会話をするためには、
まずなによりも、
英単語を知っておかなくてはなりません。

 

赤ん坊が言葉を覚える際には、
必ず単語から喋りはじめるのと同じで、

あなたがこれから着実に英会話を習得するなら、
会話に使う英単語を知る必要があります。

 

 

↑こちらの記事をご覧になった方は
既にご理解されていると思いますが、

 

日常英会話をそれなりにマスターするには、
“3,000語” くらいの語彙を知っておくべき、
という話が一般的にはされています。

 

 

もちろんただ知っているだけではダメで、
その単語を「日本語 ⇒ 英語」の順番で

即座に訳せる能力が必要となります!

 

これについては、
これらの記事(↓)が参考になるでしょう。

 

 

まあそんなわけであなたは、
「とりあえず3,000語」を目標に、
英単語学習に取り組むとよいでしょう。

 

3,000語さえ瞬時に出てくれば、
外国人と日常会話をするのに必要な
「基盤」が整うことになります。

 

……が、

 

現時点でのあなたは、

「自分の語彙力は、どのレベルなんだろう?」

と、疑問を抱いているのではないでしょうか。

 

 

 あなたの語彙力をチェックしてみよう!

 

「3,000語」というのは
中学~高校で習うレベルの
基礎レベルの英単語ですが、

 

あなたがそれらをきちんと覚えているかを
チェックしてくれるWebサイトがあります。

 

それが、かつての記事でも紹介した
「Weblio」というオンライン辞書です!

 

 

それではさっそく、
あなたの知っている英単語力を
こちらのサイト↓でチェックしてみると良いです。

Weblio 語彙力診断テスト(総合診断)

 

このWebサイトは、
本来ならオンライン辞書として
利用すべきものですが、

 

英単語帳機能や、語彙力診断など
多彩なサービスが無料で使えます。

 

 

サイトにアクセスしたら、
下記の画面が出てくるので、
赤いボタンの「語彙力診断テストを受ける」
クリックしてみてください!

 

 

すると、別画面で単語テストが出てくるので
それを全部で25問ほど解いてみましょう。
(※ 分からないものは飛ばしてください。)

 

 

それらすべてを解き終えたら、
下記のように、結果が表示されます。

 

 

この画面に載っている
「推定語彙数」というのが、
今のあなたの語彙力であると分かります。

 

この数が「3,000語」を上回っていれば、
あなたは日常英会話をマスターするための
条件は達成していると言えるでしょう。

 

 

あなたが大学受験で難関校を目指したり、
TOEICで高得点を目指す場合には、
もっと多くの語彙数が必要ですが、

 

何度も言う通り、
日常英会話に限っては、
とりあえず3,000語を目指せば十分です。

 

あらかじめ「英語 ⇒ 日本語」の順で
意味が分かっていれば、「日本語 ⇒ 英語」の
順番で覚えなおすのも簡単ですので、

 

まずはとにかく「3,000語以上」
このテストで獲得することが、
英会話上達の必須条件だと思ってください!

 

 

 結果にはバラつきがあるので注意!

 

ただし、語彙力診断テストとは言っても、
必ずしも正確に判定してくれる訳ではなく…

 

何度かテストを受けるたびに、
スコアにはバラつきが生じます。

 

たとえばある時には
「3,000語~4,000語」と表示されたのに、

その直後にもう一度テストを受けてみたら、
今度は「2,000~3,000語」と
表示されるなんてことがよくあります。

 

 

僕の場合の診断結果は、
「9,000語~10,000語」と
「6,000語~7,000語」の間を
フラフラとうろついています(笑)

 

なので、まだまだ語彙が安定していませんが、
その平均値である「8,000語」
自分の実力なんだろうなと思っています。

 

 

ちなみに8,000語のレベルであれば、
英検の「準一級」には受かる目安ですが、

 

実際にこないだ1次試験を突破したので、
語彙力診断の結果の信ぴょう性は、
かなり高いと判断してよさそうですね。

 

 

ちなみに、語彙力診断をするのって
ドキドキしてけっこう楽しいのですが、

 

診断テストだけやっていても、
あなたの語彙力が増えるわけではないので
気を付けてくださいね。

 

 

英単語の「暗記作業」をして初めて、
あなたは豊富な語彙を手に入れるのです。

 

とりあえず3,000語を覚えるまでは、
他のことは何もやらなくて良いので、
ひたすら暗記作業に徹してみてください。

 

 

「暗記」と聞くとついつい、
面倒くさがってやりたがらない人が
一定数いるのですが、

 

単語の暗記が面倒な理由というのは、

・覚えようとしても覚えられない
・覚えてもすぐに忘れる

このどっちかだと思います。

 

 

 

つまらない単語暗記を避けたいあなたは、
↑こちらの記事を読むと良いでしょう。

 

 

一度暗記のコツをマスターしてしまえば、
単なる英単語の暗記でも、
けっこう楽しくやれるものですよ。

 

 

 他には診断テストってないの?

 

僕自身、Weblio辞書は
様々な面でかなり愛用していますが、

 

それでも世の中には、
Weblio以外にも、語彙力チェックができる
ウェブサイトが存在します。

 

 

たとえばその中の一つには
アルクの「英単語力診断テスト」
挙げられますが、

 

こちらは単語テストの内容が
A, B, C, D の4種類に分かれています。

 

全部で20問が出題されますが、
実際の診断結果に関しては
具体的な語彙力の数値は出されません。

 

 

その代わりに、
今のあなたの単語レベルで何をできるかを、
細かい文字で詳しく説明してくれます。

 

診断結果では「今後の勉強方法」なども
色々と説明してくれるのですが、

 

特に英会話に関してのアドバイスが
もらえるというわけではないので、

話半分に気軽に読んでおくのが
一番おすすめな使い方ですね(笑)

 

 

一方、先ほどのWeblio診断テストでは
より細かい分析もできるほか、

 

英検やTOEFL専用の語彙力チェックなど
バリエーションが豊富なので、
僕はこちらをおすすめしています。

 

 

…そんなわけで本日は、
あなたの現状分析に関して
おすすめのツールを紹介してみました。

 

 

ちなみに、向上心の高い方からの
質問はいつでも歓迎しています。

 

「あと1000個の単語を覚えたいんですが、
 なるべく効率的に覚えたいと思っています。
 今の勉強法で大丈夫でしょうか?」

 

↑こんな感じで、
ご不明な点や不安なことがあれば、
Masaponのメルマガを読んだうえで、
質問などをしてみても良いでしょう。

 

ちなみに僕の運営するメルマガは、
こちらから参加できます!

 

 

 

それではまた。

 

Masapon

 

英語を自由に使いこなせるようになって、
豊かで快適な人生を送りたい・・・。

以前はそのようなビジョンを、
このブログの著者(英会話の伝道師・Masapon)も
胸に抱き続け、努力を重ねてきました。

 

5年の長期に渡る受験勉強、
アメリカ東海岸での留学経験を経て、
ようやく今、願ったライフスタイルを、
僕(Masapon)は叶えつつあります。

そしてこれからは、さらなる栄光の未来に向けて、
ドラクエ世界の如く、理想を目指す仲間を探すために
Webメディアの活動を継続・更新し続けています。

 

当ブログ「最強の日本人」には、
僕自身の過去の体験やそこから得た気付き、
学んだ知恵などが、数多く書き連ねられていますが、

ただ単にブログを読んでいるだけでは、
あなたは “人生を変えるほどの衝撃的な体験” は
おそらく味わえないはずです。


そこで僕の運営する「メールマガジン」が、
あなたの生き方の方針を定める上で、
大きな役割を果たすことでしょう。

 

メルマガ内では、英語初心者~中級者向けに、
『人生の壁を突破するための文法』の構築について、
濃密エピソードと共に語られていきます。

 

「英語を用いたこれからの仕事のあり方」
「英語と人生とを適切に結びつける発想力」
「人生の壁を次々と突破するための文法の正体」

「初心者が英語を話すまでの具体的な流れ」
「人生を勢いに乗せて、上手に波に乗るマインド」
「日本人ブランドを外国人相手に活かす技」


などなど、単なる商業的なメルマガではありません。
常に改良され、常に進化が果たされ続ける
世にも希少な「参加型メルマガ」ですので、
必然的に、貴方の人生とも結びつく事になります。

 

都合の良い、割り切った関係ではなく
共に成長できる仲間、長きに渡り助け合える関係を
僕はあなたと構築したいと考えています。

「最強の日本」に向けた理想を歩む侍たちを、
こちら側の世界で、こっそりとお待ちしてますね。

 

>> 最新鋭の英語術を習得し、人生の壁を突破する
(現在は全体チェックのため、登録のみ受付中。)

 

この続きは、メルマガ1通目にて。