んにちは。

 

僕が今回お伝えする情報って、
なかなか知られていませんが、
海外では絶対に必要になるものです。

 

 

というのも、普段あなたが
周りとコミュニケーションをとるのに
使用する「LINE」というツール…。


これって、いったんアメリカに行くと

周りの誰も使っていないからです。

 

 

 

日本人は小学生から老人まで、
あらゆる人々がLINEを駆使しており、
その数は年々増えてきています。

僕がLINEを使い始めたのは、
大学に入学した2013年からで、
周囲よりも少し遅めだったのですが、

それでも周りが皆使っているので、
長らくお世話になった携帯メールに
サヨナラを告げることになりました。

 

スタンプやらグループトークなど
便利な機能が多いために、
今でも流行しているLINEですが、

 

実はこのLINE、

いったん日本を離れてしまうと、
いきなり使う人が減少します。

(※出典:onavo insights


中国と韓国でやや流行っているくらいで、

基本的には世界では
LINEはあまり有名ではないのです。

 

 

あなたがたとえばアメリカに飛び立ち、
金髪の美女と仲良くなったとしましょう。

 

とりあえず連絡先を聞き出したいからといって、

『てか、LINEやってる?w』

などと質問してはいけません。

 

 

 

「はぁ?なにそれ??」

という顔をされてしまうのが
オチでしょう。(残念ながら…)

 

 

日本人の女子の場合は、
「今携帯の電源切れてる」とか
何とか言ってごまかしたりしますが、

欧米の女性は、

そもそもLINEが何なのかさえ
よくわかっていないのです

 

 

個人的につながりを持ちたければ、
LINEよりも世界で幅広く使われている

“Whatsapp” というアプリの
アカウントを聞き出しましょう。

 

 

この”Whatsapp”というアプリは、
日本人で使っている人は
ほとんどいませんが、

海外では非常にメジャーな
SNSアプリで、使用者数は
なんと10億人を超えています。

 

 

あなたが海外で携帯を契約した際に、
一番最初に手に入れるべきものは、
この “Whatsapp” です。

日本におけるLINEと同じくらい、
無いと話にならないツールなので、
ぜひとも手に入れておきましょう。

 

 

Whatsappの使い方

 

このwhatsappの使い方ですが、
実質はただのコミュニケーションアプリなので、
LINEとほとんど変わりません。

 

話をしたい相手のアイコンを押して、
そのままメッセージを打ち込んで
送信ボタンを押せば相手に届きます。

 

 

グループトークもできるし、
無料通話をかけることもできるので、

 

LINEを使い慣れた方であれば、
特に困ることはないはずです。

 


最初に電話番号が必要なので、

基本的にはアカウントも
1つしか作れない仕様です。

また、LINEと比べると、
機能もだいぶシンプルです。

 

ポケベル(古い)的な感覚で、
気軽にメッセージを送るには、
丁度いいかもしれませんね。

 

 

現代人はSNSを使いこなそう

 

そもそも”Whatsapp”の名前の由来は

「よっ!」という挨拶スラングの
“Hey, what’s up?” が元の意味です。

初対面の人や、あまり仲良くない人には
英語圏では”How are you?”と言いますが、

アメリカ人が相手と少し仲良くなると、
「よ、元気かい?」という挨拶は
“Hey, what’s up?” に変わります。

 

 

なので、あまり公式な場面では、
この挨拶はしていけません。

 

その場合は、”Whatsapp”の代わりに
かの有名な、Facebookの
メッセンジャーアプリを使いましょう。

 

これはWhatsappと同じくらい、
世界ではメジャーなので、
どんどん教えてもらうべきです。

その場合、あなたも
自分のプロフィールを、
念入りに作る必要はありますが…

なるべくポジティブな投稿を
普段から心掛けておくことで、

いざ外国人とFacebookを交換した際に
興味を持ってもらうことができます。

 

 

ちなみに、

SNSの使い方については、実を言うと
もっと深い「戦略」
必要になってくるのですが…

今回はWhatsappの紹介に
とどめておきたいので、
あえて「秘密」にしておきます。

 

 

また、ビジネスでSNSを使う場合、
日本の企業でも最近増えているのは、
“Chatwork” というアプリです。

 

これもLINEと同じように
グループトークもできますが、

必要に応じて発言の引用や
過去のメッセージの検索機能、
スプレッドシートの共有など

仕事で使うために
便利な機能が色々ついています。

 

 

あなたが現在大学生であっても、
ゼミなどで大いに活躍するでしょう。

 

 

 

あなたが今から
こういったSNSについて
詳しくなっておけば、

海外に出た時に、
スムーズに対応できるはずです。

 

 

いざという時にあたふたして、
一緒にいる異性に幻滅されたり
しないためにも、


Whatsapp、Facebook、

そしてChatworkくらいはすべて、
押さえておいて下さいね。

 

 

本当は、これらのアプリに加えて
SkypeとかSnapchatについても
説明を加えておきたいのですが、

あまりいっぺんに説明しても、
ごちゃごちゃになりますので、

今回はこのへんで終わりにしておきます。

 

※ ちなみにSnapChatは、Facebook社に
買収されています。

※ Twitterに買収された
“Vine” のようなもので、
短い動画を送ることができます。

 

 

それでは、最後までお読み頂き
ありがとうございました。

 

 

Masapon

 

 

 

 

 

このブログの著者(英会話の伝道師・Masapon)は、
幼少期から「変な奴」と周囲にみなされており、
日本の現代社会への適合が不可能と判断したがゆえ、
海外への可能性を常に模索してきました。

 

しかし、在学中に経験したアメリカ留学では、
世界は自分の思っていた以上に遥かにシビアであり、
「英語を使えない人間は家畜レベルの扱いを受ける」
という、厳しい現実が待ち受けていたのです・・・。

 

そして20代半ばの秋、
殺風景なボストンの小部屋にて、
僕はようやく悟るに至りました。

この世界に、“逃げ場” はない。
ならば、覚悟を決め、現実と戦うしかない

“人生の答え” は外ではなく、己の内面にあるのだと。

 

当ブログ『最強の日本人』には、
英会話術を主とした記事を多く載せていますが、

人生に迷い、自分の存在価値が分からなりつつある
“訳アリ” な人々に向け、僕の体験を基にした教訓が
様々なテーマを通じて描かれています。

 

いま、英語を手段として、
「第2の人生」を歩もうと決意されている方へ。

これから英語を本格的に学ぶならば、
僕の運営するメルマガを読んでみて下さい。

一切の綺麗事を排除した世界観に基づき、
現実をシビアに見つめ直すためのTips等が
かなり生々しく、描かれております。

 

ブログではちょっと言えないような、
激烈・苛烈な内容を描いた電子書籍
ただいまプレゼントとして皆様に配布中です。

※書籍にはアナタの心を深くエグる内容が描かれておりますので、
 準備のできた方から、覚悟を持って先にお進みください。

 

>> Masaponの辛辣メルマガを購読してみる。 
(不健全な内容が含まれるため、18歳未満には非推奨です。ご注意を。)