こんにちは。Masaponでございます。

 

さて、タイトルにも書いてありますが、

実は、そろそろ全力で

「英検準1級」を目指してみようと思います。

 

 

やっぱり人に英語を教えるからには、

それなりの資格が必要だと思うんですよね。

 

 

ちなみに英検準1級、というのは

高校の英語教師でも持っている人は6割程度です。

 

中学の英語教師になると、

3割程度になってしまいます。

 

 

また、アルバイトでも

「英会話講師」として名乗れるレベルは

英検準一級が目安となっています。

 

 

色々と求人も見ているのですが、

どこもかしこも「英検準1級」とか
「TOEIC850点以上」とか

そういうところが多いんですよね。

 

 

まあ、僕(Masapon)の場合は今のところ、

普通に外国人と日常会話ができるレベルですので、

色んな人に、英会話を教えることは出来るんですね。

 

 

 

それに、過去において

長らく東大レベルの受験勉強を頑張っていたので、

受験英語も一通りは教えられます。
(※ 落ちましたが… ^^;)

 

 

 

ですが、実際のところ

「英検準1級を持っている人」に英語を教わるのと、

 

なんだかよくわからないけど

「『私は英語話せますよ^^』って言ってるだけの人」

英語を教わるのとでは、全然、信頼度が違うと思うんですね。

 

 

やっぱりそれなりの資格を持っている人に

あなたも英語を教わりたいじゃないですか。

 

僕だったら当然そうします。

 

もちろん資格を持っている人が、

全員英語をペラペラに喋れるわけではありません。

 

TOEICなんかまさにその典型で、

スピーキングの試験が無いのに、

なぜか日本企業はTOEICの高得点を持っている人を優遇します。

 

 

まあそういう文化なので仕方ないかな、

と思うんですが、

とにかく僕は「英検準1級」を目指すつもりでいます。

 

 

それと同時に、

外国人との交流も増やしていこうと考えていますが、

それはもう少し先になると思います。

 

 

はい、そんなわけで

「今から英検準1級を本気で目指すぞ!」

という決意表明のための記事を更新しました。

 

 

ちなみに今の僕の実力としては、

英単語は「でる順 パス単・英検準1級 1850語」というものを使い、

そのうち8割方は既に押さえています。

 

ですので、こちらの復習を続けながら、

長文や面接の対策に入っていこうと思います。

 

本日、Amazonから届いた問題集は

旺文社の「英検準1級 過去6回 全問題集」というものです。

 

 

2017年6月4日に一次試験があるのですが、

それまでにすべての問題を2~3回ほど繰り返して、

本番に備えようと思います。

 

 

こんな単なる決意表明の記事ですが、

最後まで読んでくれた方は、

ありがとうございました(*^-^*)

 

 

もしもあなたが英検合格を目指していたら、

僕も仲間ですので、一緒に頑張っていきましょうね。

 

 

それではまた!

 

Masapon

 

 


追記:

→ ちゃっかり合格しました(笑)

 

1次試験合格

2次試験合格