「英語が苦手」という思い込みに苦しむ人

 

 

今、大学生のあなたへ。

 

「英語が苦手」って、
どんな気持ちでしょうか?

 

 

悔しい?

切ない?

面倒くさい?

 

 

 

おそらく何かしらのネガティブな感情を
あなたは英語に抱いているはずです。

 

学部の英語テストで赤点を取ったり、
英語科目の単位を落としたり、
再履修で後輩と同じクラスになってしまったり…

 

 

再履って、なんかすごいダルイですよね。
必修科目の再履は1限にあったりするので、
なおさら行く気が失せてくると思います。

 

 

あなたもテスト前になると
「英語マジやばいわー」と
友人達との雑談トークをしたことはないですか?

 

自虐的に笑ってはいるけれど、
内心、かなり複雑な気分で
英語が苦手なことに劣等感を抱いたりして…。

 

劣等感を抱いて座り込む人

 

でも申し訳ないのですが、
僕はそういう人の気持ちって、
いまいちよくわからないんですよね。

 

 

実はMasaponは、大学に入学した時点で
ある程度、英語科目は得意だったタイプです。

 

 

参考記事:
>> 英語・海外志向が強い、留学コースの大学生とは?

 

 

 

え?

自慢話みたいで、クソウザイ?

そんな話は別に聞きたくないって?

 

 

もちろん、
それは分かっています。

 

 

あなたを挑発するつもりはないのですが、
僕は今から正直に思っていることを言うので、
覚悟を決めて聞いてください。

 

 

正直なところ、
大学生にもなって英語もできない人は

「ただサボってるだけでしょ?」

と、僕は思ってしまうのです。

 

 

いつから英語が嫌いになりましたか?

 

まあ、ウザイと思うかもしれませんが、
我慢してこの先を読み進めてみて下さい。

 

 

推薦入学にしろ、
受験入学にしろ、

あなたは現時点で、
大学生になっています。

 

いずれにせよ、「英語」というのは
高校生で必ず学ぶ科目

 

 

受験を突破した学生ならば、
センター試験や二次試験の英語で
ある程度の点は取っているはずだし、

 

推薦で大学に入った学生なら、
高校の内申点も割と高かったはずなので、
英語の基礎は押さえていると思います。

 

 

それなのに、なぜ大学に入ったとたん
英語が苦手になってしまったのでしょうか?

 

 

英文法だって高校レベルまでは
きちんと理解しているはずだし、

 

英単語だって高校レベルまでのものは
一通り把握しているはずです。

 

そうじゃなきゃ、
大学生なんてやってられないし、
大学に入る資格すらないでしょう。

 

 

 

受験は英語以外で点数をカバーした?

 

それでも合格はしたんですよね。

ということは、英語に関しても
最低限の基礎は押さえているんですよね?

 

 

「英語を制する者は受験を制す」
と言われているほど、英語は大事な得点源。

 

もしもそれができないのなら、
あなたは大学生になっていないはずです。

 

 

 

それなら、なぜ今のあなたには
「英語が苦手だ」という
自覚症状があるのでしょうか。

 

おかしいと思いませんか?

 

 

なぜ、英語に苦手意識を感じるの?

 

そんなにあなたは英語が苦手ですか?
英単語の一語も分からない状態ですか?

 

念のため、あなたの英語力を
今から軽くチェックしてみますね。

 

 

 

“apple”

“smartphone”

 

↑ これ、読めますか?

 

いや、バカにしているわけではありません。
できたら次の問題に進んでください ↓

 

 

 

「to不定詞」

「関係代名詞」

 

↑ こういうの、習っていませんか?

 

中学英語です。わかりますよね。
習った記憶があれば、
次の問題に進んでください ↓

 

 

 

 

“I was walking along the street at 5 PM.”

“He was shouting at midnight.”

 

↑ こういう英文、日本語に訳せますか?

ちょっとめんどくさい?

 

まさか。10秒くらいあれば、
余裕で訳せるはずです。

 

 

 

じゃあこれはどうでしょうか。

 

“She gave me the shoes which she bought yesterday.”

“I found a strange person who was dancing alone.”

 

あなたなら、いとも簡単に訳せますよね。
関係代名詞を用いた、単純な例文です。

 

 

 

え、無理?

 

嘘を吐かないでください。

大学生のあなたなら訳せるはずですよ。

 

 

 

上の英文は
「彼女は昨日買った靴を私にくれた」

下の英文は
「私は一人で踊っている奇妙な人物を見た」

 

という日本語訳が、正解です。

 

ちゃんとやってくれましたか?

 

 

 

 

仮にあなたがスポーツ推薦入学者で、
大学受験はほぼ経験していないとしましょう。

 

それでもここに載せている
すべての英文は「中学英語」ですから、
できないはずがないのです。

 

 

 

ちなみに関係代名詞は中学3年レベルですが、

 

アメリカでは10歳くらいにならないと
使いこなせない「大人の英語」です。

 

 

要するにあなたは、現時点で

ネイティブの10歳児と同程度の英語能力

身に着けているはずなのです。

 

 

 

それほどの能力があるにも関わらず、
なぜあなたは「英語が苦手」なんでしょうか。

 

 

重要なことなので、
もう一度伝えますよ。

 

 

あなたは英語が「できる」人なのです。
このことを間違えてはいけません。

 

 

それなのに、なぜかあなたは
「英語が苦手」という自意識を
無条件に抱いてしまっている…。

 

不思議ですね。

 

 

おそらく英語のテスト対策をサボったか、
バイト漬けの日々で授業に出なかったか、

 

英語の宿題を出しそびれたか、
ネイティブの講師の喋る英語が聞き取れないか、
覚えた英単語を何度も忘れてしまうのか、

 

もしくはTOEICで400点台しか取れないのか、
はたまた検定試験を受けたことがないのか…

 

 

とにかく「何かしらの原因」があって、
あなたは自分が「英語が苦手だ」などと
勘違いしているだけです。

 

 

あなたの英語力は決して低くない

 

あなたの周囲の学生達を見たら、
なんか英語できるやつばっかりで、

「相対的に」自分は英語が苦手なんだ、
と感じていたりしますか?

 

 

もしくは大学側が勝手に付けてくる
英語の成績データを他者と見比べて、
自分の英語力が低いと思っていますか?

 

 

…だとしたら、
超、もったいないですね(溜息混じり)

 

 

 

あなたは中学英語が既に完成しているのに、
大学の評価や人間関係ごときに
自分の英語人生を左右されてしまう…

 

非常にもったいないことです。

 

 

念のため確認しておきますが、

あなたの通っている大学というのは、
日本中に散りばめられたうちの(※)
たった一つの場所に過ぎません。

 

 

※平成28年度の大学数は全部で777校。
(参考:文部科学統計要覧

 

 

というか、世界中に散らばった
無数に存在する教育機関のうち、
たった一つに過ぎないのです。

 

 

たった一つの教育機関の、
たった一人の英語の教授に
あなたの成績はつけられているのです。

 

教授は神でも仏でもないただの人間だし、
授業もせいぜい週に2回程度しかないのに、
あなたの英語力を決める権限があるのです!

 

 

そんな狭い世界の中で、
どうしてあなたの未来が決めつけられ、

「この学生は英語が苦手」などという
レッテルを貼られてしまうのでしょうか。

 

 

 

よく考えてみて下さい。
おかしいとは思いませんか?

 

 

僕が何度もしつこく述べているように、
あなたは英語が「できる」人なのです

 

もう一度、広い視野で考え直し、
英語への自信を取り戻してみて下さい。

 

 

説教臭くてうざいかもしれませんが、
僕は今、あなたの人生を左右するほどの
極めて重要なことをお伝えしています。

 

 

そして僕はこれから、
あなたの英語の悩みに徹底して答えるため、

 

大学1年生~4年生までの
全ての学生に向けて、
専用の記事を更新していく予定です

 

 

すなわちあなたが現時点で大学2年生なら、
「大学2年生専用の記事」を書くということです。

内容はできるだけ濃くするつもりなので、
記事が出来上がるその時まで、
どうぞ楽しみにお待ちください。

 

※10月7日時点で、
 すべての記事が完成しました。
 大学生は必ず読んで下さい。

 

 

 

僕は2017年の春に大学を卒業したばかりなので、
「新入生」「遊びたい盛り」「就活生」など
あらゆる学生視点を有しています。

 

GPAはオールAに近かったこともあれば、
逆に底辺をうろついていた時期もありました。

 

割とどうでもいい話ですが、
春学期中に13単位を落としたこともあります。
(※ 後で取り返すのに苦労しました)

 

 

なのできっと、あなたのリアルな現状にも
共感できると思いますよ。

 

 

「英語が苦手」だと思い込んでいるあなた。

何度も言っておきますが、
あなたは英語ができる人間なのです。

 

憧れの『英ペラ状態』だって、
あなたがちゃんと努力をサボらなければ、
数ヶ月程度で達成できるはずです。

 

 

これは誇張でもなんでもなく、
強い確信を持ってお伝えしています。

 

僕だって元々は受験英語はできたのに、
英会話はほとんどできなかったという
残念な過去を持っているのですから。

 

 

僕のプロフィールを見てくれたあなたは
多くを語らずとも分かっていると思うので、

とりあえず本日はこれで終わりです。

 

 

 

それではまた。
今回も最後までお読み頂き、
ありがとうございました。

 

 

英会話の伝道師・Masapon