どうもこんにちは。
Masaponです。

 

唐突ですが、
あなたは大学の大教室での授業中に、
突然手を挙げて、先生に質問を投げかけた経験はありますか?

 

 

おそらくないでしょうね。

 

しかし、そうした経験のない日本人学生は
海外の大学では、一切通用しない可能性が高いのです。

 

………

 

よろしいですか?

 

 

授業中、積極的に発言ができない学生は、
海外の学校では、一切通用しない

可能性が、高いのです。

 

 

 

これはまずいですよ。

本当に、まずいことですよ…

 

今からその理由について、
詳しく解説していきます。

 

 

今回の記事の内容を無視すると、
あなたはいつか海外留学に行った時に、
その文化に圧倒されてしまい、

 

なかばノイローゼになって
自分に自信をなくしてしまうでしょう。

 

かつ、英語力に自信があったとしても、
その能力を全く活用することができず、
落ち込んでしまうかもしれません。

 

 

英語スキルは使いこなすことで、
初めて意味を持ちます。

 

あなたが英語を自由自在に操り
海外で活躍し、楽しい毎日を送りたいならば

今回の内容はとっても大事なので、心に留めておいてくださいね。

 

 

 

日本の大学の講義って、
先生が一方的に喋る授業が多いですよね。

学生は大教室で授業を受けることが多く、
一回あたり90分程度の、長い話を
受け身の状態で、一方的に聞くスタイルが普通です。

 

 

そしてそれを聞いている間、
周囲の学生を観察していると、
色々なタイプがいることに気付きます。

 

 

最前列で講義を真面目に聞いている人、
奥の方でリア充集団と小声で談笑している人、
カップルでイチャつきながら受けている人…

 

 

スマホをこっそりいじりながら話を聞いている人、
しっかりノートテイキングをしている人、
気怠そうに、机に突っ伏して寝ている人…

 

 

さて、あなたはどのタイプでしょうか。

 

今回、僕がお話することは
そんな日本の学生全体に共通することなのですが、

 

 

授業中、誰も先生に質問や発言をしない、
という光景についてです。

 

 

こういった光景は、「日本独特」のものだと
述べておかなくてはなりません。

 

 

アメリカでは、日本のような大人数制の講義は珍しく、
基本的には少ない人数で、クラスが進んでいきます。

 

日本のように、一方的に先生がしゃべって、
学生がひたすらそれをノートにメモる、
という光景は、基本的にはないのです。

 

 
だから授業ではいつでも、
学生と先生との活発なコミュニケーションが行われます。

 

 

たとえば先生が何かを説明し、
学生が少し聞き取れないと

 

「先生、ちょっと今のところもう一回言ってくれよ!」

 

と、どこからともなく声が聞こえたりします。

 

 

また、大規模な講演が終了して、
講師が「何か質問はありますか?」
と聴衆に尋ねた際には、

 

20人くらい、いっぺんに手が挙がります。
そして次から次へと、質問が飛んでくるのです。

 

それくらい外国人というのは
学ぶことに対して積極的で、
自分が大勢の前で質問をすることに、ビビりません。

 

 

ここらへんは、
日本の学生とはかなり文化が違いますよね。

 

日本の学生は(ウチの大学の場合ですが)
授業の終わりに「何か質問ありますか?」と聞かれても、

 

みんな恥ずかしがって、
なかなか自分から手を挙げようとはしない傾向があります。

 

でも、決して何も質問がない訳ではありません。

 

その証拠に、
先生が「君、何か質問はあるかい?」と
特定の誰かを指名してあげれば、

 

学生側も、もじもじしながら、
「はい、えっと……」と
それっぽい質問をすることができるのです。

 

(あなたも心当たりがあるでしょう?)

 

 

 

つまり、日本の学生は授業中に、
ちゃんと一生懸命考えてはいるのですが、

学ぶことに対して「受け身」だということですね。

 

授業中は基本的には静かにしなければならないし、
先生が喋っていることはすべてが正しいので、
いちいちノートにまとめる作業が必要となります。

 

 

 

もしも、もしもですよ?

 

大教室での授業中にいきなり
「先生!ちょっと◯◯がよくわからないんですけど!」
などと大声で質問なんかしたら、

 

周囲の学生からは
「なんだこいつ、変な奴…」
と、思われることでしょう。

 

 

別に発言をするのは悪いことではないし、
法律で規制がかかっている訳でもありませんが、

 

日本の学生の間には
「積極的に授業に参加すると周りから浮く」
という、暗黙のタブーがあるのです。

 

場合によっては、
SNSで悪口などを書かれたり、なんてこともあるかも知れません。

 

 

出る杭は打たれる社会ですから、
しかたないですよね。

 

 

ただ、こうした受け身のスタイルを貫いたまま
海外へ留学に行くと、大変です。

 

授業はすべて英語で行われますが、
あなたは先生の言葉が聞き取れないことが
しばしばあります。

 

その時に、分からなかったものは「分からない」と
ハッキリ言わなければならないのです。

 

先生に質問を投げかけられないまま、
分からない部分を放置すると……

 

先生側も「質問がないってことは、
分かってるんだろ?」と一方的に決めつけ、

次からはその知識を前提として授業が進みます。

 

 

それでも日本人学生は
(授業を止めちゃったら、他の学生たちに迷惑だろうなぁ…)
などと、要らぬことを考えてしまい、

 

(先生!今のところよくわからなかった…)

 

、、、なんて、思っていても言う勇気が出ないまま、

 

どんどん、授業内容についていけなくなってしまうのです。

 

 

しかし

海外においては、
そうした積極性が絶対に必要なのです。

 

 

積極性のない人間は、
すなわち「死」を意味します。

これは、決して大げさではありません。

 

 

そして周囲の学生たちは、
全くその場の空気を読まずに、
自分の聞きたいことをガンガン聞いてくるのです。

 

 

僕は留学経験があるのですが、
その時に目を疑う光景に出くわしました。

 

とある中東出身の女性が授業を止めて、
そのまま10分間くらいずっと、
教授とマンツーマンで喋っているのです。

 

 

10分間って、かなり長いですよ。

 

日本ではこんな光景はまず見られませんが、
海外では割とよくあることなんですよね…。

 

 

つまり、それくらい積極的にならなければ
海外で活躍するのは、難しいということでもあります。

 

そしてこの部分が、
大半の日本人学生にとって、
一番突破するのが難しい「壁」なのです……。

 

 

さて、長くなってしまったので
この続きは次回、ということになりそうですね。

 

 

さしあたり今回は、
日本の学生と、海外の学生との
違いの説明をざっくり説明しました。

 

そしてその違いを克服しなければ、
日本の学生は海外では通用しない、
ということも説明しました。

 

 

それを踏まえた上で、次回は
「日本の学生が海外で通用するにはどうするか」
について、語っていきたいと思います。

 

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

Masapon