会話をするためには、
まずなによりも、
英単語を知っておかなくてはなりません。

 

赤ん坊が言葉を覚える際には、
必ず単語から喋りはじめるのと同じで、

あなたがこれから着実に英会話を習得するなら、
会話に使う英単語を知る必要があります。

 

 

英会話をするための語彙力強化 ~マインド編~
☆ 英会話をする上で、最低限必要な英語レベル

↑こちらの記事をご覧になった方は
既にご理解されていると思いますが、

 

日常英会話をそれなりにマスターするには、
“3,000語” くらいの語彙を知っておくべき、
という話が一般的にはされています。

 

 

もちろんただ知っているだけではダメで、
その単語を「日本語 ⇒ 英語」の順番で

即座に訳せる能力が必要となります!

 

これについては、
これらの記事(↓)が参考になるでしょう。

【英会話専用】の単語の覚え方
アホほど「英語脳」とか言いたがるよね。

 

まあそんなわけであなたは、
「とりあえず3,000語」を目標に、
英単語学習に取り組むとよいでしょう。

 

3,000語さえ瞬時に出てくれば、
外国人と日常会話をするのに必要な
「基盤」が整うことになります。

 

……が、

 

現時点でのあなたは、

「自分の語彙力は、どのレベルなんだろう?」

と、疑問を抱いているのではないでしょうか。

 

 

 あなたの語彙力をチェックしてみよう!

 

「3,000語」というのは
中学~高校で習うレベルの
基礎レベルの英単語ですが、

 

あなたがそれらをきちんと覚えているかを
チェックしてくれるWebサイトがあります。

 

それが、かつての記事でも紹介した
「Weblio」というオンライン辞書です!

参考記事:
英会話学習にはどの辞書が必要なのか?

 

 

それではさっそく、
あなたの知っている英単語力を
こちらのサイト↓でチェックしてみましょう。

Weblio 語彙力診断テスト(総合診断)

 

このWebサイトは、
本来ならオンライン辞書として
利用すべきものですが、

 

英単語帳機能や、語彙力診断など
多彩なサービスが無料で使えます。

 

 

サイトにアクセスしたら、
下記の画面が出てくるので、
赤いボタンの「語彙力診断テストを受ける」
クリックしてみてください!

 

 

すると、別画面で単語テストが出てくるので
それを全部で25問ほど解いてみましょう。
(※ 分からないものは飛ばしてください。)

 

 

それらすべてを解き終えたら、
下記のように、結果が表示されます。

 

 

この画面に載っている
「推定語彙数」というのが、
今のあなたの語彙力であると分かります。

 

この数が「3,000語」を上回っていれば、
あなたは日常英会話をマスターするための
条件は達成していると言えるでしょう。

 

 

あなたが大学受験で難関校を目指したり、
TOEICで高得点を目指す場合には、
もっと多くの語彙数が必要ですが、

 

何度も言う通り、
日常英会話に限っては、
とりあえず3,000語を目指せば十分です。

 

あらかじめ「英語 ⇒ 日本語」の順で
意味が分かっていれば、「日本語 ⇒ 英語」の
順番で覚えなおすのも簡単ですので、

 

まずはとにかく「3,000語以上」
このテストで獲得することが、
英会話上達の必須条件だと思ってください!

 

 

 結果にはバラつきがあるので注意!

 

ただし、語彙力診断テストとは言っても、
必ずしも正確に判定してくれる訳ではなく…

 

何度かテストを受けるたびに、
スコアにはバラつきが生じます。

 

たとえばある時には
「3,000語~4,000語」と表示されたのに、

その直後にもう一度テストを受けてみたら、
今度は「2,000~3,000語」と
表示されるなんてことがよくあります。

 

 

僕の場合の診断結果は、
「9,000語~10,000語」と
「6,000語~7,000語」の間を
フラフラとうろついています(笑)

 

なので、まだまだ語彙が安定していませんが、
その平均値である「8,000語」
自分の実力なんだろうなと思っています。

 

 

ちなみに8,000語のレベルであれば、
英検の「準一級」には受かる目安ですが、

 

実際にこないだ1次試験を突破したので、
語彙力診断の結果の信ぴょう性は、
かなり高いと判断してよさそうですね。

 

参考記事:
英検準一級の1次試験を突破しました。

 

 

ちなみに、語彙力診断をするのって
ドキドキしてけっこう楽しいのですが、

 

診断テストだけやっていても、
あなたの語彙力が増えるわけではないので
気を付けてくださいね。

 

 

英単語の「暗記作業」をして初めて、
あなたは豊富な語彙を手に入れるのです。

 

とりあえず3,000語を覚えるまでは、
他のことは何もやらなくて良いので、
ひたすら暗記作業に徹してみてください。

 

 

「暗記」と聞くとついつい、
面倒くさがってやりたがらない人が
一定数いるのですが、

 

単語の暗記が面倒な理由というのは、

・覚えようとしても覚えられない
・覚えてもすぐに忘れる

このどっちかだと思います。

 

 

参考記事:
世界一つまらない単語の覚え方とは?

つまらない単語暗記を避けたいあなたは、
↑こちらの記事を読むと良いでしょう。

 

 

一度暗記のコツをマスターしてしまえば、
単なる英単語の暗記でも、
けっこう楽しくやれるものですよ。

 

 

 他には診断テストってないの?

 

僕自身、Weblio辞書は
様々な面でかなり愛用していますが、

 

それでも世の中には、
Weblio以外にも、語彙力チェックができる
ウェブサイトが存在します。

 

 

たとえばその中の一つには
アルクの「英単語力診断テスト」
挙げられますが、

 

こちらは単語テストの内容が
A, B, C, D の4種類に分かれています。

 

全部で20問が出題されますが、
実際の診断結果に関しては
具体的な語彙力の数値は出されません。

 

 

その代わりに、
今のあなたの単語レベルで何をできるかを、
細かい文字で詳しく説明してくれます。

 

診断結果では「今後の勉強方法」なども
色々と説明してくれるのですが、

 

特に英会話に関してのアドバイスが
もらえるというわけではないので、

話半分に気軽に読んでおくのが
一番おすすめな使い方ですね(笑)

 

 

一方、先ほどのWeblio診断テストでは
より細かい分析もできるほか、

 

英検やTOEFL専用の語彙力チェックなど
バリエーションが豊富なので、
僕はこちらをおすすめしています。

 

 

…そんなわけで本日は、
あなたの現状分析に関して
おすすめのツールを紹介してみました。

 

 

ちなみに、向上心の高い方からの
質問はいつでも歓迎しています。

 

「あと1000個の単語を覚えたいんですが、
 なるべく効率的に覚えたいと思っています。
 今の勉強法で大丈夫でしょうか?」

 

↑こんな感じで、
ご不明な点や不安なことがあれば、

 

いつでも気軽に、こちらのフォームから
Masaponに相談してみてくださいね。

 

 

懇切丁寧に、
英会話の伝道師・Masaponから
アドバイスを差し上げます。

 

それではまた。

 

Masapon

 

 

 

 

このブログの著者(英会話の伝道師・Masapon)は、
幼少期から「変な奴」と周囲にみなされており、
日本の現代社会への適合が不可能と判断したがゆえ、
海外への可能性を常に模索してきました。

 

しかし、在学中に経験したアメリカ留学では、
世界は自分の思っていた以上に遥かにシビアであり、
「英語を使えない人間は家畜レベルの扱いを受ける」
という、厳しい現実が待ち受けていたのです・・・。

 

そして20代半ばの秋、
殺風景なボストンの小部屋にて、
僕はようやく悟るに至りました。

この世界に、“逃げ場” はない。
ならば、覚悟を決め、現実と戦うしかない

“人生の答え” は外ではなく、己の内面にあるのだと。

 

当ブログ『最強の日本人』には、
英会話術を主とした記事を多く載せていますが、

人生に迷い、自分の存在価値が分からなりつつある
“訳アリ” な人々に向け、僕の体験を基にした教訓が
様々なテーマを通じて描かれています。

 

いま、英語を手段として、
「第2の人生」を歩もうと決意されている方へ。

これから英語を本格的に学ぶならば、
僕の運営するメルマガを読んでみて下さい。

一切の綺麗事を排除した世界観に基づき、
現実をシビアに見つめ直すためのTips等が
かなり生々しく、描かれております。

 

ブログではちょっと言えないような、
激烈・苛烈な内容を描いた電子書籍
ただいまプレゼントとして皆様に配布中です。

※書籍にはアナタの心を深くエグる内容が描かれておりますので、
 準備のできた方から、覚悟を持って先にお進みください。

 

>> Masaponの辛辣メルマガを購読してみる。 
(不健全な内容が含まれるため、18歳未満には非推奨です。ご注意を。)