt様だからこそ
存在する欠点だと言っても良いでしょう。

 

それは何か?

 

顔面偏差値に差があり過ぎて、
自分で鏡を見ながら発音してると
だんだん嫌になることです(笑)

 

 

 

僕も上記のツイートを見る前に
自分で鏡を使ってやってみましたが、
確かに自己嫌悪感がハンパないです(笑)

 

しかし、Gackt氏は
そんな些細な視聴者の声も
しっかりと予測してました。

 

「鏡を使う時は、口元を映す」

 

といったアドバイスを、
動画内でさりげなくしていたんですね~。

 

 

たしかに「口だけ」を映せば、
自分の顔面全体を眺める必要がないので
大して気にならずに済みますね(笑)

 

それでもGackt氏の端正な顔面と比べたら、
よほどの外見の持ち主でもない限りは、
自分の顔が見劣りするのは事実です!!

 

こで、その自己嫌悪感を逆手にとって、
イケメンになる努力を今から始めれば、
半年~1年後にはGackt並の顔面偏差値を
手に入れられるかもしれません(ムリかな😃

 

いずれにせよGackt氏には個人的に、
お馴染みの「ガクザップ」にて、
ハンサムになるためのトレーニング動画も
出してくれないかな~と期待しています。

 

まさぽんまさぽん

発音と同時並行で表情筋を鍛えまくれば、今よりもだいぶマシな顔立ちになれるかも(笑)

 

欠点・苦手を克服し続けるGackt

 

ところで、
本人の自伝に書いてあった話ですが、

意外なことにGackt氏は、若い頃はずーっと
「自分の姿を見るのが嫌」だったそうです。

 

傍から見れば絶世の美男子、かつ長身、
音楽センスにも長けてケンカも強く、

どこに劣等感を抱く必要があるのか、
という感じがしますが、
本人にしか分からない悩みなのかなぁと。

 

僕が幼少の頃体験したことは、決していい思い出ではない。苦しかったし、辛かった。だからこそ、否定し、自分自身さえ否定してきた部分がある。

だが、あの沖縄合宿で、この一族の末裔として生まれた僕の中には、そういう文化もあるということを受け入れる姿勢が見つかった気がした。

それからだと思う。鏡をまっすぐに見られるようになったのは。鏡の前で笑うのは、すごく勇気がいることだった。それまでは自分の姿を見たくなかった。それがやっと出来るようになった。ありのままの自分を受け入れられたというべきなのか……。

―――『自白』 Gackt

あれほどの絶世のイケメンであっても、
笑うことができなかったり、
鏡を見ることを避けていたりしたんですね。

 

ちなみにここで言う「幼少期の体験」とは、
沖縄の海で溺れかけて走馬灯を見て以来
霊感が宿ったことで隔離病棟に入れられたり
周囲の人に奇異の視線を向けられたり
といったことを指しています。

 

そうした経験によって、
海にも苦手意識を持ち続けていましたが、
それを克服するエピソードもあったりします。

 

子供のころに溺れかけてから、僕にはずっと海に対する恐怖心があった。泳げないわけではない。その合宿で、僕は海への恐怖心をなんとか克服しようと思っていた。

怖いが、とにかく泳ぐ。島まで行ければ、恐怖心に勝てる気がした。

途中まで泳いで、引き返してくる。そんなことを毎日、繰り返しているうちに「今日こそ、絶対あの島まで泳ごう」ということになった。

―――『自白』 Gackt

また、Gackt氏はもともと
テレビに出ることにも強い苦手意識があり、

人を笑わせようと思って頑張って喋っても
うまく笑ってもらえないことも多かったようです。

 

テレビに出るのは、正直、すごく苦手だ。自分には向いていないと思う。本当にすっごい苦手だ。テレビで話すのも苦手だし、緊張もする。あの空気は好きではないと、いつも思う。

よく、面白いことを言う人だと言われることがあるが、僕は、面白いことを言おうと思って、言っているわけではない。言おうと思って言ったことは、全然、笑ってもらえない。

「なんでだろう、今、面白いこと言ったはずなのに」

みたいなことは、とくある。

僕は、きっとズレているのだろう。友達と話をしていてもそうだ。

僕は、人を笑わせようと思って笑わせることは出来ない人なのだろう。

―――『自白』 Gackt

しかし、この本を書いた2003年以降、
テレビに出まくっているGackt氏は、
今ではYouTubeで動画を上げまくっており、
とても話すのが苦手な人には見えません(笑)

 

すなわち彼は、
自分が「苦手だ」と感じる部分を放置せず、
徹底的に努力をすることによって、
その都度、苦手意識を克服しているんですね。

 

Gackt氏の神々しいオーラは、
その圧倒的にストイックな姿勢から
もたらされるものだと僕は思います。

 

created by Rinker
¥351 (2021/10/17 10:40:12時点 Amazon調べ-詳細)

 

まとめ

 

今回の記事では
一流芸能人・Gacktの英語チャンネル
「英語ガク習塾」について
いろいろとレビューをしてみました。

 

かつては尖りまくっていたGackt氏ですが、
今では当時の鋭いオーラに加えて、
一般人にも親しみを感じさせてくれています。

 

彼のもとで発音をしっかりと学べば
英会話にもそのまま使えるし、
リスニングにも生かせますね。

 

僕は発音はほとんど教えていないので、
Gacktファンを称する方々は、
ぜひ彼から学んでみると良いですよ!

 

発音は市販の教材でも学べますが、
あーゆーのはけっこう高価なものも多いので、
金銭的に余裕ある人だけ使うのがおすすめです。

 

それらの本格派教材で学んだ内容を、
「英語ガク習塾」で再度復習する形で
Gackt氏と一緒に鏡で練習してみても、
大きな相乗効果が期待できるでしょう。

 

発音以外にも興味が出た英語初心者はコレをしよう

 

ちなみに英語を話せるようになるには、
もちろん「発音」も重要ですが、
単語や文法などのルールを知ることも大事です。

 

英語ガクちゃんねるでは、
細かいところまで徹底指導してくれるし、
Gackt氏のストイックな姿勢も見られるので
モチベーションも大いに高まるでしょう。

 

なので、彼を通じて英語に興味が湧いた方は、
ぜひ「初心者用の英文法」についても
学んでみると良いです!!

 

僕の無料メールマガジンでは、
主に「文法」面に特化した内容を
とっつきやすい形で語っておりますので、
興味ある方は参加してみてください^^

>> 英語初級者を脱却するためのメルマガコミュニティ『The Planet Japan』

 

もしくは現在、
無料の学習相談を開催しているので、
英語の勉強法がいまいちわからなかったり、
今後の学習戦略を上手に立てたい人は、
こちらの相談フォームをご利用ください。

>> 英語学習者の無料相談フォーム

 

もちろん、Gacktネタでまさぽんと喋りたい、
という方でもオッケーです。笑

 

英語を話す芸能人の姿に憧れて、
自分も英語しゃべりたい!
という人も多いですしね。

 

 

ちなみにストイックな姿勢って不可欠ですが、
自分はどうすればストイックになれるのか?
というところも僕なら併せてお伝えできます。

 

共に英語をペラペラになるまで極めて、
国際社会にデビューを果たせたらいいですね。

 

僕もGackt氏の動画を見まくって、
発音やリスニングを鍛えまくりますので、
ぜひ一緒に頑張っていきましょう^^

 

ちなみに詳しい勉強の仕方は、
こちらの動画👇で解説されています。

 

(注意:必ず家族のいない所でご視聴ください😊)

 

それでは最後までお読み頂き
ありがとうございました!

まさぽん