縄、横田、佐世保、三沢、
横須賀、座間、岩国などなど、

 

この日本の各地には、
アメリカ軍が駐留し、
連日のごとく訓練を行っていますが…

 

 

あなたは、日本の米軍基地で
「英会話教室」が開催されているのを
これまで知っていましたか?

 

僕は最近になって、
初めてその存在を知りました。

 

 

ただ、ネットを調べても
あまり信頼できそうな情報がなかったので、

つい、勢い余って
体験レッスンを受けてきた結果…

 

今回、なかなか興味深い話を
聞くことができたのです。

 

 

残念ながら、米軍基地内では
写真撮影が禁じられているため、
レッスン風景を撮ることはできませんでした。

 

その代わりに、今回の記事では
「生々しい実体験レポート」として、
米軍基地内の英会話情報をお伝えします。

 

 

米軍基地の英会話講師はどんな人?

 

メールで予約を済ませた後、
生まれて初めての米軍基地に向かって
電車に乗り、神奈川の相模原へと向かいます。

 

駅で引継ぎのお姉さんと待ち合わせ、
そのまま歩いて5分くらいすると、
米軍基地の居住区にたどり着きます。

 

 

基地の入り口でパスポートを見せて、
簡単な手荷物検査を受けた後に
中へ入ってみると、

 

そこはもはや日本ではなく、
完全にアメリカンな空間が広がっていて、
いきなり雰囲気に圧倒されることに…。

 

      注) 画像はイメージです。

 

 

僕は留学経験があるので
アメリカ特有の雰囲気は
よく知っているのですが、

 

その部隊の居住区内だけは、
「まさにアメリカ」

って感じで、

日本なのに日本じゃないぜという
不思議な感覚に包まれます。

 

 

そんな懐かしい感覚を味わっているのも
つかの間のうちに、

身長2メートルをゆうに超える
腕にタトゥーの入った気さくな黒人男性が
僕を明るく出迎えてくれました。

 

    ※ 画像はイメージです。

 

 

パッと見の印象としては、

「でかッッ……!!!」

と、あまりの身長の高さと
腕に入ったタトゥーに
思いっきり圧倒されましたが、

 

引継ぎのお姉さんはいたって普通に
彼と英会話を繰り広げているので、
状況の認識が追いつきません。

 

 

しかも彼の来ているTシャツには、
ど真ん中に「妻命」の二文字が……

 

「どんなキャラだよ…」

色んなギャップに驚かされながらも、
軽い挨拶と握手、自己紹介を交わした後、

 

車の助手席に乗り込み、
その後、”Taco Bell”という
米軍基地内のタコスの店に案内されるに至ります。

 

 

その施設で飲み物を注文した後に、
いよいよ英会話のレッスンが始まるわけです。

 

 

※ 人気の高い店ですが、注文は任意なので、
  必ずしも何かを頼む必要はありません。

  また、場所は講師の方によって異なり、
  自宅でレッスンを行う人もいれば、
  カフェでやる人もいるそうです。

 

レッスン内容はどんな感じ?

 

肝心のレッスン内容ですが、
テキストは2冊ほど使用されます。

 

初心者~中級者向けに
イラストなどが色々載せられており、
クイズや文章も含まれていました。

 

 

英会話に特化して学ぶというよりは、
読解、聞き取り、会話、ライティングなど
幅広いジャンルを取り扱っているようですね。

 

 

 

講師の方はとても親切

 

レッスンが始まってからは、
引継ぎのお姉さんは別の席に移動し、
マンツーマンでの英会話がスタート。

 

時々、聞き取れない単語などがあると、
講師の方はゆっくり言い直してくれたり、
紙に書いてくれたりと、何かと親切です。

 

印象はずっとフレンドリーな感じで、
叱られたり不機嫌になったりなどは
まったくありません。

 

彼は米軍基地の部隊に配備されているだけあって、
ガタイが良く、迫力もあるのですが、
内面はそれに反して、とても優しい方でした。

 

 

決まった授業の形があるというよりは、
生徒側の要望に応じて、
その都度、柔軟に組み立てていく感じで、

 

受講者のレベルなどにも応じて
英会話初心者~上級者まで
幅広く対応しているようです。

 

 

一般の英会話スクールよりも、
講師の「素」が見られるため、
相手との距離感は近いと言えます。

 

アメリカ部隊(米軍)ならではの
特別な体験談なども話してくれるので、
非常に興味深い話を聞けます。

 

 

空軍、海軍、陸軍など
様々な部隊が軍隊には存在しますが、
彼は陸軍に所属しているとのこと。

 

せっかくの貴重な機会が得られたので、

「普段は何をやっているか」とか
「北朝鮮についてどう思うか」などを
僕は彼に、あれこれ聞き出しました。

※ 講師は米軍基地内で、銃の使い方を指導している方です。

 

 

最近は北朝鮮関連で基地内はざわついており、
韓国まで戦闘訓練をしに行くこともあれば、
いきなり呼び出されることもあるそうです。

 

銃の使い方などに関して
スマホで動画や写真を見せてくれたりと、
最後まで楽しい時間を過ごせましたね。

 

 

 雑談しているだけで終わった

 

ただ、英会話の伝道師・Masaponの場合…

 

「英語を教えてもらう」というより、
ただ普通に相手と雑談しているだけ

という感じになってしまったので、
そこは痛恨のミスでしたm(__)m

 

 

普段は「英会話の伝道師」ですので、
話そうと思えばたとえ一日中でも
英語を話していられるのですが、

 

今思い返せば、
もう少し「初心者のフリ」を
した方が良かったかもしれません。

 

 

英語で日常会話ができるレベルのやつが
なんでわざわざレッスンに申し込むんだ??

という疑問を、
おそらく講師の方は抱いていたでしょう…。

 

 

結局、テキストはほとんど使用せず、
ひたすら講師のプロフィールや
最近の出来事などについて聞き出してしまい、

 

肝心のテキストに関しては、
ほとんど使わずに時間が終了したため、
あまり「授業」という感じはなかったです(笑)

 

 

テキストにも少しだけ触れましたが、
文を音読した後に、英語でクイズを出題され
それに一問ずつ回答したところ、

 

余裕で全問正解してしまったので、
やはりテキストは初心者向けだと言えます。
(英検で言うなら3級~準2級くらい…?)

 

 

ただし、生徒のレベルに応じて
レッスン内容は柔軟に変えられます。

 

本屋に売っている洋書を持ってきて
「これを使って授業をしてほしい」
なんて要望だったり、

 

英語で作文を書いて、
「文章がおかしくないか見て欲しい」
なんて要望にも対応できるとか。

 

 

英会話を重視した場合は、
現地で使うスラング(俗語表現)を
クイズ形式でドンドン出題してくれ、とか

 

ビジネスで英会話を使いたいから、
不自然でない会話の仕方を教えてくれ、

などのレッスンも全然アリだそうです。

 

 

相手はネイティブですので、
基本的にはあらゆる英会話に対応可能ですが、

 

一つだけ欠点を挙げるとしたら、
「日本語での会話が難しい」
という部分でしょうね…。

 

 

これはメリットでもあるし、
デメリットであるとも言えます。

 

日本語を一切使わずに
バリバリ英語だけの環境でやりたい、
という中級者以上の方ならば、

 

講師の方の日本語が多少不自由であっても、
ほとんど気になることはないでしょう。

 

 

しかし、英語でこう言いたいのに
うまく言えない、というもどかしさを
解消できないことはよくあることです。

 

日本人講師ならば、
「それは英語でこう言うんだよ」
と、即座にアドバイスできますが、

 

ネイティブ講師だと、
そのあたりの細かいニュアンスが
曖昧になってしまう可能性があります。

 

 

なまじっか英会話ができる人は、
中途半端に自分の英語が通じてしまうので、
相手に正確なニュアンスが伝わらないまま、

一人でもやもやを抱えてしまうことにも
なりかねないでしょうね。

 

 

 米軍基地の英会話の評価まとめ

 

米軍基地の英会話教室、
通称「アメリカンタウン」の
メリット・デメリットをまとめてみましょう。

 

街中の英会話スクールや、
市販の教材と比べてみると…

【メリット】

  • アメリカの雰囲気が味わえる
  • 基地内で最新の映画が見られる
  • 講師の方が気さくで話しやすい
  • 講師との距離感が近い
  • 家の中でレッスンが受けられる(講師による)
  • 幅広い英会話レベルに対応してくれる
  • 米軍基地の方から専門的な話が聞ける

 

【デメリット】

  • 場所の制約がある(交通費がかかる)
  • 基地内の写真撮影が不可
  • 受け身では能力が伸びにくいかも
  • 体系的なレッスンは用意されていない
  • 飲食代がかかる(これも講師による)
  • 困った時に日本語で会話しづらい
  • パスポートが毎回必要になる

 

こんな感じでしょうね。

 

 

好みはもちろん人それぞれですが、
自分主導でレッスンを組み立てたい方には
かなり向いていると思います。

 

 

ちなみに僕(Masapon)は、
このブログで何度もお伝えしていますが

独学で英会話を習得するための情報を
色々載せたメルマガを配信しています。

 

 

日本人が英会話を1から習得するために、
必要なノウハウを知りたいけれど、
スクールに通うのは抵抗がある方は、

 

まずはメルマガ読者から始めて、
その後にいろいろと手段を検討してみるのが
僕がベストだと思う選択肢です。

 

 

世間には、英会話スクールのほか、
個人指導、語学留学、ワーホリなど
様々な選択肢が存在しますが、

 

その中でも最も手軽で、最も気楽で、
最もコストがかからない手段は
インターネットを通じた情報です。

 

読者の方の質問などにも
メルマガを通じてお答えしているので、
気になる方はお気軽に登録してみて下さい ↓

 

>> 日常英会話を極めるメルマガ(無料)
  (※ 読者限定特別プレゼント付き)

 

 

アメリカンタウンの料金体系は?

 

つい書き忘れるところでしたが、

あなたが一番気になっているのは
「スクールの費用」ですよね。

 

 

実は、米軍基地の英会話に関して
僕も説明を受けたのですが、

営業妨害になりかねないので、
詳しい内容はお伝え出来ません (笑)

 

 

「いやいや、そこ重要でしょ!」

と、読者の方から
ツッコミを入れられそうなので、

少し怖いですが、公開してみましょう。

 

 

レッスン料は高い?安い?

 

確か、入会金が1万円ちょっとで
レッスン1回あたり3,300円(60分)
くらいの感じだったと思います。

 

ネイティブ講師のマンツーマン指導の
相場がだいたい2,000~6,000円なので、
単価はまあまあ安いと言えますね。

 

それプラス年会費がかかるので、
やるならレッスンをたくさん入れた方が
生徒側には有利になるでしょう。

 

 

1回60分コースと90分コースがあって、
時間によって少し値段が変わるようです。

 

また、家族や友人と一緒に受けるなら
一人当たり1,800円(60分)、
もしくは2,700円(90分)で
レッスンが受けられるようです。

 

大手の英会話スクールよりも安いので、
お財布に余裕があり、基礎力のある方は
入会しても良いんじゃないでしょうか。

 

 

ちなみにお店で食事をする際の値段の目安は
大体こんな感じです(ドル払いでなくてもOK) ↓

 

 

費用は振り込みではなく、
専用の封筒を使って毎回講師に手渡す形で、
希望者は領収書を受け取ることも可能です。

 

※ ホームページに値段が載っていました。
>> アメリカンタウン・公式ホームページ

 

 

また、これは僕の意見ですが、
英会話を本当に習得できるならば
それなりのお金を費やす価値はあります。

 

英語で話すスキルは一生モノだし、
次から次へとお得な情報が舞い込むし、
自分の可能性も圧倒的に広がるからです。

 

 

ただ、お金のない学生や
新入社員の方などからすれば、
毎回3,000円以上を出すのは
少しキツイと感じるかもしれません…。

 

一方、英会話の伝道師が提供する
英会話メルマガやレポート、教材などは
無料で読むことができます。

 

 

参考記事:
英会話の情報商材とは?
英会話教材は、7割以上が詐欺。

 

 

実際、他にもメルマガやLINE@をしている
英会話業者や個人はいるので、
僕もこっそり登録しているのですが…

 

正直、英会話に関しては
Masaponはどの業者よりもダントツで
分かりやすく教える自信があります。

 

 

だって基本的に嘘だらけなんですもん。
あの人たちが言ってることって(笑)

 

初心者から見たら、
魅力的に感じる内容ばっかりなので、
つい手をつけそうになってしまうのですが、

 

分かる人が見れば、
教材の内容が薄っぺらいことなんて
一目瞭然だったりします。

 

 

まあこれ以上言っても
伝わらないのでやめておきますが…

 

一つだけ言えるのは、
英会話という業界には「嘘が多い」ので、
あなたも気を付けて下さいねってことです。

 

僕がいくら注意喚起しても、
騙される人は後を絶ちませんので、
詳しく知りたい方は
ぜひ他の記事も読んでみて下さいね。

 

>> このブログの全体像
(※すべての記事が載っています。)

 

 

それではまた!

 

 

英会話の伝道師・Masapon